5.00 score from hupso.pl for:
ichizoku.net



HTML Content


Title投資一族のブログ – デリバティブ駆け込み寺サイト。エキゾチック・アジア関連デリバティブだけでなく、来るべき日本版バーゼルⅢ対応、自己資本比率規制、tier1証券、cocos、もしくは新株予約権付社債、ライツイシュー関連でお悩み、ご相談のある方はツイッターにてpmください。

Length: 143, Words: 3
Description pusty

Length: 0, Words: 0
Keywords pusty
Robots
Charset UTF-8
Og Meta - Title exist
Og Meta - Description exist
Og Meta - Site name exist
Tytuł powinien zawierać pomiędzy 10 a 70 znaków (ze spacjami), a mniej niż 12 słów w długości.
Meta opis powinien zawierać pomiędzy 50 a 160 znaków (łącznie ze spacjami), a mniej niż 24 słów w długości.
Kodowanie znaków powinny być określone , UTF-8 jest chyba najlepszy zestaw znaków, aby przejść z powodu UTF-8 jest bardziej międzynarodowy kodowaniem.
Otwarte obiekty wykresu powinny być obecne w stronie internetowej (więcej informacji na temat protokołu OpenGraph: http://ogp.me/)

SEO Content

Words/Characters 1292
Text/HTML 55.04 %
Headings H1 2
H2 50
H3 57
H4 0
H5 0
H6 0
H1
投資一族のブログ
my blog
H2
本が切れた、ついにキンドル始めました
香港ドルの残高がわずかになってしまった
すべてが逆のオーストラリア、行ってきました
食と文化の謎 3/7~おぞましき豚
食と文化の謎 2/7~牛は神様
食と文化の謎 1/7~肉が欲しい
最近数年の新しい変化って何がある? ドローンの操縦
maker faireに行ってきました
光線空間法 プレゼンテーションの仕方
シンガポールが外国に見える
ホームレスになりました
香港だ
オプションの期待値は株より高いと思ってるの?
日本株市場をpr
2016年 日本に行こう 横浜地元編 5~神社
勝つ投資負けない投資 2/2~社長業
勝つ投資負けない投資 1/2~株ドラマ
国税局資料調査課
ナイスディール
自社株買いは効率の良い株主還元か?
国債金利のマイナス誘導は増税
紛争と難民 緒方貞子の回想 5/5~難民発生の根源
日本の厳しい冬、10年ぶりに風邪ひいた
紛争と難民 緒方貞子の回想 4/5~難民の定義
紛争と難民 緒方貞子の回想 3/5~領土問題への介入
紛争と難民 緒方貞子の回想 2/5~対立する利害
日経レバ2(1570)アンダーライングのフォワードのバリュエーションについて
紛争と難民 緒方貞子の回想 1/5~人道問題に人道的解決なし
2016年 日本に行こう 横浜地元編 4~ウォーキング@横浜
2016年 日本に行こう 横浜地元編 3~ウォーキング@横浜
2016年 日本に行こう 横浜地元編 2~美容院
2016年 日本に行こう 横浜地元編 1~通信事情
gpifデリバティブ解禁かお悩み中? 2/2 プロ向け曲解
gpifデリバティブ解禁かお悩み中? 1/2 一般向け解釈
日本仏教史 4/4~外来思想は日本に根付くか?
日本仏教史 3/4~檀家制度ができた歴史的背景
日本仏教史 2/4~仏教の発展
日本仏教史 1/4~日本における仏教
変な記事、所得税と消費税、どちら選ぶ?(風)
シャープ「液晶敗戦の教訓」 3/3~仕組まれた価格破壊
シャープ「液晶敗戦の教訓」 2/3~亀山工場と堺工場
シャープ「液晶敗戦の教訓」 1/3~すり合わせ不要のモジュール化
予見された経済危機 3/3~アングロ・アメリカンの借金観
予見された経済危機 2/3~万年弱気論者
予見された経済危機 1/3~1ドル紙幣とは何か?
上がったら買い、下がったら売る愚行世論が生まれる瞬間
モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 2/2~支配・追い込み
モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 1/2~刑事から民事へ
母へのお土産はいつも現金
おいしいスパゲティはサイゼリアで@シンガポール (コーヒーも良い)
H3
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
共有:
information
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー
メタ情報
calender
アーカイブ
H4
H5
H6
strong
b
i
em
Bolds strong 0
b 0
i 0
em 0
Zawartość strony internetowej powinno zawierać więcej niż 250 słów, z stopa tekst / kod jest wyższy niż 20%.
Pozycji używać znaczników (h1, h2, h3, ...), aby określić temat sekcji lub ustępów na stronie, ale zwykle, użyj mniej niż 6 dla każdego tagu pozycje zachować swoją stronę zwięzły.
Styl używać silnych i kursywy znaczniki podkreślić swoje słowa kluczowe swojej stronie, ale nie nadużywać (mniej niż 16 silnych tagi i 16 znaczników kursywy)

Statystyki strony

twitter:title pusty
twitter:description pusty
google+ itemprop=name pusty
Pliki zewnętrzne 35
Pliki CSS 10
Pliki javascript 25
Plik należy zmniejszyć całkowite odwołanie plików (CSS + JavaScript) do 7-8 maksymalnie.

Linki wewnętrzne i zewnętrzne

Linki 590
Linki wewnętrzne 5
Linki zewnętrzne 585
Linki bez atrybutu Title 439
Linki z atrybutem NOFOLLOW 0
Linki - Użyj atrybutu tytuł dla każdego łącza. Nofollow link jest link, który nie pozwala wyszukiwarkom boty zrealizują są odnośniki no follow. Należy zwracać uwagę na ich użytkowania

Linki wewnętrzne

menu #
#
#
#

Linki zewnętrzne

投資一族のブログ

http://ichizoku.net/
デリバティブ http://ichizoku.net/./derivatives/
ドケチ列伝 http://ichizoku.net/./eco-life/
人生設計 http://ichizoku.net/./my-ideology/
債券投資(為替・金利・クレジット) http://ichizoku.net/./fixed-income/
小さな贅沢・観光 http://ichizoku.net/./luxury/
株式投資 http://ichizoku.net/./equity/
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
読書 http://ichizoku.net/./books/
音楽、趣味など http://ichizoku.net/./hobby/
本が切れた、ついにキンドル始めました http://ichizoku.net/eco-life/20160914/%e6%9c%ac%e3%81%8c%e5%88%87%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%81%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/eco-life/20160914/%e6%9c%ac%e3%81%8c%e5%88%87%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%81%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/#respond
ドケチ列伝 http://ichizoku.net/./eco-life/
http://ichizoku.net/eco-life/20160914/%e6%9c%ac%e3%81%8c%e5%88%87%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%81%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/?share=twitter
http://ichizoku.net/eco-life/20160914/%e6%9c%ac%e3%81%8c%e5%88%87%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%81%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/?share=facebook
http://ichizoku.net/eco-life/20160914/%e6%9c%ac%e3%81%8c%e5%88%87%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%81%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/eco-life/20160914/%e6%9c%ac%e3%81%8c%e5%88%87%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%81%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
ドケチ列伝 http://ichizoku.net/./eco-life/
leave a comment http://ichizoku.net/eco-life/20160914/%e6%9c%ac%e3%81%8c%e5%88%87%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%81%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/#respond
香港ドルの残高がわずかになってしまった http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160908/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%ae%8b%e9%ab%98%e3%81%8c%e3%82%8f%e3%81%9a%e3%81%8b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160908/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%ae%8b%e9%ab%98%e3%81%8c%e3%82%8f%e3%81%9a%e3%81%8b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f/#respond
債券投資(為替・金利・クレジット) http://ichizoku.net/./fixed-income/
未分類 http://ichizoku.net/./%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/
アジア通貨 ~hkd 通貨発行差益(シニョレッジ) http://ichizoku.net/fixed-income/20080220/hkd/
http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160908/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%ae%8b%e9%ab%98%e3%81%8c%e3%82%8f%e3%81%9a%e3%81%8b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f/?share=twitter
http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160908/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%ae%8b%e9%ab%98%e3%81%8c%e3%82%8f%e3%81%9a%e3%81%8b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f/?share=facebook
http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160908/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%ae%8b%e9%ab%98%e3%81%8c%e3%82%8f%e3%81%9a%e3%81%8b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160908/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%ae%8b%e9%ab%98%e3%81%8c%e3%82%8f%e3%81%9a%e3%81%8b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f/
債券投資(為替・金利・クレジット) http://ichizoku.net/./fixed-income/
未分類 http://ichizoku.net/./%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/
leave a comment http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160908/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%ae%8b%e9%ab%98%e3%81%8c%e3%82%8f%e3%81%9a%e3%81%8b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f/#respond
すべてが逆のオーストラリア、行ってきました http://ichizoku.net/luxury/20160829/%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%8c%e9%80%86%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%81%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/luxury/20160829/%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%8c%e9%80%86%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%81%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/#respond
小さな贅沢・観光 http://ichizoku.net/./luxury/
http://ichizoku.net/luxury/20160829/%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%8c%e9%80%86%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%81%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/?share=twitter
http://ichizoku.net/luxury/20160829/%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%8c%e9%80%86%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%81%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/?share=facebook
http://ichizoku.net/luxury/20160829/%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%8c%e9%80%86%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%81%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/luxury/20160829/%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%8c%e9%80%86%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%81%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
小さな贅沢・観光 http://ichizoku.net/./luxury/
leave a comment http://ichizoku.net/luxury/20160829/%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%8c%e9%80%86%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%81%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/#respond
食と文化の謎 3/7~おぞましき豚 http://ichizoku.net/books/20160815/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8037%ef%bd%9e%e3%81%8a%e3%81%9e%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%8d%e8%b1%9a/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160815/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8037%ef%bd%9e%e3%81%8a%e3%81%9e%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%8d%e8%b1%9a/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
http://ichizoku.net/books/20160815/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8037%ef%bd%9e%e3%81%8a%e3%81%9e%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%8d%e8%b1%9a/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160815/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8037%ef%bd%9e%e3%81%8a%e3%81%9e%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%8d%e8%b1%9a/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160815/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8037%ef%bd%9e%e3%81%8a%e3%81%9e%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%8d%e8%b1%9a/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160815/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8037%ef%bd%9e%e3%81%8a%e3%81%9e%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%8d%e8%b1%9a/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160815/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8037%ef%bd%9e%e3%81%8a%e3%81%9e%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%8d%e8%b1%9a/#respond
食と文化の謎 2/7~牛は神様 http://ichizoku.net/books/20160814/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8027%ef%bd%9e%e7%89%9b%e3%81%af%e7%a5%9e%e6%a7%98/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160814/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8027%ef%bd%9e%e7%89%9b%e3%81%af%e7%a5%9e%e6%a7%98/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
http://ichizoku.net/books/20160814/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8027%ef%bd%9e%e7%89%9b%e3%81%af%e7%a5%9e%e6%a7%98/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160814/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8027%ef%bd%9e%e7%89%9b%e3%81%af%e7%a5%9e%e6%a7%98/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160814/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8027%ef%bd%9e%e7%89%9b%e3%81%af%e7%a5%9e%e6%a7%98/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160814/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8027%ef%bd%9e%e7%89%9b%e3%81%af%e7%a5%9e%e6%a7%98/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160814/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8027%ef%bd%9e%e7%89%9b%e3%81%af%e7%a5%9e%e6%a7%98/#respond
食と文化の謎 1/7~肉が欲しい http://ichizoku.net/books/20160810/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8017%ef%bd%9e%e8%82%89%e3%81%8c%e6%ac%b2%e3%81%97%e3%81%84/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160810/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8017%ef%bd%9e%e8%82%89%e3%81%8c%e6%ac%b2%e3%81%97%e3%81%84/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
- http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4006030460/globalcollabo-22/
食と文化の謎 (岩波現代文庫) http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4006030460/globalcollabo-22/
amazonで詳しく見る http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4006030460/globalcollabo-22/
g-tools http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html
http://ichizoku.net/books/20160810/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8017%ef%bd%9e%e8%82%89%e3%81%8c%e6%ac%b2%e3%81%97%e3%81%84/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160810/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8017%ef%bd%9e%e8%82%89%e3%81%8c%e6%ac%b2%e3%81%97%e3%81%84/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160810/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8017%ef%bd%9e%e8%82%89%e3%81%8c%e6%ac%b2%e3%81%97%e3%81%84/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160810/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8017%ef%bd%9e%e8%82%89%e3%81%8c%e6%ac%b2%e3%81%97%e3%81%84/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160810/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8017%ef%bd%9e%e8%82%89%e3%81%8c%e6%ac%b2%e3%81%97%e3%81%84/#respond
最近数年の新しい変化って何がある? ドローンの操縦 http://ichizoku.net/hobby/20160706/%e6%9c%80%e8%bf%91%e6%95%b0%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e5%a4%89%e5%8c%96%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/hobby/20160706/%e6%9c%80%e8%bf%91%e6%95%b0%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e5%a4%89%e5%8c%96%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae/#respond
音楽、趣味など http://ichizoku.net/./hobby/
とばしてあそぼう シリーズ ta-06 ゴム動力飛行機 https://www.amazon.co.jp/%e3%81%a8%e3%81%b0%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%82%e3%81%9d%e3%81%bc%e3%81%86-%e3%82%b7%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%82%ba-ta-06-%e3%82%b4%e3%83%a0%e5%8b%95%e5%8a%9b%e9%a3%9b%e8%a1%8c%e6%a9%9f-%e4%b8%b8%e7%bf%bc/dp/b004iws9mc
http://ichizoku.net/hobby/20160706/%e6%9c%80%e8%bf%91%e6%95%b0%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e5%a4%89%e5%8c%96%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae/?share=twitter
http://ichizoku.net/hobby/20160706/%e6%9c%80%e8%bf%91%e6%95%b0%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e5%a4%89%e5%8c%96%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae/?share=facebook
http://ichizoku.net/hobby/20160706/%e6%9c%80%e8%bf%91%e6%95%b0%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e5%a4%89%e5%8c%96%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/hobby/20160706/%e6%9c%80%e8%bf%91%e6%95%b0%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e5%a4%89%e5%8c%96%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae/
音楽、趣味など http://ichizoku.net/./hobby/
leave a comment http://ichizoku.net/hobby/20160706/%e6%9c%80%e8%bf%91%e6%95%b0%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e5%a4%89%e5%8c%96%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae/#respond
maker faireに行ってきました http://ichizoku.net/hobby/20160705/maker-faire%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/hobby/20160705/maker-faire%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/#respond
音楽、趣味など http://ichizoku.net/./hobby/
どうか子供たちに関わらないで欲しい http://ichizoku.net/my-ideology/20121206/dont-touch-my-children/
http://ichizoku.net/hobby/20160705/maker-faire%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/?share=twitter
http://ichizoku.net/hobby/20160705/maker-faire%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/?share=facebook
http://ichizoku.net/hobby/20160705/maker-faire%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/hobby/20160705/maker-faire%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
音楽、趣味など http://ichizoku.net/./hobby/
leave a comment http://ichizoku.net/hobby/20160705/maker-faire%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/#respond
光線空間法 プレゼンテーションの仕方 http://ichizoku.net/hobby/20160703/%e5%85%89%e7%b7%9a%e7%a9%ba%e9%96%93%e6%b3%95%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e4%bb%95%e6%96%b9/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/hobby/20160703/%e5%85%89%e7%b7%9a%e7%a9%ba%e9%96%93%e6%b3%95%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e4%bb%95%e6%96%b9/#respond
音楽、趣味など http://ichizoku.net/./hobby/
アメリカ・フロリダに行ってきました 1/4~アナ雪と微分方程式 http://ichizoku.net/luxury/2015/08/siggraph-mpm/#more-1950
http://ichizoku.net/hobby/20160703/%e5%85%89%e7%b7%9a%e7%a9%ba%e9%96%93%e6%b3%95%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e4%bb%95%e6%96%b9/?share=twitter
http://ichizoku.net/hobby/20160703/%e5%85%89%e7%b7%9a%e7%a9%ba%e9%96%93%e6%b3%95%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e4%bb%95%e6%96%b9/?share=facebook
http://ichizoku.net/hobby/20160703/%e5%85%89%e7%b7%9a%e7%a9%ba%e9%96%93%e6%b3%95%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e4%bb%95%e6%96%b9/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/hobby/20160703/%e5%85%89%e7%b7%9a%e7%a9%ba%e9%96%93%e6%b3%95%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e4%bb%95%e6%96%b9/
音楽、趣味など http://ichizoku.net/./hobby/
leave a comment http://ichizoku.net/hobby/20160703/%e5%85%89%e7%b7%9a%e7%a9%ba%e9%96%93%e6%b3%95%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e4%bb%95%e6%96%b9/#respond
シンガポールが外国に見える http://ichizoku.net/daily-life/20160622/%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%8c%e5%a4%96%e5%9b%bd%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/daily-life/20160622/%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%8c%e5%a4%96%e5%9b%bd%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b/#respond
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
http://ichizoku.net/daily-life/20160622/%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%8c%e5%a4%96%e5%9b%bd%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b/?share=twitter
http://ichizoku.net/daily-life/20160622/%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%8c%e5%a4%96%e5%9b%bd%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b/?share=facebook
http://ichizoku.net/daily-life/20160622/%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%8c%e5%a4%96%e5%9b%bd%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/daily-life/20160622/%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%8c%e5%a4%96%e5%9b%bd%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b/
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
leave a comment http://ichizoku.net/daily-life/20160622/%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%82%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%8c%e5%a4%96%e5%9b%bd%e3%81%ab%e8%a6%8b%e3%81%88%e3%82%8b/#respond
ホームレスになりました http://ichizoku.net/daily-life/20160621/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
1件のコメント http://ichizoku.net/daily-life/20160621/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/#comments
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
http://ichizoku.net/daily-life/20160621/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/?share=twitter
http://ichizoku.net/daily-life/20160621/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/?share=facebook
http://ichizoku.net/daily-life/20160621/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/daily-life/20160621/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
1 comment http://ichizoku.net/daily-life/20160621/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/#comments
香港だ http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160613/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%81%a0/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160613/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%81%a0/#respond
未分類 http://ichizoku.net/./%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/
http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160613/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%81%a0/?share=twitter
http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160613/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%81%a0/?share=facebook
http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160613/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%81%a0/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160613/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%81%a0/
未分類 http://ichizoku.net/./%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/
leave a comment http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160613/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%81%a0/#respond
オプションの期待値は株より高いと思ってるの? http://ichizoku.net/derivatives/20160314/options-expected-value/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/derivatives/20160314/options-expected-value/#respond
デリバティブ http://ichizoku.net/./derivatives/
(さらに…) http://ichizoku.net/derivatives/20160314/options-expected-value/#more-1
http://ichizoku.net/derivatives/20160314/options-expected-value/?share=twitter
http://ichizoku.net/derivatives/20160314/options-expected-value/?share=facebook
http://ichizoku.net/derivatives/20160314/options-expected-value/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/derivatives/20160314/options-expected-value/
デリバティブ http://ichizoku.net/./derivatives/
デリバティブ http://ichizoku.net/./%e3%83%87%e3%83%aa%e3%83%90%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%96/
leave a comment http://ichizoku.net/derivatives/20160314/options-expected-value/#respond
日本株市場をpr http://ichizoku.net/equity/20160311/attractive-japan-market/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/equity/20160311/attractive-japan-market/#respond
株式投資 http://ichizoku.net/./equity/
(さらに…) http://ichizoku.net/equity/20160311/attractive-japan-market/#more-13
http://ichizoku.net/equity/20160311/attractive-japan-market/?share=twitter
http://ichizoku.net/equity/20160311/attractive-japan-market/?share=facebook
http://ichizoku.net/equity/20160311/attractive-japan-market/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/equity/20160311/attractive-japan-market/
株式投資 http://ichizoku.net/./equity/
株式投資 http://ichizoku.net/./%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e6%8a%95%e8%b3%87/
leave a comment http://ichizoku.net/equity/20160311/attractive-japan-market/#respond
2016年 日本に行こう 横浜地元編 5~神社 http://ichizoku.net/daily-life/20160310/samukawa-yakuyoke/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/daily-life/20160310/samukawa-yakuyoke/#respond
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
(さらに…) http://ichizoku.net/daily-life/20160310/samukawa-yakuyoke/#more-2070
http://ichizoku.net/daily-life/20160310/samukawa-yakuyoke/?share=twitter
http://ichizoku.net/daily-life/20160310/samukawa-yakuyoke/?share=facebook
http://ichizoku.net/daily-life/20160310/samukawa-yakuyoke/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/daily-life/20160310/samukawa-yakuyoke/
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
leave a comment http://ichizoku.net/daily-life/20160310/samukawa-yakuyoke/#respond
勝つ投資負けない投資 2/2~社長業 http://ichizoku.net/books/20160309/professional-ceo/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160309/professional-ceo/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
投資・投機・ギャンブルの違いを述べよ http://www.ichizoku.net/2013/04/investment-speculation-gambling.html
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160309/professional-ceo/#more-2069
http://ichizoku.net/books/20160309/professional-ceo/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160309/professional-ceo/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160309/professional-ceo/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160309/professional-ceo/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160309/professional-ceo/#respond
勝つ投資負けない投資 1/2~株ドラマ http://ichizoku.net/books/20160308/market-drama/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160308/market-drama/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160308/market-drama/#more-2068
http://ichizoku.net/books/20160308/market-drama/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160308/market-drama/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160308/market-drama/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160308/market-drama/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160308/market-drama/#respond
国税局資料調査課 http://ichizoku.net/books/20160307/marusa-kome/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160307/marusa-kome/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160307/marusa-kome/#more-2067
http://ichizoku.net/books/20160307/marusa-kome/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160307/marusa-kome/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160307/marusa-kome/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160307/marusa-kome/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160307/marusa-kome/#respond
ナイスディール http://ichizoku.net/books/20160304/nice-deal/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160304/nice-deal/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160304/nice-deal/#more-2066
http://ichizoku.net/books/20160304/nice-deal/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160304/nice-deal/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160304/nice-deal/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160304/nice-deal/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160304/nice-deal/#respond
自社株買いは効率の良い株主還元か? http://ichizoku.net/equity/20160303/buy-back-purchase-price/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/equity/20160303/buy-back-purchase-price/#respond
株式投資 http://ichizoku.net/./equity/
(さらに…) http://ichizoku.net/equity/20160303/buy-back-purchase-price/#more-2065
http://ichizoku.net/equity/20160303/buy-back-purchase-price/?share=twitter
http://ichizoku.net/equity/20160303/buy-back-purchase-price/?share=facebook
http://ichizoku.net/equity/20160303/buy-back-purchase-price/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/equity/20160303/buy-back-purchase-price/
株式投資 http://ichizoku.net/./equity/
leave a comment http://ichizoku.net/equity/20160303/buy-back-purchase-price/#respond
国債金利のマイナス誘導は増税 http://ichizoku.net/fixed-income/20160302/jgb-bubble/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/fixed-income/20160302/jgb-bubble/#respond
債券投資(為替・金利・クレジット) http://ichizoku.net/./fixed-income/
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-o31mj56k50y001.html http://www.bloomberg.co.jp/news/123-o31mj56k50y001.html
http://www.bloomberg.co.jp/markets/rates.html http://www.bloomberg.co.jp/markets/rates.html
https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/005.htm https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/005.htm
(さらに…) http://ichizoku.net/fixed-income/20160302/jgb-bubble/#more-2064
http://ichizoku.net/fixed-income/20160302/jgb-bubble/?share=twitter
http://ichizoku.net/fixed-income/20160302/jgb-bubble/?share=facebook
http://ichizoku.net/fixed-income/20160302/jgb-bubble/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/fixed-income/20160302/jgb-bubble/
債券投資(為替・金利・クレジット) http://ichizoku.net/./fixed-income/
leave a comment http://ichizoku.net/fixed-income/20160302/jgb-bubble/#respond
紛争と難民 緒方貞子の回想 5/5~難民発生の根源 http://ichizoku.net/books/20160301/afgan-us-russia/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160301/afgan-us-russia/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
- http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4087813290/globalcollabo-22/
紛争と難民 緒方貞子の回想 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4087813290/globalcollabo-22/
amazonで詳しく見る http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/asin/4087813290/globalcollabo-22/
g-tools http://www.goodpic.com/mt/aws/index.html
http://ichizoku.net/books/20160301/afgan-us-russia/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160301/afgan-us-russia/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160301/afgan-us-russia/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160301/afgan-us-russia/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160301/afgan-us-russia/#respond
日本の厳しい冬、10年ぶりに風邪ひいた http://ichizoku.net/eco-life/20160229/catch-a-cold/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/eco-life/20160229/catch-a-cold/#respond
ドケチ列伝 http://ichizoku.net/./eco-life/
(さらに…) http://ichizoku.net/eco-life/20160229/catch-a-cold/#more-2063
http://ichizoku.net/eco-life/20160229/catch-a-cold/?share=twitter
http://ichizoku.net/eco-life/20160229/catch-a-cold/?share=facebook
http://ichizoku.net/eco-life/20160229/catch-a-cold/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/eco-life/20160229/catch-a-cold/
ドケチ列伝 http://ichizoku.net/./eco-life/
leave a comment http://ichizoku.net/eco-life/20160229/catch-a-cold/#respond
紛争と難民 緒方貞子の回想 4/5~難民の定義 http://ichizoku.net/books/20160226/migronaut/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160226/migronaut/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160226/migronaut/#more-2060
http://ichizoku.net/books/20160226/migronaut/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160226/migronaut/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160226/migronaut/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160226/migronaut/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160226/migronaut/#respond
紛争と難民 緒方貞子の回想 3/5~領土問題への介入 http://ichizoku.net/books/20160225/contradiction-of-safety-neighbor/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160225/contradiction-of-safety-neighbor/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160225/contradiction-of-safety-neighbor/#more-2059
http://ichizoku.net/books/20160225/contradiction-of-safety-neighbor/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160225/contradiction-of-safety-neighbor/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160225/contradiction-of-safety-neighbor/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160225/contradiction-of-safety-neighbor/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160225/contradiction-of-safety-neighbor/#respond
紛争と難民 緒方貞子の回想 2/5~対立する利害 http://ichizoku.net/books/20160224/unhcr-kurd/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160224/unhcr-kurd/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
http://ichizoku.net/books/20160224/unhcr-kurd/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160224/unhcr-kurd/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160224/unhcr-kurd/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160224/unhcr-kurd/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160224/unhcr-kurd/#respond
日経レバ2(1570)アンダーライングのフォワードのバリュエーションについて http://ichizoku.net/derivatives/20160223/1570-forwad-valuation/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/derivatives/20160223/1570-forwad-valuation/#respond
デリバティブ http://ichizoku.net/./derivatives/
素人がハマっている必負法 1/3 ~日経レバ2の行く末 http://www.ichizoku.net/2014/04/leveraged-etf.html
(さらに…) http://ichizoku.net/derivatives/20160223/1570-forwad-valuation/#more-2062
http://ichizoku.net/derivatives/20160223/1570-forwad-valuation/?share=twitter
http://ichizoku.net/derivatives/20160223/1570-forwad-valuation/?share=facebook
http://ichizoku.net/derivatives/20160223/1570-forwad-valuation/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/derivatives/20160223/1570-forwad-valuation/
デリバティブ http://ichizoku.net/./derivatives/
leave a comment http://ichizoku.net/derivatives/20160223/1570-forwad-valuation/#respond
紛争と難民 緒方貞子の回想 1/5~人道問題に人道的解決なし http://ichizoku.net/books/20160222/humanitarian-support/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160222/humanitarian-support/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160222/humanitarian-support/#more-2057
http://ichizoku.net/books/20160222/humanitarian-support/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160222/humanitarian-support/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160222/humanitarian-support/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160222/humanitarian-support/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160222/humanitarian-support/#respond
2016年 日本に行こう 横浜地元編 4~ウォーキング@横浜 http://ichizoku.net/daily-life/20160219/yokohama-walking2/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/daily-life/20160219/yokohama-walking2/#respond
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
(さらに…) http://ichizoku.net/daily-life/20160219/yokohama-walking2/#more-2056
http://ichizoku.net/daily-life/20160219/yokohama-walking2/?share=twitter
http://ichizoku.net/daily-life/20160219/yokohama-walking2/?share=facebook
http://ichizoku.net/daily-life/20160219/yokohama-walking2/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/daily-life/20160219/yokohama-walking2/
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
leave a comment http://ichizoku.net/daily-life/20160219/yokohama-walking2/#respond
2016年 日本に行こう 横浜地元編 3~ウォーキング@横浜 http://ichizoku.net/daily-life/20160218/yokohama-walking/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/daily-life/20160218/yokohama-walking/#respond
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
(さらに…) http://ichizoku.net/daily-life/20160218/yokohama-walking/#more-2055
http://ichizoku.net/daily-life/20160218/yokohama-walking/?share=twitter
http://ichizoku.net/daily-life/20160218/yokohama-walking/?share=facebook
http://ichizoku.net/daily-life/20160218/yokohama-walking/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/daily-life/20160218/yokohama-walking/
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
leave a comment http://ichizoku.net/daily-life/20160218/yokohama-walking/#respond
2016年 日本に行こう 横浜地元編 2~美容院 http://ichizoku.net/luxury/20160217/yokohama-hair-saloon/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/luxury/20160217/yokohama-hair-saloon/#respond
小さな贅沢・観光 http://ichizoku.net/./luxury/
日本全土落下傘計画 九州編 1/8~日本の買物 http://www.ichizoku.net/2014/03/cheapest-japan-in-asia.html
円が安い、そうだ、日本に行こう 3/4~美容院で縮毛矯正 http://www.ichizoku.net/2015/05/good-hair-salon.html
(さらに…) http://ichizoku.net/luxury/20160217/yokohama-hair-saloon/#more-2054
http://ichizoku.net/luxury/20160217/yokohama-hair-saloon/?share=twitter
http://ichizoku.net/luxury/20160217/yokohama-hair-saloon/?share=facebook
http://ichizoku.net/luxury/20160217/yokohama-hair-saloon/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/luxury/20160217/yokohama-hair-saloon/
小さな贅沢・観光 http://ichizoku.net/./luxury/
leave a comment http://ichizoku.net/luxury/20160217/yokohama-hair-saloon/#respond
2016年 日本に行こう 横浜地元編 1~通信事情 http://ichizoku.net/eco-life/20160216/2016-yokohama-sim-card/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/eco-life/20160216/2016-yokohama-sim-card/#respond
ドケチ列伝 http://ichizoku.net/./eco-life/
(さらに…) http://ichizoku.net/eco-life/20160216/2016-yokohama-sim-card/#more-2053
http://ichizoku.net/eco-life/20160216/2016-yokohama-sim-card/?share=twitter
http://ichizoku.net/eco-life/20160216/2016-yokohama-sim-card/?share=facebook
http://ichizoku.net/eco-life/20160216/2016-yokohama-sim-card/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/eco-life/20160216/2016-yokohama-sim-card/
ドケチ列伝 http://ichizoku.net/./eco-life/
leave a comment http://ichizoku.net/eco-life/20160216/2016-yokohama-sim-card/#respond
gpifデリバティブ解禁かお悩み中? 2/2 プロ向け曲解 http://ichizoku.net/derivatives/20160215/realize-jpy-basis-swap/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/derivatives/20160215/realize-jpy-basis-swap/#respond
デリバティブ http://ichizoku.net/./derivatives/
株のbuy&hold戦略が持つgamma long性 http://www.ichizoku.net/2014/02/buy-hold-gamma-long.html
素人がハマっている必負法 1/3 ~日経レバ2の行く末 http://www.ichizoku.net/2014/04/leveraged-etf.html
坂の上の雲四 12~金策 http://www.ichizoku.net/2015/12/jgb-credit.html
アメリカ覇権という信仰 http://www.ichizoku.net/2015/09/we-believe-america.html
家計の金融資産残高が1700兆円を突破 http://www.ichizoku.net/2015/07/financial-asset-1700.html
仮想通貨革命 ビットコインは始まりにすぎない 7/7~貨幣の非国有化 http://www.ichizoku.net/2015/03/anti-nationalism.html
続・オプション・トレーディングにおける個人投資家とプロの違い、グリーク(リスク指標)の見方 http://www.ichizoku.net/2014/07/interest-rate-risk.html
人民元売却計画ステージ2 10/16~ユーロマネー、オフショア人民元 http://www.ichizoku.net/2014/03/off-shore-money-euro-money.html
オプションなんて勉強するものじゃないです。まずは債券いっときまひょ http://www.ichizoku.net/2013/08/at-first-fixed-income.html
金融政策の話 2/2 ~預金と規制 http://www.ichizoku.net/2013/01/deposite-regulation.html
ウォールストリートの歴史 5/8 ~第一次世界大戦 http://www.ichizoku.net/2012/07/wwi.html
告白 元大和銀行ny支店2/2 ~トレーディング http://www.ichizoku.net/2012/02/daiwa-ny-trading.html
日本国債cdsが急落 http://www.ichizoku.net/2011/10/jgb-cds-tightening.html
日本国債5年cds 1.3% vs 日本国債5年モノ0.35% http://www.ichizoku.net/2011/10/cds-vs-jgb.html
スイスフランの介入劇 http://www.ichizoku.net/2011/09/chf-intervene.html
モルガンs、米インフレ期待めぐるトレーディングで損失 http://www.ichizoku.net/2011/07/ms-tips-loss.html
米国債券投資戦略のすべて3/3 ~パススルー証券 http://www.ichizoku.net/2011/04/bond-parity.html
日本最大の投信「グロソブ」4兆円割れ http://www.ichizoku.net/2010/02/gl-sovereign.html
金利系投資からの撤退 http://www.ichizoku.net/2009/12/bye-fi.html
金利をsalesに教える http://www.ichizoku.net/2009/08/interestrate-lecture.html
暗算でやる金利計算@街頭インタビュー http://www.ichizoku.net/2009/06/ir-calc-in-brain.html
株投資家から見たインフレ連動債tips http://www.ichizoku.net/2009/01/tips.html
さようならus strips http://www.ichizoku.net/2008/12/us-strips.html
債券市場参加者の世界観 ~ 儲け=売値ー買値では無い http://www.ichizoku.net/2007/12/post-11.html
債券税制 ~これを知った上で買えるか?毎月分配 http://www.ichizoku.net/2007/12/post-10.html
http://ichizoku.net/derivatives/20160215/realize-jpy-basis-swap/?share=twitter
http://ichizoku.net/derivatives/20160215/realize-jpy-basis-swap/?share=facebook
http://ichizoku.net/derivatives/20160215/realize-jpy-basis-swap/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/derivatives/20160215/realize-jpy-basis-swap/
デリバティブ http://ichizoku.net/./derivatives/
leave a comment http://ichizoku.net/derivatives/20160215/realize-jpy-basis-swap/#respond
gpifデリバティブ解禁かお悩み中? 1/2 一般向け解釈 http://ichizoku.net/derivatives/20160212/gpif-start-derivatives/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/derivatives/20160212/gpif-start-derivatives/#respond
デリバティブ http://ichizoku.net/./derivatives/
http://www.mhlw.go.jp/file/05-shingikai-12601000-seisakutoukatsukan-sanjikanshitsu_shakaihoshoutantou/0000111870.pdf http://www.mhlw.go.jp/file/05-shingikai-12601000-seisakutoukatsukan-sanjikanshitsu_shakaihoshoutantou/0000111870.pdf
中国人民元先物? http://www.ichizoku.net/2009/03/post-201.html
(さらに…) http://ichizoku.net/derivatives/20160212/gpif-start-derivatives/#more-2051
http://ichizoku.net/derivatives/20160212/gpif-start-derivatives/?share=twitter
http://ichizoku.net/derivatives/20160212/gpif-start-derivatives/?share=facebook
http://ichizoku.net/derivatives/20160212/gpif-start-derivatives/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/derivatives/20160212/gpif-start-derivatives/
デリバティブ http://ichizoku.net/./derivatives/
leave a comment http://ichizoku.net/derivatives/20160212/gpif-start-derivatives/#respond
日本仏教史 4/4~外来思想は日本に根付くか? http://ichizoku.net/books/20160210/strong-japanese-culture/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160210/strong-japanese-culture/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160210/strong-japanese-culture/#more-2050
http://ichizoku.net/books/20160210/strong-japanese-culture/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160210/strong-japanese-culture/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160210/strong-japanese-culture/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160210/strong-japanese-culture/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160210/strong-japanese-culture/#respond
日本仏教史 3/4~檀家制度ができた歴史的背景 http://ichizoku.net/books/20160209/danka/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160209/danka/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160209/danka/#more-2049
http://ichizoku.net/books/20160209/danka/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160209/danka/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160209/danka/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160209/danka/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160209/danka/#respond
日本仏教史 2/4~仏教の発展 http://ichizoku.net/books/20160208/buddisim-translate-in-china/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160208/buddisim-translate-in-china/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160208/buddisim-translate-in-china/#more-2048
http://ichizoku.net/books/20160208/buddisim-translate-in-china/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160208/buddisim-translate-in-china/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160208/buddisim-translate-in-china/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160208/buddisim-translate-in-china/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160208/buddisim-translate-in-china/#respond
日本仏教史 1/4~日本における仏教 http://ichizoku.net/books/20160205/when-buddisum-come/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160205/when-buddisum-come/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160205/when-buddisum-come/#more-2047
http://ichizoku.net/books/20160205/when-buddisum-come/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160205/when-buddisum-come/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160205/when-buddisum-come/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160205/when-buddisum-come/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160205/when-buddisum-come/#respond
変な記事、所得税と消費税、どちら選ぶ?(風) http://ichizoku.net/daily-life/20160204/incometax-vs-gst/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/daily-life/20160204/incometax-vs-gst/#respond
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
http://www.abef.jp/event/2015/pdf_abst/e2.pdf http://www.abef.jp/event/2015/pdf_abst/e2.pdf
(さらに…) http://ichizoku.net/daily-life/20160204/incometax-vs-gst/#more-2046
http://ichizoku.net/daily-life/20160204/incometax-vs-gst/?share=twitter
http://ichizoku.net/daily-life/20160204/incometax-vs-gst/?share=facebook
http://ichizoku.net/daily-life/20160204/incometax-vs-gst/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/daily-life/20160204/incometax-vs-gst/
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
leave a comment http://ichizoku.net/daily-life/20160204/incometax-vs-gst/#respond
シャープ「液晶敗戦の教訓」 3/3~仕組まれた価格破壊 http://ichizoku.net/books/20160203/price-collapse-by-samsung/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160203/price-collapse-by-samsung/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160203/price-collapse-by-samsung/#more-2045
http://ichizoku.net/books/20160203/price-collapse-by-samsung/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160203/price-collapse-by-samsung/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160203/price-collapse-by-samsung/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160203/price-collapse-by-samsung/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160203/price-collapse-by-samsung/#respond
シャープ「液晶敗戦の教訓」 2/3~亀山工場と堺工場 http://ichizoku.net/books/20160202/kameyama-sakai/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160202/kameyama-sakai/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160202/kameyama-sakai/#more-2044
http://ichizoku.net/books/20160202/kameyama-sakai/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160202/kameyama-sakai/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160202/kameyama-sakai/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160202/kameyama-sakai/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160202/kameyama-sakai/#respond
シャープ「液晶敗戦の教訓」 1/3~すり合わせ不要のモジュール化 http://ichizoku.net/books/20160201/suriawase/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160201/suriawase/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160201/suriawase/#more-2043
http://ichizoku.net/books/20160201/suriawase/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160201/suriawase/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160201/suriawase/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160201/suriawase/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160201/suriawase/#respond
予見された経済危機 3/3~アングロ・アメリカンの借金観 http://ichizoku.net/books/20160129/amadeo-peter-giannini/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160129/amadeo-peter-giannini/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160129/amadeo-peter-giannini/#more-2042
http://ichizoku.net/books/20160129/amadeo-peter-giannini/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160129/amadeo-peter-giannini/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160129/amadeo-peter-giannini/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160129/amadeo-peter-giannini/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160129/amadeo-peter-giannini/#respond
予見された経済危機 2/3~万年弱気論者 http://ichizoku.net/books/20160128/dr-doom/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160128/dr-doom/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160128/dr-doom/#more-2041
http://ichizoku.net/books/20160128/dr-doom/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160128/dr-doom/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160128/dr-doom/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160128/dr-doom/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160128/dr-doom/#respond
予見された経済危機 1/3~1ドル紙幣とは何か? http://ichizoku.net/books/20160127/currency-valuation/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160127/currency-valuation/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160127/currency-valuation/#more-2040
http://ichizoku.net/books/20160127/currency-valuation/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160127/currency-valuation/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160127/currency-valuation/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160127/currency-valuation/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160127/currency-valuation/#respond
上がったら買い、下がったら売る愚行世論が生まれる瞬間 http://ichizoku.net/equity/20160126/gamma-short-strategy/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/equity/20160126/gamma-short-strategy/#respond
株式投資 http://ichizoku.net/./equity/
(さらに…) http://ichizoku.net/equity/20160126/gamma-short-strategy/#more-2039
http://ichizoku.net/equity/20160126/gamma-short-strategy/?share=twitter
http://ichizoku.net/equity/20160126/gamma-short-strategy/?share=facebook
http://ichizoku.net/equity/20160126/gamma-short-strategy/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/equity/20160126/gamma-short-strategy/
株式投資 http://ichizoku.net/./equity/
leave a comment http://ichizoku.net/equity/20160126/gamma-short-strategy/#respond
モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 2/2~支配・追い込み http://ichizoku.net/books/20160125/chasing-chasing/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160125/chasing-chasing/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160125/chasing-chasing/#more-2038
http://ichizoku.net/books/20160125/chasing-chasing/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160125/chasing-chasing/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160125/chasing-chasing/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160125/chasing-chasing/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160125/chasing-chasing/#respond
モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 1/2~刑事から民事へ http://ichizoku.net/books/20160122/criminal-case-civil-case/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/books/20160122/criminal-case-civil-case/#respond
読書 http://ichizoku.net/./books/
(さらに…) http://ichizoku.net/books/20160122/criminal-case-civil-case/#more-2037
http://ichizoku.net/books/20160122/criminal-case-civil-case/?share=twitter
http://ichizoku.net/books/20160122/criminal-case-civil-case/?share=facebook
http://ichizoku.net/books/20160122/criminal-case-civil-case/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/books/20160122/criminal-case-civil-case/
読書 http://ichizoku.net/./books/
leave a comment http://ichizoku.net/books/20160122/criminal-case-civil-case/#respond
母へのお土産はいつも現金 http://ichizoku.net/eco-life/20160121/currency-spread/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/eco-life/20160121/currency-spread/#respond
ドケチ列伝 http://ichizoku.net/./eco-life/
(さらに…) http://ichizoku.net/eco-life/20160121/currency-spread/#more-2036
http://ichizoku.net/eco-life/20160121/currency-spread/?share=twitter
http://ichizoku.net/eco-life/20160121/currency-spread/?share=facebook
http://ichizoku.net/eco-life/20160121/currency-spread/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/eco-life/20160121/currency-spread/
ドケチ列伝 http://ichizoku.net/./eco-life/
leave a comment http://ichizoku.net/eco-life/20160121/currency-spread/#respond
おいしいスパゲティはサイゼリアで@シンガポール (コーヒーも良い) http://ichizoku.net/eco-life/20160120/saiseria-singapore/
コメントはまだありません http://ichizoku.net/eco-life/20160120/saiseria-singapore/#respond
ドケチ列伝 http://ichizoku.net/./eco-life/
http://www.saizeriya.com.sg/restaurant-outlets/ http://www.saizeriya.com.sg/restaurant-outlets/
マクドナルドの繁栄の秘密? 研修不要、損益計算書から読むよ http://www.ichizoku.net/2011/02/mcd-business-model.html
(さらに…) http://ichizoku.net/eco-life/20160120/saiseria-singapore/#more-2035
http://ichizoku.net/eco-life/20160120/saiseria-singapore/?share=twitter
http://ichizoku.net/eco-life/20160120/saiseria-singapore/?share=facebook
http://ichizoku.net/eco-life/20160120/saiseria-singapore/?share=google-plus-1
read more » http://ichizoku.net/eco-life/20160120/saiseria-singapore/
ドケチ列伝 http://ichizoku.net/./eco-life/
leave a comment http://ichizoku.net/eco-life/20160120/saiseria-singapore/#respond
2 http://ichizoku.net/page/2/
3 http://ichizoku.net/page/3/
42 http://ichizoku.net/page/42/
次へ » http://ichizoku.net/page/2/
本が切れた、ついにキンドル始めました http://ichizoku.net/eco-life/20160914/%e6%9c%ac%e3%81%8c%e5%88%87%e3%82%8c%e3%81%9f%e3%80%81%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%ab%e5%a7%8b%e3%82%81%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
香港ドルの残高がわずかになってしまった http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160908/%e9%a6%99%e6%b8%af%e3%83%89%e3%83%ab%e3%81%ae%e6%ae%8b%e9%ab%98%e3%81%8c%e3%82%8f%e3%81%9a%e3%81%8b%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%97%e3%81%be%e3%81%a3%e3%81%9f/
すべてが逆のオーストラリア、行ってきました http://ichizoku.net/luxury/20160829/%e3%81%99%e3%81%b9%e3%81%a6%e3%81%8c%e9%80%86%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%aa%e3%82%a2%e3%80%81%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
食と文化の謎 3/7~おぞましき豚 http://ichizoku.net/books/20160815/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8037%ef%bd%9e%e3%81%8a%e3%81%9e%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%8d%e8%b1%9a/
食と文化の謎 2/7~牛は神様 http://ichizoku.net/books/20160814/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8027%ef%bd%9e%e7%89%9b%e3%81%af%e7%a5%9e%e6%a7%98/
食と文化の謎 1/7~肉が欲しい http://ichizoku.net/books/20160810/%e9%a3%9f%e3%81%a8%e6%96%87%e5%8c%96%e3%81%ae%e8%ac%8e%e3%80%8017%ef%bd%9e%e8%82%89%e3%81%8c%e6%ac%b2%e3%81%97%e3%81%84/
最近数年の新しい変化って何がある? ドローンの操縦 http://ichizoku.net/hobby/20160706/%e6%9c%80%e8%bf%91%e6%95%b0%e5%b9%b4%e3%81%ae%e6%96%b0%e3%81%97%e3%81%84%e5%a4%89%e5%8c%96%e3%81%a3%e3%81%a6%e4%bd%95%e3%81%8c%e3%81%82%e3%82%8b%e3%80%80%e3%83%89%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%81%ae/
maker faireに行ってきました http://ichizoku.net/hobby/20160705/maker-faire%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
どうか子供たちに関わらないで欲しい http://ichizoku.net/my-ideology/20121206/dont-touch-my-children/#comment-1539
maker faireに行ってきました – 投資一族のブログ http://ichizoku.net/%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/20160705/maker-faire%e3%81%ab%e8%a1%8c%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%8d%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/
アメリカ・フロリダに行ってきました 1/4~アナ雪と微分方程式 http://ichizoku.net/luxury/20150824/siggraph-mpm/#comment-1538
光線空間法 プレゼンテーションの仕方 – 投資一族のブログ http://ichizoku.net/hobby/2016/07/%e5%85%89%e7%b7%9a%e7%a9%ba%e9%96%93%e6%b3%95%e3%80%80%e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%ae%e4%bb%95%e6%96%b9/
ホームレスになりました http://ichizoku.net/daily-life/20160621/%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%83%ac%e3%82%b9%e3%81%ab%e3%81%aa%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%97%e3%81%9f/#comment-1517
トヨタaa種類株式のバリュエーションのまとめ http://ichizoku.net/fixed-income/20150706/toyota-aa-class-shares-valuation/#comment-1516
エキゾ http://www.ichizoku.net/
トヨタaa種類株式のバリュエーションのまとめ http://ichizoku.net/fixed-income/20150706/toyota-aa-class-shares-valuation/#comment-1515
デリバティブ http://ichizoku.net/./derivatives/
ドケチ列伝 http://ichizoku.net/./eco-life/
人生設計 http://ichizoku.net/./my-ideology/
債券投資(為替・金利・クレジット) http://ichizoku.net/./fixed-income/
小さな贅沢・観光 http://ichizoku.net/./luxury/
未分類 http://ichizoku.net/./%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e/
株式投資 http://ichizoku.net/./equity/
生活・その他一般 http://ichizoku.net/./daily-life/
読書 http://ichizoku.net/./books/
音楽、趣味など http://ichizoku.net/./hobby/
ログイン http://ichizoku.net/wp-login.php
投稿の rss http://ichizoku.net/feed/
コメントの rss http://ichizoku.net/comments/feed/
wordpress.org https://ja.wordpress.org/
« 9月 http://ichizoku.net/2016/09/
flythemes http://flythemes.net/
https://twitter.com/exo_ichizoku

Zdjęcia

Zdjęcia 44
Zdjęcia bez atrybutu ALT 0
Zdjęcia bez atrybutu TITLE 44
Korzystanie Obraz ALT i TITLE atrybutu dla każdego obrazu.

Zdjęcia bez atrybutu TITLE

http://i2.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/09/kindle-shop-jp.png?resize=744%2c351
http://i0.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/09/chungking01.jpg?resize=450%2c338
http://i0.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/08/brisbane.png?resize=744%2c1126
http://i2.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/08/brisbane-mooloolaba.jpg?resize=744%2c355
http://i0.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/08/buta-shogayaki_c.jpg?resize=400%2c286
http://i2.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/08/ushisan.jpg?resize=600%2c395
http://i0.wp.com/ecx.images-amazon.com/images/i/41718r7avql._sl160_.jpg?w=810
http://i0.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/07/drone-01.jpg?resize=335%2c220
http://i0.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/07/drone-02.jpg?resize=259%2c195
http://i0.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/07/drone-03.png?resize=640%2c358
http://i1.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/07/makerfairea_009.jpg?resize=700%2c466
http://i2.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/06/win_20160622_11_16_36_pro.jpg?resize=744%2c419
http://i0.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/06/win_20160622_11_17_08_pro.jpg?resize=744%2c419
http://i0.wp.com/www.ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/06/hong-kong-desktopsky-744x465.jpg?resize=744%2c465
http://i1.wp.com/ichizoku.net/wp-content/uploads/2016/06/option-pnl-surface.jpg?fit=706%2c433
http://i2.wp.com/www.ichizoku.net/fujisawa.jpg?resize=690%2c388
http://i2.wp.com/www.ichizoku.net/chigasaki.jpg?resize=690%2c388
http://i1.wp.com/www.ichizoku.net/samukawa.jpg?resize=690%2c388
http://i1.wp.com/www.ichizoku.net/yakuyoke.jpg?resize=690%2c388
http://i0.wp.com/www.ichizoku.net/tamatsuka.jpg?resize=305%2c305
http://i0.wp.com/www.ichizoku.net/monica-bellucci02.jpg?resize=275%2c183
http://i1.wp.com/www.ichizoku.net/gov-bond-interestrate-chart_c.jpg?resize=690%2c424
http://i2.wp.com/ecx.images-amazon.com/images/i/51vvccagqtl._sl160_.jpg?w=810
http://i2.wp.com/www.ichizoku.net/rwanda.jpg?resize=274%2c184
http://i2.wp.com/www.ichizoku.net/madeleine-korbel-albright.jpg?resize=246%2c205
http://i2.wp.com/www.ichizoku.net/kurd-map.jpg?resize=587%2c446
http://i0.wp.com/www.ichizoku.net/yokohama-yama.jpg?resize=690%2c388
http://i1.wp.com/www.ichizoku.net/yokohama-numa.jpg?resize=690%2c388
http://i2.wp.com/www.ichizoku.net/yokohama-shindo.jpg?resize=690%2c388
http://i0.wp.com/www.ichizoku.net/yokohama-saka.jpg?resize=690%2c388
http://i1.wp.com/www.ichizoku.net/yokohama-top.jpg?resize=690%2c388
http://i1.wp.com/www.ichizoku.net/yokohama-top2.jpg?resize=690%2c388
http://i2.wp.com/www.ichizoku.net/john-travolta-pulpfiction-01.jpg?resize=800%2c403
http://i1.wp.com/www.ichizoku.net/kl-berger-king.jpg?resize=690%2c388
http://i1.wp.com/www.ichizoku.net/mia-wallace-pulpfiction-06-basis-swap.jpg?resize=719%2c274
http://i0.wp.com/www.ichizoku.net/leniwithadolf_c.jpg?resize=690%2c518
http://i1.wp.com/www.ichizoku.net/mah%c4%81kassapa.jpg?resize=218%2c231
http://i2.wp.com/www.ichizoku.net/adi-shankara.jpg?resize=315%2c160
http://i2.wp.com/www.ichizoku.net/taiwan-sceience-park.jpg?resize=640%2c426
http://i1.wp.com/www.ichizoku.net/mia-wallace-pulpfiction-05-xiaomi.jpg?resize=640%2c360
http://i0.wp.com/www.ichizoku.net/amadeo-peter-giannini.jpg?resize=236%2c300
http://i0.wp.com/www.ichizoku.net/nouriel-roubini.jpg?resize=500%2c713
http://i2.wp.com/www.ichizoku.net/giulio-tremonti_c.jpg?resize=500%2c333
http://i2.wp.com/www.ichizoku.net/arcade-money-changer.jpg?resize=596%2c557

Zdjęcia bez atrybutu ALT

empty

Ranking:


Alexa Traffic
Daily Global Rank Trend
Daily Reach (Percent)









Majestic SEO











Text on page:

投資一族のブログ デリバティブ駆け込み寺サイト。エキゾチック・アジア関連デリバティブだけでなく、来るべき日本版バーゼルⅢ対応、自己資本比率規制、tier1証券、cocos、もしくは新株予約権付社債、ライツイシュー関連でお悩み、ご相談のある方はツイッターにてpmください。 menu デリバティブ ドケチ列伝 人生設計 債券投資(為替・金利・クレジット) 小さな贅沢・観光 株式投資 生活・その他一般 読書 音楽、趣味など my blog 本が切れた、ついにキンドル始めました 2016-09-14 | コメントはまだありません | ドケチ列伝 本とタバコと酒。これらがない状態で過ぎていく時間が多いほど、損した気になる。ネットと水と食料ほど重要ではないものの、豊かな生活に本は必須アイテムだ。 ホームレス生活4~5か月、本の在庫を持って移動するのは重く、新規購入を控え、ブログで書評を書くのもやめ、高速で読んでいたら、やはり4~5か月で20冊ほどの在庫をすべて読んでしまい、読んでは捨て、読んでは捨てを繰り返し、ついに本がなくなってしまった。捨てたら罰が当たりそうな岩波の「マルクスの資本論」 1/8、2/8の2冊だけが残されている。 キンドルpc版をインストールして、とりあえず、友人がすすめてくれた本を検索。 おっ! あるじゃないか? ん?? ショックだ・・・。あまりにもショックだ・・・。さっそくチャットで質問してみたら… お問い合わせ内容: 石黒耀 死都日本 という本がキンドルで見つかりました。今、香港なのですが、「あなたの国では利用できません」と出ています。仮に日本で買ってダウンロードして、香港に移ったら読めなくなってしまうのでしょうか? 06:47 pm jst 大久保(amazon): お問い合わせいただきありがとうございます。amazonカスタマーサービスの大久保でございます。 06:48 pm jst 大久保: このたびはkindle本のご利用について、ご心配やご不便をおかけしておりますことをお詫び申し上げます。 06:48 pm jst 一族エキゾ: とりあえず、キンドル端末ではなく、pc版で様子を見ております。 06:49 pm jst 大久保: 現在香港とのことで、海外からのご利用でのお話となるかと存じます。この場合、より高度な知識のある部署からのお話が必要となるため、内容を引き継いでこのチャットをお繋ぎいたします。 恐れ入りますが、少々このままお待ちください。 06:49 pm jst 一族エキゾ: やっかいな質問で申し訳ありません。よろしくお願いいたします。 06:50 pm jst 大塚(amazon): お待たせいたしました、担当代わりまして大塚と申します、よろしくお願いいたします。 06:51 pm jst 一族エキゾ: はい。今、香港なのですが、時折、シンガポール、タイ、インドネシア、中国、フィリピン、日本などを移動しております。どこなら買えて、買ったものが国によっては読めなくなることを心配しております。 06:52 pm jst 大塚: amazon.co.jp で販売されている多くのkindle本の販売権には、地域の制約等があるため、現在は、日本国内のお客様にのみ提供しております。 06:52 pm jst 一族エキゾ: わかりました。では日本に行った時に買います。一度買ったものはどうなるのでしょうか? 06:53 pm jst 大塚: はい、日本国内在住時にamazon.co.jpからご購入いただいたkindleコンテンツは、海外へ移動後でも、クラウドからいつでもダウンロードできます。 06:53 pm jst 一族エキゾ: 素晴らしい。 でもamazon.co.jpで提供しているものは海外からは、どこの国であっても、買えないということですね? 06:54 pm jst 大塚: はい、申しわけありませんが、現在そのような制限がかかっております。 06:54 pm jst 一族エキゾ: 販売権に依るのか。ほとんどの書籍の販売権は日本に帰属すると。勉強になりました。理解しました。ありがとうございました。 06:55 pm jst 大塚: とんでもございません。ご不便をおかけしておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。 現時点でその他ご不明点はございますか。 06:55 pm jst 一族エキゾ: ではついでにもう一つ。一つのアカウントでいくつかの端末が利用できると聞いております。 06:56 pm jst 一族エキゾ: 例えば、pc aで日本で購入します。香港でキンドル端末を新しく購入し、そのアカウントにアクセスした場合、同じアカウントなら買った本はクラウド経由で読めるのでしょうか? 06:58 pm jst 大塚: はい、おっしゃっていただいた方法であれば、ご購入いただいたkindle端末で、購入したkindleコンテンツがご利用いただけます。 06:58 pm jst 一族エキゾ: 一つのアカウント、何個の端末まで行けますか? 06:59 pm jst 大塚: 一つのアカウントに対して、端末登録台数に制限はありません。 ただ、一つのkindleコンテンツを同時に配信出来るのは、基本的に6台までとなっております。 07:00 pm jst 一族エキゾ: そんなにできるんですね。壊れた場合にはどんどん追加して、壊れた端末では受信しないから問題ないと。よくわかりました。迅速なご回答ありがとうございました。 07:01 pm jst 大塚: 恐れ入り。その他は気になる点などございますか。 07:01 pm jst 一族エキゾ: いいえ、ありません。どうもありがとうございました。 07:01 pm jst 大塚: こちらこそありがとうございます。それではこのたびのご案内は以上となりますので、このままウィンドウ右上の「チャットを終了」から画面を閉じて、チャットを終了してください。 その他ご不明な点がございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください。 07:01 pm jst 一族エキゾ: はい。 すごーい。このタイムスタンプわかりますか? 超クイックレスポンス。対応も見事ですね。さすが天下のアマゾン。時価総額top10入りも納得だわ。キンドルって客層良さそうだよね。ある先輩曰く「バカは本を読まない」。だからスタッフさんのレベルも高い。ブルームバーグのヘルプデスクのロンドン時間にいる日本人もかなり優秀だったが、アマゾンのスタッフもなかなかすごい。 日本からじゃないと買えないんだー。まー、端末6台も行けちゃうなら、実質、「日本に帰らずとも」適当な端末で買わせれば、好きなタイミングで買って読めるということだ。 あれ? でもこの時間、日本時間で表示されているな。アマゾンはグローバル企業なんだけど、amazon.co.jpはドメってる表れの一つ。なんでもグーグルはサーバーを世界中にばらまき、専用線を引いているので、ジャカルタからでもクイックだが、amazon.co.jpにジャカルタからアクセスすると超遅いらしい。今度ジャカルタで実験してみよう。アマゾン、時価総額1位になるには、そういう発想が必要だぞw 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in ドケチ列伝 leave a comment 香港ドルの残高がわずかになってしまった 2016-09-08 | コメントはまだありません | 債券投資(為替・金利・クレジット), 未分類 9月末からジャカルタに遊びに行くので、インドネシアルピアの資金調達をしに、長慶大廔に行ってきました。まずは銀行でhkdをおろしてっと…。ついでに残高チェックを…、ムムッ、残高がかなり少ない。まだ大丈夫だが、次に香港に戻ってきたとき、確実に資金ショートだなぁ。とはいえ、同銀行にusdがもっさりあるはずなので、それを香港ドルにすればいいし、中国にも、もっさりと元預金があるから困りはしないのだが…。 chongking 久しぶりの長慶大廔。まずは、前回、オーストラリア旅行の残金を換金する。私一人なら計画的にこういったことは起こらないのだが、投資一族のルールでは、「旅行代は出してやるがお土産の概念は俺には無い。だからお土産代は自分の小遣いから捻出せよ。」ということになっている。さらに、「現地通貨は俺がその日のスポットで売ってやる。余ったら最終日に俺が買い取ってやる」というルールもあるので、彼らが過大なお土産金額を要求してきて、案の定、そんなにお土産を買うわけもなく、余らしてしまったのだ。ただ、俺も甘くない。最終日にもスポットで買い戻してやるとは言っていない。過大要求の罰として2円抜きだ。 audに対する現地通貨への交換のスプレッドは、シンガポールのアーケードは0.3%程度(midから)だったスプレッドも香港では1.0%(midから)と広い。わー、財布の中のhkdがさらに増えたーw そして、次はidr(インドネシアルピア)と。ん? inr(インドルピー)はあるけど、idrを扱っている店がほとんどなく、スプレッドは5%もある! 一物多価は許せん!  やっぱり香港は東アジア、そしてシンガポールはaseanなんだなー。 と改めて思う。シンガポールのアーケードでもidrのスプレッドはあまりタイトではなく1%弱は確実に取られるのだが、いくらなんでも5%も払うと、「スプレッド払えない病」が発症するか、「スプレッド払えない教」の経典に反するので無理。 これならば、スカルノハッタ空港の両替商でやったほうが得だ。あるいはブロックmのplaza blok mの4fにある両替商もなかなか良い値段なので、そちらでやっても良い。その際にhkdだとスプレッドが広そうだからusdに替えておこう。 3000usdくださ~い。 香港はカレンシーボード制という強固な固定相場制なので、97年アジア通貨危機の際でも「hkdの為替レートは微動だにしなかった」ほどの安定性を持つ。ちょっと嘘か、通貨アタックを受けるとhkdは確かに動かないのだが、金利が上がるので、不動産と株が大暴落して大変だったんだがな。ま、それはどうでもよくて、固定相場制なので、hkdusd間のスプレッドは0.1%とタイトだ。ここでhkd->usdにしておいてから、インドネシアにおいてusd->idrを取引すれば効率が良いだろう。 アジア通貨 ~hkd 通貨発行差益(シニョレッジ) すなわちインドネシアの両替商でusdのスプレッドが香港ドルのスプレッドより0.1%以上タイトであれば俺の勝ちだ。一応、現地で確認するが、0.5%くらい違いそうと予想している。hkdがusdとスプレッド変わらないってことはあり得ないので負けは無いな、うんうん。 そして、財布の中のhkdがほとんど無に帰した。 そんなことを思いながら、帰りはフェリーで帰ろう~っと。香港島100万ドルの夜景を30円で楽しめるフェリー。好きなんですよ。夜景じゃないし、今日は一人なんだけど、乗って帰ろう。なんて尖沙咀の海沿いを歩きながら、ふと・・・、 ん~~~! 俺はとんでもないミスを犯している! 気づいた人いるかな? これは循環取引だ。いや、将来的な循環取引を引き起こす、必負法だ! (注:これ僕の造語なんですが、読みはヒツマケホウが好ましいです) 俺は香港ドルが近い将来ショートするからドルを売って香港ドルにする予定だったんだ。なぜ香港ドルを売ってusdを買ってしまったんだろう? 銀行窓口に行って、余っているusdを下せばよかったんだ。ああ、3000ドルの0.1%×2=6usdも無駄に使ってしまった。 別に今すぐに香港ドルに換金する必要が無いので、戻ってくるまでの相場変動で、香港ドルが安い時に買い戻せば0.1%のスプレッドなど…という言い訳も、香港ドル=カレンシーボード制では、通用しない。0.2%もhkdが動いたら大ニュースになるくらい絶望的だ。 憎い憎いッ! カレンシーボード制が憎いッ! くやしいのぅ~くやしいのぅ~ もうええわー、フェリー止めた。電車で帰ろう…。 ※計算間違いで、長慶のusdhkd取引のask/bidスプレッドは2%もある。hkdにスプレッドなんてあるわけないという固定観念で1桁間違えてしまったようだ。だが、私が取引した方向、hkd売りのusd買いに関してはスプレッドがほぼゼロ。インターバンク7.756に対して、長慶が7.755なので、インターバンクより良い値段w なのだが、その逆のusd売りに関しては長慶は7.6がベストビッドということだ。銀行で確認すると、銀行の取引値はミッドに対して対称で、7.718/7.793となっており、usd買いは長慶、売りは銀行ということを覚えておくとよいだろう。 つーかねー、audに関しても、長慶マンション、全然値段よくねーわ。銀行で交換した方がいい。 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 債券投資(為替・金利・クレジット), 未分類 leave a comment すべてが逆のオーストラリア、行ってきました 2016-08-29 | コメントはまだありません | 小さな贅沢・観光 aud(オーストラリアドル)、今まで一体いくら取引してきたのだろう? エクスポージャーとして大きく取ったことは無いが、日本にいるときから、割引債、ddbの類を継続的に取引していて、累計取引金額はそれなりの金額になるはずだ。割引債の複利効果が好きでね。余計な細かいクーポンが来ないのが、めんどくさくなくてよい。fxの毎日のスワップポイントで喜んでいる人たちとは、根本的な思想が違うのを感じるわ。今は債券取引を止めているので保有残高はゼロだが、為替先物で「疑似的」に保有している。しかし、2016年?から、利付債の途中売却の譲渡益も課税対象になったらしいなぁ。う~ん、これは日本における債券投資には激震だと思うのだが、みんなどうしているんだろうか…。 さて、今回初めて、さんざん取引してきたaudの実物キャッシュを手にした。だが金額が小さすぎて、フィジカルセトル感がなく、特に何も感じなかった。残念。 オーストラリアも事前登録ビザetaが必要。即時発行なので、空港でwifiがつながるなら着いてからやっても間に合いそうだ。無審査で即時発行するなら、空港でカネだけ取ってやってくれれば良いのに…、と疑問に思うだろう? 後に語るであろう、オーストラリアに対する「違和感」事象の一つなので、最初に書いておこう。 香港やシンガポールに住んでいて、オーストラリアに行くと、あまりに対照的なので、色々な所で違和感を感じる。 香港・シンガポール:狭い、人が多い、安い人件費はいくらでも輸入できる、非農業国、資源は無い。 対するオーストラリア:広い、人が少ない、人件費は高い、農業国、資源国。ついでに南半球で季節まで逆転だw おそらく安い人件費は輸入しているが、農場や炭鉱が主で、街中のサービス業では見受けられなかった。いかに少ない人で、運営するかという工夫が至る所でされている。ビザの無審査なのに、空港でetaを対応しないのも、その政策の影響であろう。 「入国審査は厳し目で、特に食べ物・生き物、靴についた土にまで、いちやもんをつけてくる」、と聞いていたのだが、メルボルン入国だったのだが、そういった嫌な感じは特になく、スムースに入国することができた。外国人観光客なのに無人ゲート、パスポートを突っ込むとゲートが開く。ほら、ここでも、無人化による運営でしょ? シンガポールの空港でウイスキーを買っていこうかと思ったのだが、そこでも、免税店の販売員に「一応、1ボトルまでokなんだけど、経由便の場合、大丈夫かなー?あんまりお勧めしないなー。」と言われ、なーんか嫌な感じだなー、と思ったが、そういったこともなく。メルボルン入国し、免税店でウイスキーを買ったところ、「国内線の場合は、ウイスキー1リットル瓶の機内持ち込みまでできる」ようで、日本と同じ緩さで意外だった。ただし、タバコは異様な値段だ。免税店をもってしても1カートン 108aud。今まで見た中で記録的に高い。しかも、免税店でもパッケージを見せる形ではおいておらず、ロッカーの中にしまわれており、銘柄を知っていないと買うことができない。タバコ撲滅キャンペーンだな。こりゃ、どんなに良い所でも、タバコをやめない限り、相当に住みにくい。ただ、その割に、ブリスベンの町中至る所に灰皿はあり、喫煙者も少なくない印象だ。タバコの持ち込みは「50本」まで非課税だ。この非課税枠を活かすしかない。 ブリスベンとゴールドコーストに行ったのだが、ブリスベンの空港から、ブリスベン市内中心部、ブリスベン・セントラル駅から徒歩圏のホテルまで、タクシーで30~40分、40~50ドル程度。外国人運転手っぽいが、ナビでアドレスを入れて、その通りに運転しているので、ぼったくりの印象は無い。 ホテルのロビー、これかなり強烈。 ブリスベンとゴールドコースト、2つのホテルに泊まったのだが、両方ともフロントが24時間対応ではない。故に入り口は、夜間から朝にかけてロックされている。これ、深夜・早朝到着便だったらどうするんだろう? そもそも飛行機も深夜・早朝到着便が存在しない? ホテルに荷物を預けても引換券をくれない。フロントの横に置いておくだけだ。だから夜をまたいで荷物を預けるのは危険すぎる。夜はまたいでいないが、昼間の間、ロビーの横にただ置いてあるだけ。もし誰かが「自分のものだよ」って顔して持って行ってしまったら、どうするつもりなんだろう? 勤務時間が短く、ホテルのフロントが変わらないならば、どの荷物がどの客のものか、フロントの従業員が覚えていて問題ない、ということなのだろうか? ちなみにホテルのエレベーターに閉まるボタンはなかった。香港の場合、2階以上のフロアには、「下り」ボタンしかないことがあるが、アジアで閉まるボタンがついてないと発狂してしまう奴が頻発しそうなだけに、のんびりとした国民性を感じる。 シムカード optus シムカード、2ドルと10ドルがコンビニで売っている。電話できるがネットできず。apnの設定が必要なのにどこにも書いてない。電話して聞いても答えられない。結局、近所のyes optusに行き、解決した。一日500mb上限で2ドルかかるらしい。ただ、3日くらいで切れたので、それを越えて使うと追加で取られているのだろうか? 2ドルのシムも売っているが、チャージ用ではなく、これまたシム。activationの設定全部やり直さないと使えない。しかも、データ通信はできない。データ通信はミニマム10ドルのチャージが必要だそうだ。「じゃあ、売んなよ、馬鹿ヤロウ、買っちまったじゃないか!」と思うのは私だけ? 電車 電車、ネット上の路線図(緑のライン)が途中で切れてる。続きの路線へのリンクもない。 「gold coastのflorida gardensに行きたいんだが、どうやって行くんだ?」と聞いたら、「フロリダはアメリカだ」と言われた。「この路線図の一番下に乗っている駅名だ!」 後にわかることだが、路線図をよく見ると、gold coastには路面電車があり、長距離鉄道とはつながっていない。でもさ、まったく関係なくてつながってないなら、今度は逆に載せるなよな~。 ネットで調べると電車一本で行けると書いてあるのだが、実際には直行電車の数は非常に少なく、途中で止まって、バスが速いということでバスに乗り換えが必要だったりする。 ブリスベン以外の駅はほとんどが無人駅。 電車のドアはボタンで開ける田舎電車スタイル。 チケットがゾーン制は聞いたことあるが、ゾーン制+時間制限あり。 ブリスベン行きたいんだけど、どのバス?と聞いたら、「34」と答えた。これバスの番号ではなく、なんと来る時間。田舎だから本数少ないから時間で答えてるのよ。 路線を全部書ききらないのは、鉄道がオーストラリア東海岸全体に広がっていて、きりがないからであろう。 私が混乱し、首をかしげているのが、伝わりますか?  共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 小さな贅沢・観光 leave a comment 食と文化の謎 3/7~おぞましき豚 2016-08-15 | コメントはまだありません | 読書 豚肉嫌悪はどう考えても牛肉嫌悪よりももっと非合理的に思える。すべての家畜の中で、豚は、植物を肉に変える速度と効率でもっとも大きい潜在能力を持っている。一生の間、豚は、餌に含まれるエネルギーの35%を肉に変えることができる。これに比べて、羊は13%、牛に至ってはわずか6.5%にすぎない。 豚に対する恐れと嫌悪の根拠を、いわば自明な豚の不潔さに求めることは、少なくとも12世紀にエジプトのイスラム王朝サラディン王につかえた宮廷医ラビ・モーゼス・マイモニデスの時代にまでさかのぼる。「豚の口はその糞とおなじくらいきたないから」 豚の排せつ物趣味は、豚の悪しき本性の故ではなく、ご主人様の買い方に問題があるのだ。排泄物を食べるのは、他にもっと良いものが無い時だけである。豚を動物の中で最も汚いものと非難しながら、他のくそを食べる家畜に対する寛大な態度については何も説明していない。ニワトリもヤギも、動機と機械がありさえすれば、やはり糞を食べる。犬もまた、人糞に対してたやすく食欲モリモリとなる家畜だ。豚肉忌避に関するマイモニデスの公衆衛生理論が科学的に正当性らしきものを獲得するには、その後700年待たねばならなかった。1859年に寄生虫のセンモウチュウと生の豚肉の関係が医学的に初めて立証され、それ以来、これがユダヤ教とイスラム教の豚肉タブーに対するもっともポピュラーな説明となった。 旧約聖書には、食べてよい肉と禁じられた肉を区別する定則が、かなりくわしく書かれている。その定則は、習性の不浄性や肉の健康に対する有害性については何も言っていない。そのかわり、食べてよい動物の解剖学的、生理学的な、ある特徴に注意を向けている。レビ記11・1は次のように言っている。 動物のうち、すべての蹄のわかれた、偶蹄のもの、そして反芻するもの、それらは食べることができる。 なぜ豚は食べるに良くないとされているかを説明しようと本当に思うなら、一言も言われていない排泄物や有害性ではなく、この定則を出発点にしなければならない。レビ記は続いて、豚はその定めの半分しか満たしていない、とはっきり言っている。つまり、「それは蹄がわかれている」。しかし、定めのもう半分は満たしていない。「すなわち、それは反芻しない」。 反芻動物の並外れたセルロース消化能力は、中東では人間と家畜の関係にとって極めて重要な意味を持っていた。「反芻」できる動物の飼育によって、イスラエルの民とその周辺の人々は、人間消費用の作物と家畜と分け合わずに肉とミルクを得られたのだ。牛・羊・ヤギは、草、ワラ、干し草、切り株、灌木、木の葉などを食べて大きくなる。それらはセルロースをたくさん含んでいるため、どんなによく煮ても人間が食べるには適さない。反芻動物は、食物をめぐって人間と競合するどころか、肥料としての糞とスキをひく牽引力を提供することによって、農業の生産力をさらに高めた。 豚は雑食動物だが、反芻動物ではない。実際のところ、消化器官、必要な栄養分に関して、豚は、猿と類人猿以外のどの哺乳動物より、人間によく似ている。それが、アテローム性動脈硬化症、カロリー・蛋白質不足症、栄養物吸収作用、新陳代謝などに関する医学研究に豚がよく使われる理由なのだ。 豚は中東の気候と生態環境に合っていないという、もう一つのハンデキャップを追っている。豚の体温調整システムは、暑くて、陽であぶれられるようなところの生活には全く適していない。しかし、そういう所がアブラハムの子供たちのホームグランドであったのだ。汗かきの人間は「豚のように汗をかく」といわれるが、この表現は解剖学的根拠を欠いている。豚は汗をかけない-汗腺をもっていないのだ。豚はよく汗みずくになっているが、それは外部から取った水分で身体を濡らしているためである。ここに、豚が泥の中で転げまわるのを好む理由がある。豚は転げまわることによって皮膚からの蒸発作用と冷たい地面からの伝導作用で熱を発散する。泥の冷却効果は水より勝っている。 こういったマイナスをすべて相殺するには、豚は反芻動物に比べて、あたえてくれるベネフィットがあまりに少ない。豚はスキを引けず、その毛は繊維や布に向かず、そのうえ乳用に適さないからだ。豚は肉以外ほとんど役に立たない唯一の大型家畜である。ニワトリは肉だけでなく卵も産む。 レビ記は、反芻しないすべての陸上脊椎動物を徹底して禁じている。禁じられているものは、豚の他に、馬、猫、犬、ネズミ、爬虫類があり、これらはどれも反芻動物ではない。しかしレビ記の記述は、頭が変になりそうなほど複雑である。レビ記が特別に反芻動物と認定した三種類の動物も、食べるのを禁じられている。それは、ラクダと野ウサギ、そして三番目の動物はヘブライ語でシャーファーンである。これら名指しにされた三種の反芻動物が食べるに良くない理由は、「蹄がわかれて」いないから、と書かれている。 レビ記の食物規則はそれまでにあった伝統的な食物偏見と忌避を、ほぼそのまま成文化したものである。レビ記は紀元前450年まで文字に書かれなかった。これはイスラエルの歴史では非常に遅い時期である。おそらくレビ記の著者たちは、食べるに良い陸上脊椎動物が共通に持っているなんらかのわかりやすい特徴を見つけ出そうとしていたのだろう。レビ人が動物学の知識をもう少し持っていれば、反芻と言う基準の身を使い、ただ「ラクダを除く」と但し書きを付け加えるだけで良かったのだ。ラクダ以外のレビ記ではっきりと禁止されているすべての陸上動物-ウマ科、ネコ科、イヌ科、げっし類、ウサギ、爬虫類-は非反芻動物なのだから。しかし、動物学の知識に不安のあった法典編纂者たちは、ラクダだけが望ましくない反芻動物であるのか自信を持てなかった。そこでかれらは蹄が割れているという基準を加えたのだ。この特徴は、ラクダには欠けているが他の身近にいる反芻動物は備えていた。ラクダは蹄のかわりに、各足に二つのよくまがる、大きな指を持っている。 しかし、ラクダはなぜ望ましくない動物なのだろうか。ラクダが砂漠の環境に極めてうまく適応していることの反映であると考える。水を貯え、暑さに耐え、重い荷物を長距離運ぶという素晴らしい能力を持ち、しっかり閉じて砂嵐から守る長いまつげと鼻孔をもつラクダは、中東の砂漠地帯の遊牧民にとって最も重要な財産だった。しかし定住農耕民であるイスラエルの民はラクダをほとんど利用しない。砂漠以外のところでは、羊・ヤギ・牛の方が、ずっと効率よくセルロースを肉とミルクに変える変換器である。それにラクダの繁殖は極めて遅い。雌はなかなか子を埋めるようにならないし、雄も6歳にならないと交尾できない。そのうえ、雄の発情期は年に一度であり、また妊娠期間が12か月かかることが繁殖をさらに遅くしている。ラクダの肉もミルクも、古代イスラエル人の食糧に占める割合はごくわずかだった。アブラハムやヨセフのようにラクダを持っていた少数のイスラエル人も、砂漠を横断する時の運搬手段としてのみラクダを利用していたと思われる。 このような解釈は、イスラム教徒がラクダの肉を食べることを考えると説得力が増す。コーランでは、豚肉は特別に禁じられているが、逆にラクダの肉は特別に許されている。砂漠に住むイスラム教徒遊牧民ベドウィンの全生活様式は、ラクダを基盤にしていた。ラクダは彼らの主要な運搬手段であり、また、おもにミルクを取ることで主要な動物性食物源となっていた。ラクダの肉は日常食ではなかったが、ベドウィンは砂漠を旅する間、いつもの食糧がなくなってしまうと、非常食としてラクダを殺さなければならないことがよくあった。もしイスラム教がラクダの肉を禁止していたら、巨大な世界宗教になることは決してなかっただろう。アラビアの中心地を征服することも、ビザンチン帝国やペルシャ帝国を攻撃することも、そしてサハラ砂漠を越えてサヘル地域や西アフリカに到達することもできなかったに違いない。 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 食と文化の謎 2/7~牛は神様 2016-08-14 | コメントはまだありません | 読書 動物の肉は非常に栄養豊かなのだから、どの社会でも手にいられる限りあらゆる種類の肉が、貯蔵庫に蓄えられていると思うであろう。ところが実際には、全く逆のことが多い。世界中で肉に豊富に含まれている蛋白質、カロリー、ヴィタミンに対してすさまじいまでの欲求を示す同じ人々が、特定の種類の肉に限っては食べるのを拒否する。肉が栄養豊かであるなら、なぜ、それほどの多くの動物が食べるのに悪いものとされるのだろうか。インドを例に上げれば、さまざまな非合理的な食慣行のなかでもっとも有名なもの、牛を殺すこととその肉を食べることの禁忌がそうだ。 ヒンドゥー教の歴史において、牛の保護が常に中心的な問題であったわけではない。ヒンドゥー教の最古の聖典ーリグ・ヴェーダーは、紀元前1800年から800年にかけて北インドを支配していた牛を飼う農耕民ヴェーダ人(当時のアーリア人)の、神々と慣習に対する賛歌である。ヴェーダの時代におけるブラーマン階級の宗教的義務の中心は、牛の保護ではなく、殺牛だったのだ。ヴェーダ人は、動物の供犠と盛大な肉祭を同時に行ったヨーロッパと南西アジアの戦士・牧畜民の一つだった。儀式の時、ヴェーダの戦士と祭司は、ケルト人やイスラエルの民と同じように、忠誠に対する物質的褒賞として、また富と力の象徴として、臣下、従者たちに肉を気前よく分け与えた。村、地域全体がこの肉を食べる饗宴に参加した。 それぞれの儀礼に適切な牛の大きさ、形、色について、ブラーマン祭司が払わなければならない注意は、類似の古代イスラエルの供犠に関してレビ記に詳しく指示されているものと非常によく似ている。ヒンドゥー教の聖典で上げられている動物には次のものがある。額に白い斑点のある、角のたれた、去勢してない雄牛。足の太い成熟した雌牛。不妊の雌牛。流産したばかりの雌牛。三歳の、背こぶのない、小柄な、若い雌牛。黒い成熟した雌牛。二色の成熟した雌牛。そして、赤い、成熟した雌牛。このことからヴェーダ人は牛を他の動物以上によく犠牲にささげたし、紀元前1000年期の北インドでは牛肉が最もよく食べられる肉であった、と推測できる。 そのような、おしみなく牛を殺しその肉を食べる時代は、やがて、ヴェーダ人の首長たちが、もはや大量の牛の群を富の象徴として蓄えておけなくなるとともに、終わった。森林が縮小し、牧草地にスキが入り、それまでの半牧畜生活様式は、集中的な農耕と酪農に変わった。この変化は、単純なエネルギー関係に裏付けられていた。肉食を制限し、そして酪農と小麦、雑穀、レンズ豆、エンドウ豆、その他の作物の栽培を中心にすることによって、それまで以上に多くの人間が食べていけるようになったのだ。穀物を動物に食べさせ、その肉を人間が食べた場合、カロリーの9/10、蛋白質5グラムのうち、4グラムが失われる。酪農はこの損失をかなり減らすことができる。現在の乳牛が資料をカロリーに変える効率は、同じく現在の肉牛が資料を食肉と言うカロリーに変える効率の5倍である。また乳牛は肉牛の6倍の効率で資料を食用蛋白質にかえる。 人口密度が低い間は、未開墾地の草を牛に食べさせることができたし、一人当たりの牛肉生産を高いレベルに保てた。だが、人口密度が高くなるとともに、牛は人間と食物を取り合うようになり、やがて牛の肉はコストがあまりに高くつくものになって、首長たちは牛肉食を伴う公開供犠で、それまでのように気前よく振る舞えなくなった。しだいに人間に対する牛の割合が減り、それとともに牛肉の消費量も、とくに低いカーストでは少なくなった。しかし、そこにジレンマがあった。牛を全くなくすわけにはいかなかったのだ。農民はスキをひかすための牛を必要とした。スキは北インドに多い固い土壌を耕すのに必要だった。事実、ガンジス川流域平原の開墾に牛をひかせたスキを使い始めるとともに、人口の増加と、広く肉食一般、とくに牛肉食の中止も同時に始まったのである。もちろん、社会の全階級が同時に牛肉を食べる慣習を止めたのではない。特権階級のブラーマンとクシャトリアは、一般人を招いて喜びを分かち合うことができなくなったずっと後も、あいかわらず牛を殺し、牛肉を腹いっぱい食べていたのである。 現在のインドおよび他国の企業家たちは、インドの「過剰」家畜を肉にして、外国、とくに石油で懐の豊かな、肉を欲しがっている中東の国々へ売れない物かと、しきりに狙っている。だから、ヒンドゥーの牛肉忌避は、インド産牛肉の大規模な国内市場あるいは国際市場の発達を阻止するのに役立ち、同時に、典型的な小規模農家を破産や土地を失うことから守っているのだ。もし足かせが説かれて大規模な牛肉市場が発達したら、インドの牛の価格は必ずや国際的な牛肉価格のレベルまで引き上げられるだろう。そうなれば家畜飼料はもっぱら牛肉生産用に使われてしまい、小規模経営の農民たちは農耕用の牛を飼ったり借りたり買うのが次第に難しくなるだろう。そして年々増加する人間にではなく家畜飼育に土地を振り向けるようになると、一握りの商人や富農が利益を独り占めし、残りの農民たちは生産、消費ともに低いレベルに落ち込んでいくに違いない。 牛を殺してはならないという戒律はあるものの、ヒンドゥー教徒の農民は、役に立たない牛を計画的にとりのぞいている。つまり、必要と環境条件によって雌牛にたいする雄牛の割合を巧みに調整しているのだ。現在のインドでは、ヒンドゥー教徒農民は、不要の牛を始末するのに、そのほかもう一つの方法を用いている。イスラム教徒の商人に売るのである。かれらは村からそういう牛を引き取り、地方の市で売る。それらの牛の多くは、最終的には合法的に、そうでないばあいは牛を殺すことを宗教的に禁じられていないほかのイスラム教徒によって、始末され、そのようなイスラム教徒は、結果的に、築牛解体処理業の独占といううまみをえることになる。牛肉と承知の上、またそうとは知らずに「マトン」として、かなりの量の牛肉を買っている。この「マトン」という雑肉表示ラベルは、イスラム教徒とヒンドゥー教徒の間の平和を維持するのに役立っている。ある経済学者によると、インドの7250万頭の牽引用雄牛を維持するには2400万頭いれば十分で、3000万頭の雌牛は過剰であり、それらを殺すか海外に売ることができれば皆の益になる、と断じている。 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 食と文化の謎 1/7~肉が欲しい 2016-08-10 | コメントはまだありません | 読書 本は常に読んでいるのだが、放浪生活の際、あまりに多くの本を持っていると重たくてつらい。4月時点で20冊ほどの本を持っていたが、現在10冊以下に減ってきた。軽くするために早く本を読みたかったので、書評も書くのをやめていたのだが、あまりに面白い本だったので、久しぶりに記録に残しておこうと思う。ヒンドゥーとイスラームの隣同士で、牛と豚を食べてはならないというのは、食料の奪い合い止めるための方便として、合理的な社会規範として成立しうるのではないか? と考えている私に対して、かなり合理的な説明を与えてくれた本でもある。 インドのヒンドゥー教徒が肉を食べず、ユダヤ教徒とイスラム教徒が豚肉を忌み嫌い、アメリカ人が犬のシチューなど考えただけで吐き気をもよおすことを考えると、何を食べるに良いものとするかを決めるポイントは、単なる消化生理学を超えたほかの何かである、と思わざるを得なくなる。 好んで選ばれる食物は、忌避される食物より、コスト(代価)に対する実際のベネフィットの差引勘定の割が良い食物なのだ。つまり、選ばれる食物は、忌避される食物に比べて一般的に、一皿当たりのエネルギー、蛋白質、ビタミン、ミネラルが多いのだ。食物によっては、非常に栄養豊かでありながら、それを作るには多大な時間と労力がかかるため、あるいは土壌や動植物の生活に悪い影響を与えるために、またそのほかの環境問題の理由で、はねつけられるものもある。世界各地の料理にみられる違いは、大部分、エコロジカルな制約と条件に理由を求められ、その制約と条件は地域によって異なることを、本書で明らかにしようと思う。 例えば、肉食中心の料理は、比較的低い人口密度、作物栽培に不向きか必要としない土地に関連がある。逆の菜食中心の料理は、高人口密度に結びついており、地勢、地味と食料生産技術の制約から、食用動物を飼育すると、人間が手に入れられる蛋白質とカロリーの総量が結局は減ってしまうことになるようなところである。このあとわかるように、ヒンドゥー教徒の場合、肉生産はエコロジー的に非実用的で、そのマイナスが肉食の栄養上のプラスをはるかに上回っているから、肉は食べないのである。栄養上のエコロジー上のコストとベネフィットは、貨幣経済上のコストとベネフィットと必ずしも同じではない、ということである。アメリカなどの市場経済では「食べるに適している」は「売るのに適している」を意味し、栄養価値とは別問題の可能性がある。母乳代用品としての乳児用の調合乳の販売は、栄養やエコロジーより収益性が優先される典型的な例だ。 狩猟採集民は、しばしば、しとめた獲物の肉の特定部分を、ときには全部を、食べないで捨ててしまうという行動である。たとえばオーストラリアのピャンジャラ族は、しとめたカンガルーに近づくと、肉に脂肪がどれだけついているか尻尾で調べ、その様子が芳しくない場合は、そのまま捨てていく。また考古学者たちの頭を長い間悩ましてきた問題がある。それは、アメリカの大平原地帯の古代の野牛狩りの跡についてである。殺した野牛の数箇所だけが持ち去られており、おそらくその部分は食べられたと思われるが、その他の部分は、食べられもせずに、倒した場所にそのまま置き去りになっているのだ。この一見不合理で気まぐれと思える行為に対する説明は、狩人たちが脂けのない肉ばかり食べていると餓死する危険があるからということだ。長年エスキモーとくらし、生肉だけを食べて健康を保つすべを学んだヴィルジャルムル・ステファンソンは、そういう食事は肉に脂肪が多い場合にのみ成立する、と警告している。かれは、エスキモーやインディアン、また、アメリカ西部海岸地帯の初期探検者たちの多くが脂けのないウサギの肉を食べすぎたためにかかったと考えられていた症状、つまりかれらが「ウサギ飢餓」と呼んだ現象の生々しい描写を残している。 普通の脂肪量の食事から、急にウサギの肉だけの食事に変えると、最初の数日間、食事の量はどんどん増え、約一週間後には、最初の3倍か4倍食べるようになる。その頃には飢餓と蛋白毒の症状が出ている。幾度も食事をする。食べても食べても空腹を感じる。食べすぎのために胃が膨れて、気持ちが悪くてたまらなくなり、漠然とした不安を覚えるようになる。一週間から10日後に下痢が始まり、脂肪を取らない限り止まらない。数週間後、死が訪れる。 ちなみに、真剣にダイエットしている人なら、この処方箋に、アーウィン・マクスウェル・スティルマン医学博士の、金儲けのうまい、効き目抜群の、しかし非常に危険なダイエットを思い起こすのではないだろうか。このダイエットは、食べたいだけの赤身の肉、鶏肉、魚をいくらでも食べさせ、それ以外は何も食べさせない方法である。この脂肪のないウサギ肉市場を買い占めた最初のダイエットクラブは、今後さらに一層の金儲けをするだろう。 食と文化の謎 (岩波現代文庫) マーヴィン ハリス marvin harris 岩波書店 2001-10-16 売り上げランキング : 181667 amazonで詳しく見る by g-tools 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 最近数年の新しい変化って何がある? ドローンの操縦 2016-07-06 | コメントはまだありません | 音楽、趣味など 消費税が上がりましたってのは、変化かもしれないけど、新しくないですよね。 ビッグデータ? 俺も文字情報では認識してるけど、あなた関係あるの? 時代錯誤指数の確認のための良い質問だと思います。スマートフォンはこの数年で一気に普及し、皆さんの身の回りの代表的な変化だと思いますが、ガラケーやパソコンを持っていた日本人にとって、スマートフォンはどこまで革命的な変化だったのでしょうか? 私はガラケーを使ったことはないのですが、電話機能、e-mail、web閲覧はできていたはずで、ゲームなども充実していたので、スマホとガラケーの差分は、大きな変化ではないと思うのです。 私が主に使っているスマートフォン自体の独自の性能、gps搭載で地図がナビになる程度で、これでも大きな変化ではありません。私にとってのスマートフォンの革新性は、機能ではなく、普及にあります。世界の民がインターネット環境を手に入れたことが大きいと思っています。 日本の場合、2000年以降はガラケーと家庭やオフィスで使うパソコンは完全に普及しきっていて、インターネット環境がない人は、年寄りを除けばほとんどいない状況でした。一方、香港とシンガポールを除くアジアでは、ノキアの携帯は普及していましたが、どんなものかというと携帯電話機能が主でインターネットに接続する(こともできるがそのように使われていない)ことはありません。そして家庭にインターネット網が敷かれていることはなく、パソコンも当然ありません。1980~1990年代の日本に近い環境を想像してもらうとよいかもしれません。当時、e-mailアドレス・webなる概念は、一般的ではなく、連絡手段は主として電話とfaxでした。 1980年代の日本にいきなりスマートフォンが登場したとしたら、それは革命的な変化です。それがアジアにおけるスマホの衝撃です。日本の場合、一般家庭において、インターネット環境は電話回線、isdn、adsl、光ファイバーと徐々に発展してきましたが、アジアにおいては、途中を全部ぶっ飛ばして、いきなりスマホのモバイル環境によるネット接続が登場しました。日本中に線を張り巡らせて作るインターネット環境は、天下のnttに匹敵する莫大な資本力が必要ですが、アジアでは全土にくまなく線を引く必要はなく、携帯電話網でネット環境を構築しました。(これでも金はかかるので、アジアにおいても通信インフラ企業の時価総額は大きいですが) 日本においてはスマホの登場は、gpsとタッチパネルくらいかもしれませんが、アジアにおいては、スマホ=民がインターネットを手にしたことを意味します。だから今まで、電話でしかコンタクトできなかった人とインターネットによってコンタクトできるようになったのです。国をまたいで遊ぶ時、電話はとても不便なものでした。シンガポールのフィリピンパブに出稼ぎに来ているフィリピン人がいました。2000年代までは、ノキアの携帯しかなかったので、フィリピンに帰ってしまった瞬間、電話番号が変わり、連絡を取るのが難しくなります。日本人にわかるように説明すると、今の私もそうですが、固定契約=固定の電話番号で毎月いくらってのは一般的ではありません。国についてシムカードを買うまで、電話番号はわからないものなのです。だから、事前に次の電話番号を通知することはできません。しかも国際通話は異様に高かったのです。しかし、2010年以降は、snsで登録しておけば電話番号のように国によって変わってしまうこともなければ、無料でテレビ通話もできてしまうのです。 これが私が繰り返し主張している最近の変化、スマートフォンではなく「スマートフォンの普及」です。 そんな私に「自分は時代に置いてかれている」と認識させるお誘いが来ました。 「今度、ドローン飛ばすんですけど、遊びに来ますか?」 皆さんに質問、ドローンを知らない人はいないと思いますが、見たことありますか?どうやって操縦するか見たことありますか? 場所はシンガポール・チャイニーズガーデン。ジュロンイーストよりさらに西へ一駅行くと…駅前に広大な原っぱが…。うーん、シンガポールで、いるだけで目が良くなりそうな広い原っぱ初めて見たぞ。ドローンの前に、まずそれが衝撃だw 4つのプロペラがついたドローン登場。どんな風に操縦するかは後述しますが、動きとしては想像通り、ただ、思ったより速い、時速で80kmくらいまで一気に加速できる性能は驚きました。そして…、誘ってくれた友人のドローンは、飛行機型。 ググるとこんな近代的な形 ただ彼のドローンは… あれ? プロペラの位置は少し違いますが、これに近い。 これが失礼な話、超ショボい見かけでした。昔、親父と飛ばした、ゴムをキリキリ巻いて飛ばすおもちゃの飛行機を思い出すほどに、クラシカルな見かけでした。大きさも同程度です。(なんだこれ…ショボいな…というのが正直な私の印象でした) とばしてあそぼう シリーズ ta-06 ゴム動力飛行機 ただ、よく見ると素材は発泡スチロール、そして主翼と尾翼には、本物の航空機さながらの可動翼がちゃんとついているところが、ゴムの飛行機と違います。この発泡スチロールの飛行機に、遠隔可動カメラがついており、ヘッドギアの動きに合わせてカメラが動き、カメラ映像はスマホに飛ばすことができます。これは飛行機(飛行機型ドローン)自体の性能とは関係ない技術なので、いいでしょう。 ピピッ、ピピッ 「ちょっと今、gpsと同期を取ってて少し時間かかります」 「先生、gpsですか? gpsなんて何に使うんです?」 「遠くまで行きすぎたり、なんらかの原因で、コントローラーと通信不能になることがあるのですよ。その時、gpsとオートパイロットで戻ってくるんです。」 「!!!!!!」 オートパイロットだとぉ? こんな小さい飛行機にオートパイロット機能を搭載できるほどに制御装置は小型化されているのか! 小型なのでパワーこそないのですが、飛行能力は旅客機とほとんど同じというのが私にとって大変な衝撃。 「じゃ、そろそろ飛ばしますね」 このプロペラ機は、滑走路がないので、先生が自分の手で飛行機を投げるというマニュアルカタパルトで離陸。すーっと綺麗に飛び始めます。あっという間に高度が上がって、100メートル…、300メートルを超えたあたりで、わずか50cmほどの飛行機は目では見えなくなってしまいました。 4つのプロペラがついたドローンも飛行機型ドローンも、彼らの操縦法は同じです。どんな風に操縦しているか想像つきますか? 私は「ラジコンヘリ」を操縦する姿を想像していたのですが、彼らの姿は「無人戦闘機」の操縦と同様です。 確かにドローンに遠隔可動カメラがついてたし、その画像が手元に送られてくるのは知っていました。なんらかの撮影目的だと思っていたのですが、実はそれを見ながら操作するのです。ヘッドギアにスマホをくっつけて、遠隔可動カメラによる映像を見ながら操縦。これってもう、目視でヘリ本体を見ながら操作するラジコンではなく、ドローンと同じ目線で地上や建造物を見ながら操縦するとは、完全に無人戦闘機と同じ操縦ではないか。 だから目に見えないほどの高さまで飛行機は高度を上げているのですが、先生はヘッドギアを付けながらずっと操縦しています。直進するとコントローラーの圏外に出てしまうので、大きく旋回しながら高度を上げていくのですが、それは風景を見ながら、マニュアルで操縦。それってもう航空機の操縦と同じじゃない…。私も送られてくる画像を見ていたのですが、どっちの方向を向いて、今、飛行機が上空のどの位置にいるのか、その画像を見ても全く分からなかったのですが、先生はその同じ情報を見て、「飛行機を遠隔操縦」しているのです。 本当はgpsとオートパイロット機能を見たかったのですが、無事に操縦で戻ってきました。 はい、では最初の質問に戻ります。 最近数年の新しい変化って何がある? ってドローンを操縦している彼らに聞けば、次から次へと、「こんなことができるようになった」「次は多分こうなるだろう」という新技術や新製品の話が出てくるんですよ。 ねぇ、諸君ら何年、早期償還ノックインやってるの? 時代は変わってるっぽいぞ。 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 音楽、趣味など leave a comment maker faireに行ってきました 2016-07-05 | コメントはまだありません | 音楽、趣味など 場所はイーストの果て、expoにあるsingapore university of technology and design、新しくできた大学のようです。maker faireはアカデミックなイベントではなく、一言でいえば、子供に面白い遊びを提供するイベントです。 なぜ、このようなイベントに予算がつくのか? 斜めにシンガポールを見ている私の偏見ですが、シンガポールは図工教育してない(していたとしてもあまり熱心でない)影響が強いと思います。必要最低限の教育に集中するあまり、失われた文化を求めて、ということです。ドラマ「モンスターペアレント」の哀川翔のセリフで 2012.12.06 どうか子供たちに関わらないで欲しい 「図工なんて教科は大学受験にはありませんよ。そんなことをしている余裕はウチの息子には無いんです」ってのがあるわけですが、缶の絵を立体的に描けないとかカラオケが超下手な「大人」が多いシンガポールに住んでいると、図工や音楽の必要性に気付けます。ただ、子供のためのイベントという面だけではなく、ビジネス的なつながり、スポンサーを見つけるなどの意味もあります。 ブースの出し物をバーッと見ていると、いわゆる、日本であれば図工の授業で取り扱うような、絵をかいたり、粘土だったり、工作的な出し物が多く見受けられます。 誘ってくれた私の友人の出し物は、ちょっとハイテク。ドローンに360度撮影できるカメラを装着して録画し、その録画映像を、ヘッドギアにスマートフォンを付けて見ます。ヘッドギアは顔の動きを認知し、360度立体的に見回すことができます。ヘッドギアとスマホが連動していて、スマホの画像が顔の動きに合わせて動きます。何言ってるかわかりますかね? 高度が上がっているときに下を見ると少し怖いくらい臨場感があります。360度とはいえ、完全なものではないらしく、360度カメラをドローンにぶら下げて撮影しているので、上を向くとドローン本体が映り込んでしまっているようです。私は上を見上げなかったので気づきませんでしたが。 このイベントは、企業ブースだけではなく、個人でも出展できます。私の友人は、なんと「個人ブース」。完全な趣味目的だそうです。普通にお勤めしている方です。上記で紹介した各機械は、子供の小遣いでは買えないかもしれませんが、大人なら普通に買えるそうです。それらを自分で組み合わせて、3dプリンターで作った支柱で補強して、実験して…という準備をして、イベントで制作発表。 イベントはビジネス目的もあるので、参加者は子供だけではないのですが、子供たちが「人間の持つ自然な好奇心」をもって、「なんだろう?」と興味を持って引き込まれている姿は、素晴らしいですね。私の友人、そして同じブースで制作発表している方々の「お顔」が、おだやかで優しそうな顔してるんですよ。その人たちを門外漢丸出しの俺がポツーンとうらやましそうな顔して、ちょっと離れて見つめているという構図が想像つくだろw でも、お前ら笑えないぞ。俺たちの業界で、そういう顔した人いないでしょー? 素晴らしい休日の過ごし方だと思いませんか? 周りに子供がいれば、どんな人でも良い人に見える。これは今でもその通りだと思うけど、基礎が違うわ。刑事課の刑事さん、どっちが犯人だかわからない、ってのと同じでね。「マーケットでバカ見つけたら、そいつから根こそぎ搾り取る」なーんて普段から思ってると、顔に出るよ。 俺、基本的に子供好きなんだよね。子供ってのは自分の血を分けたという意味ではない意味の子供。先ほど書いた子供が自然に持っている好奇心、向学心。これを目の当たりにすると「かーーーっ」と燃えてくるのよ、「俺も負けられない」ってライバル心がな。まま、子供の向学心や成長力に勝てるわけもないんだけど、それでもね。だって逆の年寄りって、年金受給年齢が延ばされた、消費税上がった、アベノミクスでも生活はよくならん、とかさー、あと、病気の話?聞いてても全然面白くない。人生の先がないからかもしれないが、話の中身まで将来性と生産性がない。価値=将来のキャッシュフローの現在価値の和じゃんw 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 音楽、趣味など leave a comment 光線空間法 プレゼンテーションの仕方 2016-07-03 | コメントはまだありません | 音楽、趣味など シンガポールに遊びに来た理由の一つに、「光線空間法」の講義を聞きたいというのがありました。なんだか難しそうに聞こえますが、端的に言えば、「次世代テレビのテクノロジー、たくさんの光を解析するとより現実に近い画像が作れるようになりますよ」という話です。 最新のテクノロジーというとグーグル、という印象ですが、このコンピューターグラフィックスやホログラムの世界は、マイクロソフトとディズニーが強いらしいです。 先生らしいなwと思ったのが、人間の反応について。脳神経の視点から刺激に対してどう人間が反応するかという演繹的手法ではなく、人間の反応を、コンピューター的に細かく分析し、帰納的に求めた原因で、人間の反応をかなり精巧に説明できる。というものです。これは前に紹介した「統計学は最強の学問である」という本の骨子で、コンピューターの計算速度が飛躍的に伸びたことで、統計分析をより簡易に、精度高いものになったのと同じ。そして、金融業界における、ブラックショールズを解析的に解くことが美しいw(ほんと(笑)だw)と思っていた、若かりし頃の私が、最も多用したプライシングメソッドは、皮肉なことに、乱数をたくさん発生させて平均をとるという「数学的美学w」に反する、「モンテカルロシュミレーション」であったことも、偶然ではなく、すべて、コンピューターの計算速度の向上が原因です。 先生が私に転送してくれた衝撃的な論文はすでに記事になっていて アメリカ・フロリダに行ってきました 1/4~アナ雪と微分方程式 前回書いたことは、プレゼンテーションとしての完成度。いかにして素人の学生に興味を持ってもらって研究人口を増やすか、あるいは、いかにして素人の金主にファイナンスさせるか、ということが主眼で、私が学生時代に受けていた、教授が念仏を唱えているような講義とは全く違うことが衝撃であった。 ちなみにダーマン&カニのlocal volatilityとかは読んだけど、それほど衝撃受けなかったんだけどな。しかし、話も論文も古いな、もう10年以上も前の論文だし、ジャンル違うしなw さらに、私は大学不要論者になってしまった。投資一族を引き連れて、東大見学ツアーを実行したのは3年位前だったが、今はもう考えが違う。この論文、無料だぜ。有名な大学であればあるほど、ネット上の無料のオープンキャンパス充実してるし、講義の英語がどうしてもつらければ、最初は論文にしてグーグル翻訳にぶちこんで読めばいい。(講義の英語も音声認識でさらに自動翻訳すれば日本語で聞けちゃう時代かな?) 中学生なり高校生なりの時点でこれをやっていないというならば、大学に行っても意味なし。どうせ得られるものは何もない。学位など通じないし、学位が通じるような大学であるならば、学位は取れなくとも、授業は、無料でネットで自宅で受けられる。それをやってない奴の大学の学費❓出すわけねーわ。 僭越ながら、先生の講義に一言申し上げると、「気を使いすぎてて説明がぼけている」気がしました。そして、それは偶然にも、このブログの書き始めと同じ問題を孕んでおり、私が主張したのは「数学を使わないデリバティブ理論」で、先生も同様に、数式を一回も使うことなく、光線空間法を1時間話し続けていたのである。私自身も「話を無理やりこじつけている」「説明を飛ばしすぎている」「プロ向けなのか素人向けなのかが不明確」「数式を使ってはいないが『数学』を使っている」などと言われたことがありますし、自分でもそう認識しています。 この問題について、先生はよくご存じで、私が感動したsiggraphのmpm論文は実際には、「共著」である。数学やる人、プログラミングする人(計算部分やグラフィック部分など)、このあたりまでは想像つくが、論文のデザインや構図を考える人やファイナンス(お金の割り振り・資金集めのスキーム)の専門家までついているという。siggraphの論文と趣味でやってる日本語のブログを同一視してはいけないが、さすがに、ブログの一つ一つの記事のデザインと構図w まったく考えてねー。このあたりが一人でやってる限界か。 ブログの更新が滞ったのは、結局、この問題でね。デリバティブの理論はさておき、アジア一国一愛人構想も、いくら言っても、俺一人のプレゼンテーション能力では、「アジアで夜遊びしている」という印象しか与えることができず、不特定多数に対する情報発信には限界があるのではないか? この後、先生と話し合って得た結論は、多数の聴衆を相手にする場合、相手の理解度や伝えられることに差があるのは当然のこと。もっと自分中心に、自分の言いたいことを、「こんなに楽しいんだ」とアピールすることで、理解できない人でもなんとなく感覚を共有できるのではないか、ということだった。ブログもそういうもんだな。 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 音楽、趣味など leave a comment シンガポールが外国に見える 2016-06-22 | コメントはまだありません | 生活・その他一般 8年間住んだシンガポールを出て、香港で一か月を過ごし、シンガポールに遊びに来ました。間隔はわずかに1か月なのですが、初日は、外国=知らない国のような印象を受けました。 居住していた時は、シンガポール国内のホテルに泊まったことはなく、初めてホテルを探し、ホテルに泊まりました。ラベンダーという比較的中心に近い地域ですが、ica(移民局)以外にあまり何かあるわけでもなく、icaは駅前にあるので、駅から遠いところは一度も踏み込んでことがなかったからです。 シンガポールは地価が高いわりに遊休地が多いのです。私が泊まっているホテルもラベンダー駅から徒歩5分程度なのに、この有様です。シャッター通り? 2008年シンガポールに初めて来たときはクラークキーのホテルに住んでいました。(その時からホームレスをしていたわけではなく、家が決まってなかったので一か月だけホテルで暮らしていただけです。しかも会社払いでw)。クラークキーの駅前こそ華やかですが、やはりそこから徒歩5分、river side pointから道路一本隔てるだけで…、閉店通り、寂しい感じで、2016年現在でもあまり変わってないように思います。 その時の光景がフラッシュバックしているのか、「初めてのシンガポール」という印象を受けたのでした。 もう一つの原因は、空港からホテルまでタクシーでダイレクトに来てしまって、周囲の風景をほとんど見ることなく、ホテルについてしまったこともあります。贅沢したのではないんですよ。飛行機の到着時間が23:00で空港を出たのが、23:30過ぎていて、電車が厳しいと判断したからです。そんな到着時間の飛行機になったのは、私のミス、間違ってシンガポールから香港行きを予約してしまったからで、それがなければ19時着で電車で悠々の予定だったのですが…。でもすごい時代です。飛行機のチケット買い間違えるなんて、かなり重罪のイメージがありますが、空港ついてから慌てず当日の便を買えばいい。香港=シンガポールなんて鬼のように数があるので、リカバリーはすぐ効きます。 ホームレス生活で、シンガポールで初めてやる行為、ホテル選びもそうですが、もう一つはクリーニング屋・コインランドリー探しです。アジア各地は今までやっていたので知っていますが、シンガポールのクリーニング屋、あるのか?見たことがない… 関心がないものは、人間って見えないのです。私はそれが強いので、5年間住んでいた部屋の入り口に置いてあった扇風機が、冷房が壊れた瞬間、初めて見えた時は、自分でも恐ろしくなりました。同じ女性と飽きもせず、ずっと同じことができるのは…、ハッ、関心がないから顔も体も見えてないんだ…愛が強くて飽きないのではなく、記憶に留めるほどの価値もないということの表れだったのですね。 クリーニング屋を探して、歩き始めると3つも見つかりました。しかし、さすがに8年住んでいた経験は、このクリーニング屋探しで、歩き始めたことで、記憶がつながり始めました。 サッカースタジアム来たことあるわぁ…。私の人生の履歴から消されたコンドミニアム生活時代の通勤路にもぶつかりました。 「人の噂も75日」と言いますが、シンガポールの場合、「どんな事実も3年」です。シンガポール在住日本人の半減期は3年くらいでしょうか。シンガポール日本人村は狭くて噂は広がりやすいですが、そんなあなたも大丈夫!心配しないでも「どんな事実も3年」これを思い出しましょう。まぁ、普通なら自分自身が日本に帰国することになるので、「あとを濁しても関係ない」の確率が高いですが。 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 生活・その他一般 leave a comment ホームレスになりました 2016-06-21 | 1件のコメント | 生活・その他一般 どーも、ちょっと休んでいましたが、ゆるく再開しようと思います。 きっかけは、rep(再入国ビザ)の更新ができなかったことです。シンガポールのpr(永住権保持者)には、repという条件が付いています。永住はできるのだけど、repが更新できなければ、一度国外に出ると再入国できないと制限することで、prの数をコントロールしています。私は長きにわたって所得税を納めない、未納ではなく、所得をゼロにしていたので所得税が発生しなかったことによります。 ちなみに犯罪を犯したとか、エイズで追い出されたわけではありません。その証拠に、今、またシンガポールにいますw 髪の毛も長いままです。シンガポールの刑務所は全員坊主なので長い髪の毛は、ムショ暮らしを少なくとも数年間はしていないという証明でもあるんですねー。 年収ゼロ、ホームレス。うーん、いいね。 repの期限がそろそろ切れるなとは思っていたのですが、あまり気にしていなかったので、期限切れの時に私は九州で遊んでいました。そしてシンガポールに帰国したら、自動カウンターではじかれ、「あっ、rep切れてるんだ」と気づきました。マニュアルカウンターで観光客として入国。 ica(移民局)で「rep切れたんだけど、更新できるの?」 ica「働く気ある?」 俺「ない…」 ica「じゃ、repは出せない。ついでにprも返上してもらえないか?」 俺「なんだっけ?年金の返上してもらえんの?」 みたいな会話をして、pr返上、cpf(シンガポールの年金)も返金してもらいました。 プットの売りが満期を迎えたら、またちょっと先のプットを売るというのと同じくらいのルーチン的な感じで、シンガポールのrepが切れたら、香港に行く。淡々と引っ越し準備開始です。 待てよ…、放浪生活でシンガポールに半分くらいしかいないのに、今まで家賃を払い続けていたことが愚行であることに気付いたのです。家賃を払いながらホテルに泊まるアジア全土生活圏構想でしたが、直接ホテルに住めばいいのです。だから今までと大して変わらない生活です。ただ、物置がなくなるので、荷物を減らしたほうがよさそうです。高い無駄な物置代にいくら使ったんだろう?ちょっと反省です。 バックパックを買いに行こう。350sgdくらいの大きな(110リットル)のバックパックを買ってみました。そのお店で最大のバックパックでしたが、けっこうパンパンです。中身は服と靴です。重さは17kg。 バックパック以外にノートパソコンのバッグにノートパソコンとサーフェス。読んでいない本は免税店の袋に入れて持ち歩きます。この本を読み終えたらキンドル買います。20冊の本は重たい…。香港で5冊読んで残り15冊ナウ。 私の持っている家具はスプーン、ウイスキーグラスのみ。ウイスキーグラスは引っ越し先の香港で破損してしまい、今はありません。 それ以外に家に置いてあるもので捨てたものは、プリンター・スキャナー、調子の悪いノートパソコン、スピーカー、湯沸かし器です。その他、使用頻度の低い服・読み終わった本を捨てましたが、スーパーの袋で15袋分もの、価値のない服をため込んでいたことは大きな反省材料になりました。 実は、バックパックの中に使用頻度の低い服が入っています。上海で買ったヒートテックとカーディガンですが、香港は冬があり、私の大好きな上海蟹のシーズンが9月から12月なので、そのとき少し使うかなー、などと思い無駄に保有しています。 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 生活・その他一般 1 comment 香港だ 2016-06-13 | コメントはまだありません | 未分類 システム復旧したらしい。テスト。 写真のアップも成功。 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 未分類 leave a comment オプションの期待値は株より高いと思ってるの? 2016-03-14 | コメントはまだありません | デリバティブ とある先輩と談義の中で。先輩は現在、株式の運用だけで暮らしている無職(失礼)だが、もともと金融業界というわけではないアマチュアの個人投資家である。アマチュアというのは理解が無い、取引が下手という意味ではなく、プロ=他人の金を動かす、アマ=自分の金を動かす、の区分である。原則、日本株ロングオンリーの健全な個人投資家で、成功なさっている方である。 そんな「株式メガネをかけた先輩」には、オプション取引はどのように見えているのであろうか? それは彼が繰り出したいくつかの質問に集約されている。 q1.「割安な銘柄の判断は?」 q2.「ボラティリティの高安の相場観とかあるの?」 そして極め付けが、 q3.「オプションの期待値は株より高いと思ってるの?」 だ。 a1.銘柄って…。確かにあるのですが、オプションの銘柄というのはアンダーライング×期間×行使価格×(put/call)、という機械的な存在です。だからs&p500の dec18 1,800のputとs&p500のdec 18 1850のputという差異はあるけども、株に比べれば没個性的です。でもdec18のputとmar16 2000 callだとかなり性質が異なるような気がするが…、なかなか説明難しいですね。 株式投資とオプション取引は次元が2つ違います。株式の場合は、売りと買いという0次元的投資判断になりますが、オプションの場合は、株価と時間という平面上に損益曲面を描くので2次元的相場観になるわけです。オプションの銘柄の一つ一つは、平面上に損益曲面を描くためのインストルメントの一つにすぎません。 a2.株式はゆっくり上がって、急に下がるという性質があります。オプション価格は、現値を中心として、その距離で値段が決まるわけですが、同じ距離なら、上昇を期待するcallよりもputが高いというのが普通です。それが同じ値段なら、putに割安感、あるいはcallに割高感があるわけですが、そういうプライシングはされません。 a3.株の期待値の規定は難しいが、オプションを含むデリバティブの期待値は、アンダーライングや取引戦略、計算方法によって異なると思うが、99%~99.999%程度と思ってよいだろう。コストをいくらかけるかということよりも重大なことは、オプションの期待値はコストの分だけ、マイナスであるというのが私の答えだ。彼は以前に、 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in デリバティブ tagged デリバティブ leave a comment 日本株市場をpr 2016-03-11 | コメントはまだありません | 株式投資 日本の3トップ、株の魅力維持なるか(はや耳) 2016/03/07 日本経済新聞  日本証券業協会などが米国時間10日にニューヨークで開く「日本証券サミット」に金融庁長官として初めて森信親長官が参加、日本株市場をprする。これまで金融庁からは参事官らの出席にとどまっていたが、今回は「長官のスケジュールが合った」(日証協)。今年に入って日本株相場は軟調な場面が目立つことが多かっただけに、株式市場関係者からは歓迎の声があがる。  当日は日証協の稲野和利会長と日本取引所グループの清田瞭グループ最高経営責任者を合わせた「3トップ」が勢ぞろい。日本企業のガバナンス向上や少額投資非課税制度(nisa)など日本株の魅力を発信する。証券業界で「右肩上がりだったアベノミクス相場の潮目が変わった」との懸念も強まるなか、3トップの発信力で海外マネーの関心をつなぎ留められるか――。 新聞記事を額面通りに受け止めるなら、 海外マネーの関心をつなぎ留められるか――。 じゃねぇだろうよ。「日本株の魅力はnisaです」って本当にニューヨークで発言したのかね? ついでに、 株式分割などを通じて、最低取引金額を下げることで個人投資家を呼び込んでます。 株主優待を充実させて、個人投資家を呼び込み、物言わぬ株主を増やして、余計な株主によるガバナンスが働かないように努力しています。 「最近、roeを経営目標にしました」と日経新聞の一面にも取り上げられました。 まだ言おうか? (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 株式投資 tagged 株式投資 leave a comment 2016年 日本に行こう 横浜地元編 5~神社 2016-03-10 | コメントはまだありません | 生活・その他一般 寒川神社で厄除け 神奈川県下の神社だと鶴岡八幡宮が私のお気に入りの場所なのですが、今回は地元の友人が「厄除けに行くから、お前も来いよ。前厄だろ?」と言われ、私もお付き合いしたくなりました。寒川神社は相模の一之宮神社ということで、神奈川県内では権威。「厄」だとか「神社の格式」とか、こういったことというのは、みんな知っているものなのでしょうかね? 横浜から寒川…電車で移動が基本の私は、「なんだか遠そうだな」と思ってしまいますが、私の友人は車民族です。車だと直線距離に近くなるので、横浜市->藤沢市->茅ヶ崎市と移動し、20-30分程度でした。寒川というのは、茅ヶ崎市ではなくて、高座郡。郡なんて神奈川県にあったんですねぇ…。丹沢だか箱根だかわかりませんが、山がきれいだったので、助手席から撮影。 俺「ジャカルタと比較して感じるのは、日本は道路の状態が良いんだなぁ。全然ガタガタしない。」 友人「道路じゃねぇ! そういう車なんだよ、ボケッ!」 愛車の性能を道路のお陰と、のたまう俺に対して、かなりムッとしていましたw 車好き友人の愛車より。確かに2014年に長野に行った時に軽カーに乗ったのですが、怖くなるくらいフワフワしてる感じがありました。道路だけの影響ではないというのは間違いないでしょうw (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 生活・その他一般 leave a comment 勝つ投資負けない投資 2/2~社長業 2016-03-09 | コメントはまだありません | 読書 「投機」と「投資」の違いとは? 正解は、投機とは「確率」にお金を投じること、投資とは「価値」にお金を投じることです。パチンコや競輪、競馬などのギャンブルへお金を投じるのは、確率に対してお金をかけている状態であり、一定の確率で勝ち、一定の確率で負けるようにできています。一方で投資とは価値にお金を投じるものです。価値には絶対的なものはなく、需要と供給にとって大きく変動します。需要が大きくなればなるほど、供給が小さくなればなるほど、価格の均衡点は高くなっていきます。 この説明でも良いですね。僕の説明では、 2013.04.04 投資・投機・ギャンブルの違いを述べよ 「投資・投機・ギャンブルの違いを述べよ。」と著者に問い詰めたくなる。正解はないが、どのように答えるかで、その人の考えやこだわりがわかる。私の考えでは、 投資とは、リスク・プレミアムを受ける行為、ギャンブルとは、リスク・プレミアムを払う行為。 投資とは、資産価格で認識する取引態度、投機とは、損益だけで認識する取引態度。 うーん、あんまり一般向けじゃないかなぁ、リスク・プレミアムって概念を当たり前に使っているあたりが…反省ですね。 残念ながら日本では職業としての社長業というものがなく、単にプロパー社員で一番出世した人や、親会社から天下ってきた人が社長になるシステムであるため、社長の能力が要求される基準に達していないことが多く見られます。このため、私は日本株に関しては社長と直接ミーティングをしない限り、その会社へ投資することは基本的にありません。これとは対照的に、米国の場合には社長業のプロがいます。会社の業績が悪化してくると、株主やその意向を受けた委員会がその状況に適したプロの社長を探し出して、組織の立て直しを図ります。プロ社長の前職は、業種業界が全く異なることもよくあることで、電子デバイスの会社の元社長が、百貨店のトップになったり、商社の社長がアパレル企業のトップになったりということが、日常的に起こっています。社長に求められるものは業界の専門的な知識では無く、イノベーティブな組織作りなどのソフト面にあるためです。 最近どうだろう。新浪さんとかソフトバンクの次期社長とか、あっ、あれインド人かw (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 勝つ投資負けない投資 1/2~株ドラマ 2016-03-08 | コメントはまだありません | 読書 そんな時期に、偶然に出会ったのが株式投資でした。2005年に、『ビッグマネー!~浮世の沙汰は株しだい~』(フジテレビ)という株をテーマにしてテレビドラマを観たのがきっかけで、僕は相場の世界に入りました。そのドラマを観るうちに、「世の中にはこんなに面白い世界があったのか!」と居ても立ってもいられなくなり、すぐさま証券会社に口座を開きました。その時、僕の手には、バイトで貯めた全財産の65万円が握りしめられていました。 [このyoutubeは削除されました] このドラマ見た人いる? 酷いドラマでねぇ、見れば、製作スタッフに株を知っている人が一人もいないのがわかる。株価が、40円、60円、35円、16円みたいな瞬間瞬間で飛び飛びの値を取ったり・・・、一番ひどいのが衝撃のラストシーン、「1分前に筆頭株主になりました」って言って株主総会に乗り込んでくるという、あきれ果てて声も出ない。でも、それで「株やってみよう」なんて人もいたんだなぁ…。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 国税局資料調査課 2016-03-07 | コメントはまだありません | 読書 「コメ」という部署は、国税局資料調査課の隠語である。マルサと違い、一般人にはまだ知られていない。資料の「料」と調査課の「調」をとって「リョウチョウ」とも呼ばれているが、税理士などを含めた税務の分野ではすでに知られた言葉で、隠語としての価値はなくなった。それで「料」のヘンを指して「コメ」と呼ぶようになったのだ。コメは、マルサとは違いタマリが無くても調査を実行する。蓄積されたデータをもとに調査対象者を選定し、令状なしで(むろん、納税者による承諾の明示が必要とされるが)隅から隅まで調査する部隊である。大型事案では100人を投入することもある。 強制捜査より怖い任意調査 世間ではマルサが税務当局における最強部隊のように認識されているが、徴税に関してはコメのほうが圧倒的に怖い存在である。コメは1週間に一事案を基本に調査を企画・実施しており、増差所得(調査によって把握した所得)、調査件数ともに、職員一人当たりの効果測定はコメが圧倒している。マルサの調査事績は国税庁により公表されているが、2012年度に告発したのは117億円。人員が約300人とすると、一人当たり増差所得は3900万円にすぎない。コメの調査事績は税務署の調査事績の中に混在しており、具体的な数字はベールに包まれているが、一人当たりの増差所得は5億円は下らないだろう。追徴本税に換算すると年間2億円程度になり、マルサの5倍以上だ。マルサとコメとの大きな違いは調査の性格にある。すなわち「強制捜査」と「任意調査」の違いだ。マルサは内偵の結果、「タマリ」と呼ばれる不正計算の裏付け(過少申告した利益に対応する預金、有価証券、不動産など)があった案件しか調査できない。つまり答えがわかっている案件しか調査できないのである。 マルサの「強制」は、国税犯則取締法という法律に基づいて裁判所から令状を取るという後ろ盾があることによるが、コメは令状が無くても調査が可能。しかも「任意調査」は強制調査に対する対義語なだけで、法律上は、納税者には質問に答えたり調査に応じなければならない義務がある。コメは、国税通則法に定められている「質問検査権」という権限に基づいて調査する。質問や検査にあたって、相手方の「明示の承諾」があれば、書類やその他の物件を調査することができる。財政と治安は国の根幹であり、税収は財政にとって非常に重要なものである。調査を受けずにのらりくらりといなされては困るので、調査官が持つ質問検査権はかなり強力になっている。拒否したり、虚偽の回答をした場合には、懲役1年以下などの懲罰規定も定められている。つまり、間接的に強制しているので、「間接強制調査」といわれる場合もある。任意という言葉尻をとって軽く考えている人もいるが、その点は気を付けておくべきだ。質問検査証には、権利が及ぶ範囲が明記されている。例えば京橋税務署と明記されていれば、京橋税務署の管轄しか調査はできない。しかし、コメは、東京国税局長が質問検査証を発行するので、84すべての税務署の管轄エリアを調査できる権限を持っている。税目についても同じだ。例えば税務署の個人課税部門の場合、所得税調査が業務となるので、質問検査権は所得税法に関する調査に限定される。つまり、法人を直接調査することはできない。取引相手を調査する反面調査はできるが、その法人自体を調査対象とすることができない。ところがコメの場合には全税目に対して調査できる権限を与えられているのだ。 世に出ている節税本などに書かれていることを実践しても、大した節税にはならない。極端な利益の低調は、かなり怪しいと感じる。脱税は論外としても、過少申告の動機は限られている。来期以降の不況対策、株主対策、予算・決算を重視する企業においては、事業部の実績捜査のために行われるのが一般的だ。無理な利益調整を行うと、売り上げの伸びと申告所得の伸びに歪が生じる。歪みのある企業に行けば追徴ができ、調査官の成績に加点されるので、優先して選定されるわけである。利益を圧縮する方法は、実はいくつもない。売り上げを減らす。売上原価や経費の水増し、架空経費を作る。それに棚卸資産を減らすという大きく3つほどだ。水増し発注の場合は、協力者が必要になる。本当は1000万円の支払いなのに、3000万円支払ったことにして、2000万円戻してもらうといったように、だ。しかし、調査が入った場合、発注先に迷惑をかけてしまう。ところが棚卸の過少申告は自社だけで完結できる。しかも、棚卸を減らした伝票を入れるだけなので簡単。一度手を付けられたらやめられないわけだ。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment ナイスディール 2016-03-04 | コメントはまだありません | 読書 ま、うん・・・一応読んだけど、折り目わずかに2ページだけだった。 蒔田雄一郎がceoを務めるスパイスクルーズは、インターネット関連のいくつかのお事業に加えて、企業の独立支援をビジネスの柱にしていた。企業に出資して再生支援を行うという点では再生ファンドのような位置づけと言えるが、特徴的なのは労働組合への接点を通じて企業へアプローチする点にあった。蒔田はこれからの企業に経営者はいらないといった。株主はもはや企業経営上の需要な利害関係者ではない。彼らは結局のところ、従業員の利益を損なうことでしか存在しない。企業は従業員のためにこそ最大の貢献をするべきであり、そのために従業員の代表を取締役にすべきである。 この手の小説は読まない方がいいんだけど、冷やかし半分の気持ちで読むと毎度、違和感を覚える点をいくつか。 1.バイサイドとセルサイドの区別がついていない。 バイサイドは個人投資家と同じ、つまり、リスクを取る=株を持つこと、どんな会社かとか収益性が議論の中心だが、セルサイドの話なら、リスクを消すこと、発生したポジションは消すものであって、持ち続けることは無い。もちろん、一時的にとはいえ、保有するから、どんな会社なのかを、全く無視することは無いだろうが、それよりも、誰が売っているのか、誰に売るのか、誰が持っているのか、ということが中心のはずだ。 2.ビジネスに絡む女性が「不自然に」登場する。 そういうロマンスは無い。男しか登場しない。以上。 3.所詮は「村」の話なのに、世界の中心かのような表現。 日本市場でも、株は比較的、世界展開できていると思うが、株でもエクイティのデリバティブ、jgb、そしてこの小説で扱っている社債市場に行くにしたがって強度の村社会。市場参加者が非常に限られている小さな小さな世界の話。どのくらい小さいかというと、jgbは発行総額・残高という意味での市場規模はめちゃくちゃデカいのに、誰も見てない。当座預金金利マイナス導入以前の、量的緩和以降、短期の国債はずっとマイナスだったのに、その時は誰も何も言わず、黒田さんの「マイナス金利導入」という単語にのみ、異様に反応していることからもわかるだろう? (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 自社株買いは効率の良い株主還元か? 2016-03-03 | コメントはまだありません | 株式投資 「roe」という標語にとらわれている感、満載の低レベルな記事。 5期連続自社株買い、ヤマトhd、来期100億円超、roe底上げ。 2016/02/23 日本経済新聞  ヤマトホールディングスは2017年3月期に5期連続の自社株買いを実施する見通しだ。100億円超の規模とみられる。自社株買いで株主還元を強化し、資本効率を高めて自己資本利益率(roe)を底上げする狙いだ。  収益環境は楽観を許さない。インターネット通販市場拡大という追い風はあるが、17年3月期は協力会社に払う運送費の高止まりやパート社員への社会保険の適用拡大などが収益を圧迫。純利益は伸び悩む公算が大きい。自社株買いで自己資本を減らし、1株あたり利益を増やすことでroe上昇につなげる。  ヤマトhdは年間配当に自社株買いを足した額を純利益で割った「総還元性向」で50%以上を目指している。17年3月期の年間配当は100億円強になるとみられ、総還元性向を50%以上にするには100億円超の自社株買いが必要になる。  中期経営計画では最終年度の17年3月期にroeを9%に高める目標を掲げるが、足元のroeは7%前後と、乖離(かいり)が大きい。目標に近づけるため、来期の自社株買いは数百億円の規模になる可能性もある。15年3月期は約300億円実施、16年3月期も約500億円分の枠を設定済みだ。 > 自社株買いで自己資本を減らし、1株あたり利益を増やすことでroe上昇 自己資本減るってのは正しいけど、1株あたり利益を増やすことでroe上昇? ヤマトってそれなりの大きな会社だから、見るまでもなく、pbrとか標準的なレベルの株価だと思うの。例えば2倍としよう。 新聞記者でもわかる、「簡単・株教室」やってやるよw いま仮に資本として現金を100を入れたペーパーカンパニーを作ったとしよう。 pbr2倍で発行済み株式の40%を買い取ったらどうなるか? 現金20、株主資本20の会社になるだけだが、一株あたりの純資産1/3になっちゃう。pbr2倍で一定だとしたら、元の株価の67%、33%の株価の下落を引き起こす株主還元策ということになる。 pbrが1倍以上だったら、自社株買いはすべきでない、と言ってるわけではないのよ。上の記事で株価だとかpbrって一切意識してないでしょう? 配当は現金だから綺麗な株主還元で良いと思うけども、自社株買いも会社のカネ使ってやるんだから、「会社としての事業・投資の一環」で、それが果たして、効率的で良い買い物かどうか、というのは株価による。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 株式投資 leave a comment 国債金利のマイナス誘導は増税 2016-03-02 | コメントはまだありません | 債券投資(為替・金利・クレジット) 銀行の預金金利や住宅ローン金利が下がることで、国民生活にも影響が・・・、という論調ばかりなのだが、日銀の当座預金金利よりも、国民の生活に影響するのは、国債の金利がマイナス状態で維持されることが、見えない税になりうるという解釈が全くないことに違和感を覚える。 などと原稿を書いていたら、2月25日付のブルームバーグでようやく、その論調のニュースを発見した。 借金王の日本政府にマイナス金利の恩恵、入札で超過収入520億円 2016/02/25 http://www.bloomberg.co.jp/news/123-o31mj56k50y001.html 新聞はもっとひどいか。なんでもかんでも「マイナス金利」のせい。初の「金利がマイナスの世界」とも書かれているが、短期の国債は随分前(日銀の量的緩和以降)からずっとマイナスで維持されていた。ってことは知ってる? って次元が多いか。それにしても10年国債金利の下落っぷりは激しく、驚いたわ。 すごいなぁ・・・。10年国債金利のチャートでも良いかもしれないけど・・・。 http://www.bloomberg.co.jp/markets/rates.html 利払費と金利の推移 https://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/005.htm 金利と同じことだが利払費の推移がすごいと思うんだが・・・。このまま下がり続けると・・・、国債金利はマイナスになり(ってすでになっているのだが)、10年後くらいには、利払費が受けになり、歳入の部に計上されることになるぞ。このグラフも金利をマイナスまで用意していないようだし、その頃にはこの情報も見れなくなっちゃうのかな…。 「国の借金は次世代への負担」という論調は今後は止めて、「国債債務残高は将来の税収源」にすれば良いんじゃないかな。この超楽観視してよい日本の国家財政を、 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 債券投資(為替・金利・クレジット) leave a comment 紛争と難民 緒方貞子の回想 5/5~難民発生の根源 2016-03-01 | コメントはまだありません | 読書 明るみに出た虐殺の実態 1996年10月以降に行われた殺戮及び残虐行為には、ザイール国軍(faz)と傭兵、旧ルワンダ政府軍(far)と難民キャンプ出身の民兵、そしてカビラが率いるafdlとルワンダ政府軍(rpa)という、三つの集団がかかわっていた。殺戮や残虐行為の内容や規模は集団によって大きく異なっていた。afdl部隊および同盟を組むrpaは、民間人や難民に対し大規模な殺戮を行った。afdlの行った殺戮と残虐行為にrpaも関与していたことが明らかになると、アメリカ政府は立場を変えざるを得なくなった。忘れてはならないのは、アメリカはフツ系難民が多数を占めるザイールの難民キャンプに人道援助を行う一方、rpaと南キヴのツチ系バニャムレンゲの軍事訓練や軍事支援にも手を貸していたという事実である。アメリカ軍による軍事訓練がrpaとafdlの軍事能力を高めており、もはや暗黙の政治支援や軽度の治安維持支援の域をはるかに超えていると広く思われていた。人道的な地雷除去と訓練プログラムを隠れ蓑に、より積極的な軍事支援が行われていたと考えられていた。 rpaの関与について国際的な監査が進むにつれ、アメリカの政治・経済・軍事面での支援が問題になった。アメリカはルワンダ政府を支持したが、これはカビラ率いるafdlを支援したことになるだろうか?下院公聴会でのクリストファー・スミス下院議員の質問や、「人権のための医師団」の証言に対して、アメリカ政府はルワンダへの軍事支援の重要性を否定しようとした。人権問題調査チームがカビラによる妨害や活動の制限によって、任務遂行上の困難に直面すると、アメリカは調査に賛成し、これまでに行われた大虐殺の責任を追及する、という立場を取り始めた。 アフガン難民 1970年代末から23年間、アフガニスタンはずっと戦場であった。国際社会がこの国の平和と安定を確かなものとするためにようやく支援に乗り出したのは21世紀になってからで、アメリカを襲った同時多発テロの余波のさなかであった。アフガニスタンから膨大な数の難民が流出する事態を引き起こした様々な紛争は国内問題に起因するが、外国の介入が国内紛争を一段と激化させた。米ソ両超大国の冷戦対立はムジャヒディーン(イスラム聖戦士の意)などのイスラム抵抗勢力による熾烈な武装闘争に火をつけた。ソ連軍はムジャヒディーンの激しい抵抗にあい、撤退するとアメリカはアフガニスタンに対する関心を失っていった。タリバーン勢力の台頭は一部の地域を平定したが、厳格で抑圧的な統制を強めたため、国民生活は悪化の一途をたどった。また、タリバーンの支配はアフガニスタン周辺諸国の関与を強めることになった。なかでもとくにパキスタンはタリバーンを支援することで影響力を著しく強めていったのである。 終わりの見えない戦争の惨禍と、泥沼化したアフガン問題を解決しようとする国際社会の関心は薄れてゆき、アフガン国民は苦難の中に取り残されていった。1978年に共産党が政権を掌握するとアフガン国民は国を離れはじめ、1979年末のソ連軍の軍事侵攻後には大規模な難民流出が起きた。推定では1年間に630万人が周辺諸国へのがれ、そのうちパキスタンには330万人、イランには300万人が避難した。ソ連軍が撤退を開始した1989年2月から91年末までに、およそ30万から40万人の難民が故国に帰還した。その後、92年4月にカブールの共産主義政権が崩壊すると、最多の難民がいち早く本国に帰還、その数はパキスタンから120万人、イランからは20万人に達した。その後も期間は続いたものの人数は減少していった。96年9月にカブールが陥落し、タリバーン勢力が政権の座につくと、新たに5万人の難民が生じた。そのうち80%はカブール出身者であり、さらに30万人の国内避難民がアフガン北部と東部の戦闘から逃れていった。アフガン難民が置かれた状況はパキスタンとイランでは大きく異なっていた。パキスタンに逃れた難民の多くはパシュトゥン族で、この民族が多く住む地域を中心に非難した。難民の3/4は女性と子供で、ソ連と共産主義の信仰の犠牲者を対象にした豊富な資金源のお陰で、国際機関や数多くのngoが提供する十分な医療・教育支援を受けていた。それとは対照的に、イランに逃れた難民は、タジク人、ウズベク人、ペルシャ語を話すシーア派のハザラ族で、そのうち60%は成人男子であり、イランの労働力を担っていた。イランに滞留した難民に対する国際援助は非常に限られたものであった。1979年のイスラム革命以降、イランの新イスラム政権と西側諸国は緊張関係にあったからである。 紛争と難民 緒方貞子の回想 緒方 貞子 集英社 2006-03 売り上げランキング : 271201 amazonで詳しく見る by g-tools 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 日本の厳しい冬、10年ぶりに風邪ひいた 2016-02-29 | コメントはまだありません | ドケチ列伝 37~38度の熱が出まして、かれこれ5日(長い、ツライ! 退屈だ! )も実家に引きこもっています。本来、親を介護するために帰ってきても良いような年齢なのに、この年で親に介護されるとは、不本意極まりない、情けない。(幸い、両親ともに健康なので、介護の必要はないのですが) インフルエンザが流行っているということなので、調べてみたら、インフルの場合は、風邪と症状が似ているが、熱は急速に38度超になるということなので、それも違うっぽい。単なる風邪でしょう。 原因は、母が旅行に出かけたこと、です。 ハハハ、どこまでマザコンなんだって? 俺の推論過程の最終地点なんだ。でも時系列的には、そこが起点だ。日本に帰ってきて、すぐに風邪をひいたなら、単に日本とシンガポールの気候の差に体がついて行けなかったということなのだが、毎年、冬に帰ってきてるし、日本についてから数週間経った後で風邪をひいたのだ。 母が旅行に出かけた。 母はいつも実家の1階全体に暖房を入れているが、電気代がもったいないと思い、私は全部切ってコタツだけで寒さをしのいでいた。 東南アジアは暑いので、髪を洗った後、真面目に乾かす習慣が無い。コタツは足元だけで室温が寒いので洗い髪が真まで冷えた。 2016年冬の日本で得た教訓 (来年以降も実践します) 暖房は必要、ケチらずちゃんと使いましょう。 髪はドライヤーできちんと乾かしましょう。 4~5つのアポイント全部ドタキャン。皆さん申し訳ありませんでした。せっかく楽しみにしていた皆さんとの久しぶりの会合やお食事が流れてしまい、歯がゆい。風邪ひいて寝込むなんて何年ぶりだろう。シンガポールで体調悪くなったことはあるけど、風邪ひいたこと・・・、記憶の限り、ない。ということは少なくとも8年ぶり。シンガポールでは体温計も持ってないんでね、熱があったとしても体感で計るしかないんだが、酒とたばこがまずくなるから、なんとなくわかる。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in ドケチ列伝 leave a comment 紛争と難民 緒方貞子の回想 4/5~難民の定義 2016-02-26 | コメントはまだありません | 読書 第三章 アフリカ大湖地域における危機 アフリカ中部の極小国ブルンジとルワンダは、2つの大国、ザイール(現コンゴ民主共和国)とタンザニアに挟まれた内陸国である。 > この地図上の位置だけで、海を奪われた大国の緩衝地帯。悲惨の運命が待っていそうな予感がする。 国土のほとんどは丘陵地で、人口密度は高い。人々は同じ言語を使い、文化を共有しながらも異なる部族、とりわけフツ族とツチ族の二大集団によって構成されている。旧宗主国はツチ族の長を通じて間接統治を行っていた。しかしながら、独立が近付くにつれて、多数派のフツ族は旧来の統治方法に対してますます挑戦的になり、政治的・社会的地位や権力を要求するようになっていった。1961年にフツ族が弾圧的な共和制を樹立すると、おびただしい数のツチ系住民が周辺諸国へ逃避した。1960年代初頭までに、ルワンダから15万人がザイール、ブルンジ、ウガンダ、タンザニアに流出した。1990年の時点でもなお難民だと名乗る人は、概数で60万から70万人にものぼっていた。難民に加え、多数のルワンダ人が、隣接するザイール東部のキヴ地方に移住した。 国内はフツ系とツチ系に分断され、深刻な政治的対立が続いていた。政権の座に就いたのはフツ族であったが、軍を掌握していたのツチ族であった。1993年10月21日にブルンジ政府軍がクーデターを起こし、ンダダイエ大統領が暗殺されると全土に暴動が広がり、5万人を超えるフツ系住民が殺害されたうえ、70万人を超える難民がルワンダ、タンザニア、ザイールへ流出した。 ジェノサイドと難民の避難 ルワンダでジェノサイドが起きると、フツ系住民は大部分が周辺諸国に逃れた。最初の集団は1994年4月末に国境を越えてタンザニアに流入した。その数は25万人にのぼったがunhcrはこれには何とか対応することができた。難民の多くはキブンゴ州のフツ系農民であったが彼らは殺戮から逃れてきたのではなく、かつてルワンダ東部で起きたツチ系住民の殺害に関与していたため、ルワンダ愛国戦線(rpf)部隊が到着する前に脱出してきたのである。そのなかには、かの悪名高いムランビ市長であるジャン・バプティスト・ガテテが紛れ込んでいた。彼はかつてルワンダで起きた大量殺戮の首謀者であった。unhcrはこの人物をベナコ難民キャンプからタンザニア警察の拘留所に移送しようとしたが、大きな抵抗にあった。5000人ほどの群衆がキャンプを取り囲み、ガテテの釈放を要求したのである。この暴動事件は難民集団の複雑な性格を示すもので、難民は大部分が、rpfの到着を阻止するために政治行動や犯罪鋼を犯した集団に属していた。この時代は、現場で活動する人道援助要員の安全を確保するにも、難民の活動を抑えるにもタンザニア警察の能力には限界があることを示すものであった。 > 虐殺加担した後で逃げた人は、果たして「難民」なのか? (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 紛争と難民 緒方貞子の回想 3/5~領土問題への介入 2016-02-25 | コメントはまだありません | 読書 1993年2月17、私は声明文を発表、「通行妨害を受けている輸送体を基地に戻し、セルビア人勢力支配化のボスニアにおけるすべての救援活動を直ちに停止する。サラエヴォにおけるunhcrの活動を全面的に一時停止し、包囲下にあるこの38万人都市には最小限の要員だけを残し、ほとんどの職員を引き揚げる。サラエヴォへの物資輸送及び空輸を一時停止する。unhcrの活動が継続できるボスニアの地域ではunhcrの救援事業を規模を縮小して維持する」「政治指導者側が援助の再開を要望し、輸送体の通行を妨害しないと保証するなら、即座に再開する」 メディアの論評は、私が決定を下す前に事務総長と協議すべきだったとするニューヨークの外交官や国連職員の批判的な見方を反映したものであった。「事務総長と事前協議せずにボスニアにおける援助活動を『現地での活動上の理由で』一時停止するという、昨日のあなたの声明を懸念している 安全地域を設置することによる将来の領土分割への影響 安全地域政策の矛盾 私を最も驚かせたのは、オルブライト米国連大使が、安全地域はボスニア共和国領土の基礎となると言及した、次の発言であった。「領土が無い国家は無い。こうした安全地域の設置を通して我々が試みようとしていることは、これらの安全地域をいずれはボスニア国家となる地域として確立することである」。ボスニア紛争の人道問題に没頭していた私は、安全地域をこのような意味で見たことは無かった。領土問題は和平協議にとって重要であることは理解していた。しかし、人の命はどうなるのであろう? 安全地域政策は軍事作成上の位置づけであると同時に、対立する政治的利害の産物でもあった。戦争犠牲者を保護する人道的手段としては、政治的かつ軍事的打算と決定に左右されるものであった。ボスニア政府とその支援者にとって、安全地域は来たるべきボスニア国家の領土分割を軸とした政治解決の担保にするものであった。またボスニア政府にとっては、セルビア軍の陣地へ向けて発砲する場所でもあり、自国の軍隊が休息し、訓練し、装備する場所でもあった。セルビア側は安全地域をボスニア東部を支配下におさめるために制圧すべき軍事攻撃の対象と考えた。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 紛争と難民 緒方貞子の回想 2/5~対立する利害 2016-02-24 | コメントはまだありません | 読書 クルド難民 unhcr内には、難民が逃れ出た敵意に満ちたイラク国内にまで難民保護の範囲を拡大することに、深刻な懸念があった。また、庇護の代替として安全地域を設けることに強く反対する者もいた。さらにイラク国内における我々の活動拠点の存在が、周辺諸国に難民の庇護を拒否する口実に使われることが心配された。こうした前例ができてしまうと、unhcrの基本的な難民保護のマンデート、すなわち本来の任務に弊害をもたらすかもしれない。しかも多国籍軍諸国が採択した緊急措置に異を唱えることはそもそも難民保護と援助を目的に設立されたunhcrが、その任務を自ら否定する結果にもなりかねなかった。unhcrは自国の外にあって、人種、宗教、国籍もしくは特定の社会的集団の構成員であること、または政治的意見を理由に迫害を受けるという十分に理由のある恐怖を有するために、自国へ帰還できない人々を保護し援助する任務と権限を与えられていた。つまり、自国内で住んでいる所から追われた人々は法的に定義された、国際的な難民保護の枠組みの外にあると理解されていた。各国は迫害される恐れがある状況下に難民を送還してはならないとする義務はあるが、庇護を与えることを強制されるものではなかった。クルド難民問題は、unhcrの難民保護の任務にとって、厳しい試金石となったのである。国境内では任務を行使しないという報的命令を守り、越境を阻止されている人々への援助を控えるべきなのか、それとも、より現実的な人道的立場から、できる限り援助の手を広げるべきなのか? 難民支援をトルコ側から行うとすれば、トルコから国境を越えて難民を平地へ移さなければならない。ところが、地形的に平地はイラク側に広がっていた。イラク北部に安全地域を設けるという構想は、犠牲となった特定の民族集団のために、紛争に介入するという先例となった。 > 国連同様「国内問題」では動けず、「国際問題」である必要がある。 第二章 バルカン紛争における難民の保護 > 物資の輸送と護衛。護衛は軍事介入? 空輸機撃墜の衝撃 空輸はサラエヴォ市民に不可欠の救援物資を運んだが、食糧、多目的ビニールシート、毛布といった生活必需品の配布から次第に都市の暮らしを便利にするものやサービスの提供へと拡大していった。例えば、郵便の輸送、新聞用紙の輸入、政府要人の輸送、そして病人や負傷者の避難も請け負った。陸上輸送隊もディーゼル油、薪、石炭などの燃料を運搬した。サラエヴォ市民はunhcrを頼りにし、特に空輸は、国際社会がサラエヴォを忘れず、見殺しにしないというメッセージであると受け取っていた。 しかしながら一方で、メンデルーチェ特使は我々が直面している本質的な問題を私に警告した。「unhcrはボスニア・ヘルツェゴビナの首都サラエヴォを統治・管理できないことをはっきりと公言すべきです…。サラエヴォの生命維持の問題は単なる救援問題ではありません。ある勢力は他の勢力の支配地域に救援物資が運び込まれるのを見たくないという理由で、輸送を阻止しているのが現実です(さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 日経レバ2(1570)アンダーライングのフォワードのバリュエーションについて 2016-02-23 | コメントはまだありません | デリバティブ 最近、日本市場では日経レバ2のetfが売買代金トップとなっているようだ。市場としての品位と参加者の質がうかがいしれる状態だが、フォローするならば、デリバティブと株の損益通算ができないという税制も、日経レバ2の流動性を後押しする要因となっているだろう。 規模が大きすぎて、1570の先物売買が市場を左右することもあるらしいが、今回はその話ではなく、 1570のフォワードそのものがいくらで取引されるべきか? という哲学的w な問題に切り込もう。 「フハハ。フォワードなのにガンマありそうだな。面白い話題だとは思うが、これを論じたところで理解できるヤツがおらんだろう」 という私に対して 「10人くらいは居るんじゃないですかねぇ? 正解は無いと思うのですが、1570アンダーライングのデリバティブをブックしてみれば、どう管理するかは必ず対処はしなければならない問題です。この話題の供給者はゼロなので、たとえ10人しか理解できる人がいないとしても、需給のバランスは良いはずです」 と説得されたのでw 一筆書いてみることにしよう。 1570アンダーライングのデリバティブを1570アンダーライングとして認識する、すなわち1570でヘッジする場合は、 分配金のみをキャリーコストとして差し引いてフォワードを計算することになろう。ただ、1570は中身が先物で配当が無いので、分配金も存在しないようだ。 しかし、ポジションが大きい場合、これではあまりに不本意すぎる…というのがトレーダー諸君らの悩みどころだろう。 1570アンダーライングのデリバティブを日経225アンダーライングとして認識する、すなわち先物でヘッジする場合について考えていこう。 日経225のキャッシュプライスsに対して、まず考えると ドリフト項:リスクフリー×2-配当率×2-信託報酬 拡散項:2σ 信託報酬も引いてよいと思う。だが、問題は、既に当ブログでも取り上げている日経レバ2が本質的に持つガンマロング性の評価をドリフト項にどう加えるかである。 2014.04.25 素人がハマっている必負法 1/3 ~日経レバ2の行く末 日経225のボラティリティ、ここではインプライドボラティリティの解釈で良く、それをσとする。運用会社はデイリーでリバランスするので、 簡単なケースとして、ある日+1σ、次の日-1σ動いたときの、引け値で取引したと近似してポジションと損益を実際に計算してみよう。 株価 ポジション 1 2  1+σ 2+2σ 1 2 1日目の損益は {(1+σ)-1} × 2 = 2σ 2日目の損益は {1-(1+σ)}×(2+2σ)= -2σ-2σ^2 2日間の損益は-2σ^2となるので、1日あたりの損益は-σ^2となる。 では、連騰相場 株価 ポジション 1 2 (1+σ)  2+2σ (1+σ)(1+σ) 2日目の損益 {(1+2σ+σ^2)-(1+σ)}×(2+2σ)=(σ+σ^2)×(2+2σ)=2σ+2σ^2+2σ^2+2σ^3=2(σ+2σ^2+σ^3) 次、続落 株価 ポジション 1 2 (1-σ)  2-2σ (1-σ)(1-σ) 2日目の損益 {(1-2σ+σ^2)-(1-σ)}×(2-2σ)=(-σ+σ^2)×(2-2σ)=-2σ+2σ^2+2σ^2-2σ^3=-2(σ-2σ^2+σ^3) 連騰と続落の場合の2日分の損益を足せば、8σ^2、一日当たり+4σ^2となり、連騰や続落相場では有利に働く効果がある。 これをn日分、50%-50%でやるのかリスク中立確率でやるのかは諸君らに任せるが、これだけ引けばいいんじゃないの? 連騰相場では1570の持つガンマロング性が、s^2のpower forwardのごとくに効いてくるので、デルタヘッジをしているトレーダーを悩ませているポイントは、forward値よりも、このデルタエクスポージャーのブレにあることだろう。書きながら思ったのだが、その観点ではs^2のデリバティブとして処理するのが一番楽かもしれないな。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in デリバティブ leave a comment 紛争と難民 緒方貞子の回想 1/5~人道問題に人道的解決なし 2016-02-22 | コメントはまだありません | 読書 1991年2月から2000年12月までの10年間、私は国連難民高等弁務官として世界の難民と救済に専念した。国連難民高等弁務官事務所(unhcr)に求められたのは、難民や国内避難民、さらに被災民まで網羅した人道救援活動を主導し、かつ調整する役割を担うことであった。 世界の辺境にあって難民の救済にあっていた私およびunhcr職員一同に対する日本の支援に心からの謝意を表したい。財政的には、日本政府は任意拠出によって賄われている事業経費において、アメリカに次ぐ第二の大口拠出国(ドナー国)となっている。外務省は高等弁務官の補佐官として優れた幹部職員を次々と派遣し、密接な協力を続けた。また、環境庁は、難民キャンプの設営に伴う大規模な環境破壊の防止と復旧をはかりたいという私の要請に応え、三代にわたって有能な技官・行政官を派遣し、事務所の環境対策の確立に大きく貢献した。 とはいえ、難民支援活動の中で、今一つ積極的な進展が見られなかったのは、庇護を求めて来日する難民への対応である。インドシナ難民の受け入れに当たっては日本政府は1万人の枠を設け、東南アジアに出向いて日本への受け入れをはかったこともあったが、その後、個々に来日して庇護を求める人々に対する条約の適用に当たっては、人道的配慮に基づく制度の透明な運営がいまだに確立されておらず、まだ満足すべき成果を収めるに至っていない。unhcrに赴任する際、「日本は『人道大国』としての地位を占めてほしい」と私が語ったことが伝えられている。グローバル化が進み、相互依存が深まる今日、自分の村、町、あるいは国から追われ、悲惨な状況にある人々を放置し続けることはできない。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 2016年 日本に行こう 横浜地元編 4~ウォーキング@横浜 2016-02-19 | コメントはまだありません | 生活・その他一般 山② カブをまく時に使える、山と階段のセットです。カブって株式投資とか白いカブじゃないですよ。良いですね? 使用頻度の高かった、山と階段の「カブまきポイント」であった「山①」は、なんと山が切り崩され住宅が建ってしまっているので現在はありません。この年で「カブをまく」こともないwので山①が無くなったところで困りはしないのですが、気分は少し寂しいです。 底なし沼 立ち入り禁止区域です。周囲はだいぶ変わりましたが、沼本体は、まだあります。この周辺の田んぼで、ザリガニ、アメンボ、ヤゴなどが取れ、水カマキリやタガメ、ゲンゴロウというレアアイテムを持っていれば英雄です。その周辺の田んぼは消えてしまって現在はありません。 クイズー! ここどこだ? 横浜市民ならわかるかな? 難しいかな? 横浜在住の後輩に聞いたら一発であててました。 うーん、昔なら気にならなかった、鉄塔と電柱と電線がどうしても目に入るな・・・。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 生活・その他一般 leave a comment 2016年 日本に行こう 横浜地元編 3~ウォーキング@横浜 2016-02-18 | コメントはまだありません | 生活・その他一般 しかし、このブログ神奈川県の読者なんているのかねぇ?と思い、グーグルアナリティクスで調べてみると・・・、国別日本85%の中のさらに内訳では、東京40%、大阪12.5%、神奈川10%の3位でした。シンガポールのアクセスが全体の4.5%だから、神奈川県民の8.5%はシンガポールより多いようです。そうかそうか、意味あるな。 日本でもウォーキングをしてみた。シンガポールと比較し、歩いていて思うのは、 1.日差しが弱い。 2.電線がある。 冬の日本は、日差しが弱く、任意の時間でもウォーキングを開始できます。シンガポールの場合、かなり日差しが強いので、日陰を選んで歩くか、日中16時以降という制約があります。私の地元は、シンガポール同様、かなり歩きやすく道が整備されていて(って日本では当然ですが、バンコクやジャカルタのように異様な交通量ではないという比較の意)、どこへ行くのも歩きでokです。また、日本では当たり前の風景であえて注視することもなかったのですが、シンガポールのウォーキングに慣れていると、電線やそれをつなぐ鉄塔の存在が珍しく、無駄に上を向いて、鉄塔から鉄塔、電信柱から電信柱、電線から各家庭に、線がつながっている様子を確認するという奇行が…。日本でも新しい街では、剥き出しの電線なるものは消えているのでしょうが、私の近所では、変わらず電線があります。 坂 何十年も前にジョギングしてた頃から最初にのぼる坂です。写真で見ると観測できないほどですが、自転車でたちこぎしなくてもかろうじて登れるくらいの傾斜はあります。ジョギングの場合、この坂を上りきったところで、息が切れてくるくらいの上り坂です。 高所 坂を上って、さらにもう少し歩くと、高台に出ます。多分、この近所半径1km以内では最も高い所です。遥か昔に朝のジョギングをしていた時に、ここに人だかりができていて、何かと思ったら、元旦の初日の出を見ている民の集合でした。この向きがちょうど東向き(南東向きくらいかな)です。電線は見えるとして、遠くに小さく鉄塔が立っているのが見えるでしょうか? 今度は逆向き、北西方面。ここからざーっと下って谷になっていて、また坂で山になっている様子です。どちらの方向にしてもマンションがあまりになく、一軒家が多いのがこの地域の特徴です。建築物としての一軒家も日本っぽい。家も時代とともに変わっているとはいえ、日本の特徴がありそうですが、建築ってまったく知らないので、文章で表現することができません。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 生活・その他一般 leave a comment 2016年 日本に行こう 横浜地元編 2~美容院 2016-02-17 | コメントはまだありません | 小さな贅沢・観光 美容院で髪を切る。縮毛矯正+カットです。縮毛矯正3年目なので髪が痛むせいか、薬を弱くしているっぽく、矯正効果が初年度に比べて薄いような気がしておりますが、櫛が通るようになるので、まぁ、良いでしょう。 2014.03.17 日本全土落下傘計画 九州編 1/8~日本の買物 2015.05.14 円が安い、そうだ、日本に行こう 3/4~美容院で縮毛矯正 去年は、「かっこよくしないでください。今の怪しさを残して、整える程度でカットをお願いしたい」とだけ言って、ばっちりキモい感じに仕上がったのですが、今年は少し変えていきたいと思いました。 うーん、いいですね。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 小さな贅沢・観光 leave a comment 2016年 日本に行こう 横浜地元編 1~通信事情 2016-02-16 | コメントはまだありません | ドケチ列伝 羽田より日本入り。夜の羽田便、前は眼下に広がる大都市東京の凄さ(国内比較で言ってるのではなく、グローバル比較でも、無限に広がる如くの都市の光)に圧倒されたのが、今回、大したことは無かった。曇り空ということと、飛行機の経路に依るところもあるのかもしれない。 またもair asiaからクアラルンプール経由で羽田なのだが、klのp gateを一度くぐると、喫煙スペースがなく、脱出不可能なので、これは注意が必要だ。可能な限り、喫煙スペースのそばで待ち、最後の一服をしてから移動するのが良いだろう。クアラルンプールで3時間待ちだったのだが最初にすぐ一服してしまったので、搭乗時間にはすでに最後の一服から3時間近く経過。これから6時間フライトだというのに、乗る前にすでに禁断症状で苦しい…ゴホッゴホッ、やはり禁煙は体に悪い…。 シンガポールのチャンギ空港の半額で食べられるクアラルンプールのバーキン。このためだけにリンギットを持っているのがドケチ=グローバルアービトラージャーの基本だ。 タバコはp-gateに入ったら吸えない。p-gateに入るのは搭乗時間30分前で十分! 繰り返し、二度と同じ過ちを繰り返さないようにしよう。このair asia kl経由羽田便は値段も安く便利なので、また使うこともあるだろう。 羽田に着いたら喫煙室に駆け込んで一服。う~~~ん、一箱3sgdのセブンスターがしみるぜぇ。タバコの毒は0.1秒で脳に到達するというのはまた実感だ。スパッと吸った瞬間に、禁断症状(私の場合は胸がつっかえるような症状)がぶっ飛ぶ。喫煙室の前にハングル文字を掲げた若い女性たちがいっぱい。従軍慰安婦じゃねぇなw 韓流スターが羽田に来ていたのだろうか?(1月25日22時過ぎ) 羽田から横浜まで、近い! 8分ほど駅で待ったが、成田の1時間待ちに比べれば全然許せる! バスを目の前で逃したので、重い荷物を持ってはいたが、また歩き。これ去年もこの展開だったような…。 ショッキングな忘れ物をしたことにkl空港で気づいていた。surface(タブレット)の電源アダプターをシンガポールの部屋に置き忘れてしまっていたのだ。バッテリーに限りがある。明日の朝一で買いに行かなければならない…。 ヤマダ電機に電話「パーツ売りは取り寄せになる」とのこと。 ヨドバシカメラに電話「横浜店に在庫はないが、上永谷店なら在庫がある」「今すぐ取りに行くから、取り置いてください。」 正規品9200円、高いなぁとは聞いていたが、ヨドバシカメラに行くと、「汎用品が出ていたので、こちらなら5100円ですけどどちらになさいます?」 迷わず、「汎用品で」w 信頼のヨドバシ! 「さっきヤマダ電機に電話したらパーツ売りは取り寄せって言われたんですがねぇ…」 「そりゃ、品揃えが違いますから…」 とあきれ顔の店員。 ヤマダ電機とヨドバシカメラって品揃えが違うようです。そこも、信頼のヨドバシ! 「プリペイドのシムカードも買いたいんですが…」 ぐわー、100種類くらいあって、わけわかんねぇ…。 「2か月くらい日本にいる。もうちょっといるかもしれない。だから途中でチャージできるタイプが良いんですが…」 「チャージ高いので、データ通信なら新規で買ってしまうのも手かもしれません」 う~ん、なるほど。容量max使い切ったり、延長したい場合は新規で買えばいいのか! 顧客目線、利用者目線で回答いただけるのが素晴らしい。とにかく高いものを売り、売ったら最後、逃げることしか考えないシンガポールとは全然違う。シンガポールの電気屋で店員に質問したくないもん俺。「お前に聞くくらいなら、自分で説明文読んだ方が早いわ」っていう低レベルのバイトさんしかいねぇからね。そこらへんがヨドバシカメラの店員はレベルが違う。さすが、信頼のヨドバシ! ちなみに、通話できるプリペイドは2016年1月をもっても、まだ無いそうです。データ通信は不思議なことに去年の春から許可されたとのこと。それは嘘だ。去年の2月くらいには俺、データ通信のプリペイドシムカード買ってるはずだ。にしても「遅れてる」というよりガラパゴスな制限しすぎだよなぁ…。prepaid sim for japan travelって書いてあって、英語の説明書までついてるよ。そりゃそうだよな、これから東京オリンピック、2020年までにはなんとかしないと「通話できるプリペイドシムカード売ってないの? 日本は先進国って聞いていたけど…」と世界中から笑われてしまうぞw (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in ドケチ列伝 leave a comment gpifデリバティブ解禁かお悩み中? 2/2 プロ向け曲解 2016-02-15 | コメントはまだありません | デリバティブ 株の自主運用認めず、gpif巡り社保審、政府・与党で最終判断へ。 2016/02/09 日本経済新聞  公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(gpif)に株式の自主運用を解禁するかを巡り、厚生労働省の社会保障審議会は8日、認めないことでほぼ意見が一致した。gpifが直接株式を持つと、国家の企業支配につながるとの懸念が強かった。審議会の意見を踏まえ、政府・与党が今国会に提出予定の公的年金改革の関連法案に盛りこむか最終判断する。  審議会で了承した論点整理では、(1)自主運用の全面解禁(2)部分解禁(3)見送り――の3案を併記した。このうち、日経平均株価など指数に連動した運用成績を目指す「パッシブ運用」に限って、議決権を外部に委託して、部分的に自主運用を認めるべきだとの意見が複数の委員からあったが、「一部の意見」にとどめた。  自主運用は見送り、「早急に手当てが必要なデリバティブ(金融派生商品)の規制緩和」などに限るという意見が多かったとした。  自主運用の解禁は経団連や連合出身の委員を中心に反対意見が強かった。gpifが直接株式を保有して、株主総会で議決権行使をするようになると、企業経営への影響力を強めることができるという懸念があるためだ。8日の審議会でも「企業支配や市場をゆがめる懸念を払拭できない」との声があった。 はぁ…、がっかりしちゃうねぇ。株主との対話? スチュワードシップコード? コーポレートガバナンス? 形骸化した社外取締役? やる気ねぇじゃん。就職協定・定年延長・ベースアップwwwなどなど、経団連は、ろくなことを言わねぇな。健全な資本市場の形成を阻む、ガンコおじいちゃんの集まりとしか思えない。 しかし、デリバティブ解禁にはおじいちゃんたちも理解を示しているようなので、さらに俺も経団連の意見に援護射撃してやろう。日経新聞紙上で議論しているのは、為替の”先物”のことのようであるのだが、株式のデリバティブである先物・先渡にも議決権がないから、株の代わりにgpifが先物・先渡で持ってくれれば、エコノミーは大きく変わらず、議決権は発生しない。経団連が大好きな物言わぬ株主の出来上がりだ。株主じゃねぇな、巨額なデリバティブ年金ファンドw 100兆を超える金額だと、先物のロールコストもバカにならないから、株の代わりにデリバティブで株式エクスポージャーというのは極論で現実味がないが、アロケーション比率を保つための日々の売買に先物を使うのならば、取引コストは下がるかもしれない。債券にしても株にしても、現物でやるより、先物で調整すれば、手間もスプレッドも狭いだろう。 また、アロケーション比率を固定して、日々、リバランスをする場合、ボラティリティを味方にできる。下がったアセットクラスを買い、上がったものを売るので、規模が大きくても楽な方向の取引だ。あたかもガンマロング的ポジションで、言って来いの相場展開では、buy&holdは不変だが、アロケーション比率固定戦略は、動きの分だけプラスとなる。一方で、売買代金がついにトップとなった日経レバ2などのリバランスは、下がったら売り、上がったら買わなければならないので、規模が大きくなればなるほど、厳しい取引(ガンマショート)となる。 2014.02.25 株のbuy&hold戦略が持つgamma long性 2014.04.25 素人がハマっている必負法 1/3 ~日経レバ2の行く末 株自主運用、解禁せず、公的年金巡り政府・与党。 2016/02/11 日本経済新聞  政府・与党は10日、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(gpif)の株式自主運用を認めない方針を固めた。株価の急落で慎重な意見が強まった。今国会に提出予定の公的年金改革の関連法案には盛り込まない方針だ。  現在の法律ではgpifが株式を直接持てないルールになっている。厚生労働省の社会保障審議会は2015年12月から機動的な運用や手数料の削減を目的に自主運用の解禁を検討してきたが、経団連や連合が「政府機関であるgpifの株式保有は企業支配につながる」と反対し、結論が出ていなかった。  政府・与党内では日経平均株価などの指数に連動した運用成績を目指す「パッシブ運用」だけ認めるべきだとの意見もあったが、「株価が大幅に下がるなかで実施する必要があるのか」との意見が強まっており、見送る方向になった。  厚労省が3月上旬に提出を目指す公的年金改革の関連法案には、gpifのガバナンス強化とデリバティブ(金融派生商品)の規制緩和などを盛り込む。  理事長に権限が集中する体制を改め、労使の代表らで構成する経営委員会を設置。円高などによる損失を抑える目的に限ったデリバティブを使えるようにする。 デリバティブ解禁と言っても、議論の中心は、株の話ではなく、為替の話なんだよね。ごめんごめん。しかし、為替の上場先物というのはどういうことなんだろう? cmeのfx futureでも使うつもりなのだろうか? たぶん、ちょっと株が下がって、円高になって、損した時だけ怒る金主に対して、場当たり的な対応をしただけなのだろうが、あえて、また援護射撃をしよう。 当座預金に対するマイナス金利導入以降、国債金利も激しく下がったが、ベーシススワップもさらに拡張し、円がダブつき、jpy libor -100ベーシスまで到達している。gpifの為替のヘッジは方向的に、ドル売り円買いなので、先物でも先渡でもオプションでもスワップでも-100ベーシスがfavorに働く。gpifは、このベーシススワップも取りに行く方向で、どん欲にデリバティブ解禁を働きかけ…。うん、まぁ、上場ものじゃなくて、店頭でいくらでもできるので、やっぱ言い訳か。 アロケーション比率一定というのは、日経レバ2に比べれば、はるかに素晴らしい運用戦略なんだけど、損したら、やっぱりみんな怒るんだな。上がったら売り、下がったら買うというトレーディングになる点や、ベーシスの実現で為替ヘッジと考えれば、もう少しgpifに対して寛容になれないものなのかねぇ? 【g7 金利・国債系】 2015.12.21 坂の上の雲四 12~金策 2015.09.29 アメリカ覇権という信仰 2015.07.15 家計の金融資産残高が1700兆円を突破 2015.03.16 仮想通貨革命 ビットコインは始まりにすぎない 7/7~貨幣の非国有化 2014.07.28 続・オプション・トレーディングにおける個人投資家とプロの違い、グリーク(リスク指標)の見方 2014.03.26 人民元売却計画ステージ2 10/16~ユーロマネー、オフショア人民元 2013.08.13 オプションなんて勉強するものじゃないです。まずは債券いっときまひょ 2013.01.29 金融政策の話 2/2 ~預金と規制 2012.07.04|ウォールストリートの歴史 5/8 ~第一次世界大戦 2012.02.27|告白 元大和銀行ny支店2/2 ~トレーディング 2011.10.31: 日本国債cdsが急落 2011.10.03: 日本国債5年cds 1.3% vs 日本国債5年モノ0.35% 2011.09.09: スイスフランの介入劇 2011.07.07: モルガンs、米インフレ期待めぐるトレーディングで損失 2011.04.18: 米国債券投資戦略のすべて3/3 ~パススルー証券 2010.02.04: 日本最大の投信「グロソブ」4兆円割れ 2009.12.01: 金利系投資からの撤退  2009.08.05: 金利をsalesに教える 2009.06.17: 暗算でやる金利計算@街頭インタビュー 2009.01.15: 株投資家から見たインフレ連動債tips 2008.12.25: さようならus strips 2007.12.17: 債券市場参加者の世界観 ~ 儲け=売値ー買値では無い   2007.12.12: 債券税制 ~これを知った上で買えるか?毎月分配 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in デリバティブ leave a comment gpifデリバティブ解禁かお悩み中? 1/2 一般向け解釈 2016-02-12 | コメントはまだありません | デリバティブ 新聞記者がgpifの真意を理解できているのか?というのは極めて疑問ではあるが、新聞経由の情報で、将来のgpifのデリバティブ運用を想像してみよう。gpifが記者に対して、行間を読むという難解な言い方をせず、包み隠さず方針を述べたとしても、記者が理解できたレベルで曲解されたものが記事になるという性質上、ソースが揺らいでいるゆえに私の想像も揺らぐことになるのだが、その変化を記事とともに追っていくことにしよう。 毎日、「gpifのデリバティブ解禁」の記事が載っているので、順に追っていこう。 gpif、損失回避に規制の壁(風速計) 2016/02/08 日本経済新聞  「じくじたる思いだ」。公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(gpif)の水野弘道・最高投資責任者は1月28日の社会保障審議会で漏らした。gpifは2015年7~9月期に7・9兆円の損失を出した。運用成績は市場平均とほぼ同じだが、価格変動リスクを避けるデリバティブ(金融派生商品)が使えれば、損失を少なくできたという思いが強い。  今のgpifは円高で運用資産に損失が出ないように為替ヘッジ(差損回避)をしようとしても、市場参加者の多い市場デリバティブが使えない規制の「壁」がある。店頭デリバティブは使えるものの、相対取引なのでgpifの投資行動が市場に伝わりやすく、為替相場に影響を及ぼす可能性がある。  社保審ではgpifのガバナンス強化と運用規制の緩和を議論し、デリバティブの活用拡大も検討されている。ガバナンスは合議制の導入で大筋合意したものの、運用規制は年初からの相場の変調もあり、慎重な意見が複数の委員から出ている状況だ。  調整が難航しているのは、gpifの株式自主運用の解禁などハードルの高い施策があるため。ただリスクにおびえるあまりに、損失を回避するための方策も導入できなくなるようなら、皮肉と言わざるを得ない。(o) > 市場参加者の多い市場デリバティブが使えない規制の「壁」がある。店頭デリバティブは使える 市場デリバティブってなんだよ、上場デリバティブだろ? listedを市場って訳すか? と思っていたら、厚生省の説明で、 http://www.mhlw.go.jp/file/05-shingikai-12601000-seisakutoukatsukan-sanjikanshitsu_shakaihoshoutantou/0000111870.pdf 5ページ目に、市場デリバティブ(上場デリバティブ)という表現がある。取引所だけが市場(=market)ではないので、上場と表現するようにして欲しいものだ。口うるさい頑固おやじはまた嫌なものを発見w 厚生省同じ5ページに 為替先物取引(※1) ※1 市場デリバティブ取引を除く コラァー! 日経新聞は先物と先渡の区別もついてないのか! 銀行の説明のせい? とか思っていたのだが、「厚生省、お前もか」 2009.03.26 中国人民元先物? 日本の役所のウェブ(いつも見ているのは日銀や財務省だが)って、しっかりしててレベル高いなぁ…、と思っていたのだが、ここだけはいただけないな。英語で言ったらfutureとforwardでね、forwardに対する先渡って日本語までちゃんとあるの。物書きなら、そのくらいの表現の多彩さは持っていなさい。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in デリバティブ leave a comment 日本仏教史 4/4~外来思想は日本に根付くか? 2016-02-10 | コメントはまだありません | 読書 日本人の宗教意識-統計に見る奇妙な結果 1988年の日本の諸宗教の信者数である。 神道系 111,791,562 仏教系  93,109,006 キリスト教系 1,422,858 諸教 11,377,217 計 217,700,643 (文化庁「宗教年鑑」平成元年版による) だがよく見ると、この数字はどこかおかしい。信者数の統計を見ると、2億を越している。そこでもう一つ別の統計を見ていただきたい。これは世論調査から出された数値である。                 日本 アメリカ 信仰を持っている人    33% 93% 信仰を持っていない人  65% 7% (nhk「日本人の宗教意識」 日本放送出版協会1984) 信仰を持っている日本人は1/3にすぎず、アメリカと比べてみるとまさに無信仰の国と言ってよいほどである。 どうしてこのような奇妙な結果が出るのであろうか。どうやら最大の問題は信者数における神道系の数字にありそうだということは推測できる。神道系のうち、8639万人は神社本庁の信者ということになっているから、これは戦前の国家神道以来の氏神-氏子関係が持ち越されているのではないだろうか。本人の知らないうちに信者に組み込まれているとすれば、いささか恐ろしい気もする。仏教の場合、信者数の統計では9000万を超え、総人口の8割に迫る信者数を持ちながら自覚的な信者は27%にしか達しないところをみるとやはりその食い違いが気になる。信者数の統計には檀那寺と檀家の関係が持ち込まれていると思われる。 そもそも日本の仏教というのは学問的にはなかなか扱いにくい領域です。まず何よりも非常に多面的であり、かつ現代でも生きた宗教ということがあります。例えば、インドの仏教を考えてみますと、確かに仏教発祥の地であり、数多くの仏典もインド起源ですから、仏教の研究をする場合、つねにインドの仏教をおさえておかなければなりません。私たちの研究室では、日本の仏教の研究を専攻する人でも、まずインドのサンスクリット語の習得が義務付けられています。 > インド哲学、俗に言う「印哲学科」か…。人気のない学科ということで名前だけは聞いたことがあったのだが、なかなか面白そうな学科じゃないか。 数理研究を進めていていつも行き当たるのは、日本の仏教は数理面の研究だけではごく一部しか解明できないという実態です。葬式仏教と言われるような仏教の実態、あるいは民衆の中に溶け込んだ様々な行事や風習などは、数理的な説明があったとしても建前にすぎず、むしろ日本人の生活習俗が仏教の形を取って現れたという面も少なくありません。例えば、古代の仏教の実態を知るのには、南都六宗の学問仏教も重要ですが、それはしょせん一部のエリート層の営みであり、大多数の民衆とは無関係です。民衆の間で信じられていた仏教の実態は、例えば「日本霊異記」などを読んだほうがよほど生き生きと描かれています。それゆえ、日本の仏教の実態を明らかにするためには、数理や歴史資料のみならず、文学やさらに仏像などの美術の分野も不可欠になります。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 日本仏教史 3/4~檀家制度ができた歴史的背景 2016-02-09 | コメントはまだありません | 読書 仏教の真理観 仏教思想の大きな特徴は縁起にあると言われる。縁起というのはあらゆる現象世界の事物は種々の原因や条件が寄り集まって成立しているということで、それゆえにこそ一切万物は変転極まりない、これが無常といわれることである。このように万物が変化し、演技によって成立しているということは、裏から言えば、外に依らずして自存し、永遠に存在するようなものは何もないということである。したがって、縁起の原理は実体が存在しない、無実体であるということに他ならない。またインド哲学の用語では、このような実体はアートマン(我)といわれるので、縁起の原理はアートマン否定ということになり、これはアナートマン(無我)の原理ともいわれる。大乗仏教で主張される空(シューニヤター)も基本的には同じ原理を言っているものである。さて、このような縁起・無実体の原理に立つならば、この現象世界を離れて何か真実の世界があるという考え方は否定される。このことは西洋の哲学と比べると明白である。実体主義の最も典型的な例はプラトンのイデア論に見られる。イデア論によれば、我々が見ている現象の世界はイデアの真実の世界の影のようなものであり、イデアの世界は感覚ではとらえられないものとされる。神を完全な存在としてこの世界を不完全な存在とみるキリスト教の哲学や、またブラフマンを絶対と見る。ヴェーダーンタの哲学も同様に実体主義の立場にたつということができる。これに対して、仏教では現象世界以外の世界を認めない。しかし、現象世界の自体の中に実体が存在すると見る唯物主義とも異なっている。 中国の北方に興り、ヨーロッパにまで攻め込んだ蒙古が、最初に国書を送って日本に迫ってきたのは文永5年(1268)。思想史上でもこの事件は大きな転換点を形作る。第一に、歴史始まって以来の国難はいや応なく国家意識を高め、また日本の神々への関心を高める。神道がはじめて本格的に理論化され、思想界に登場するのはこの頃から建武の中興を経て、南北朝にかけての時代である。それに対応して仏教界でもいち早く日蓮の国家思想が見られ、さらに熊野信仰と結びついた一遍の念仏などが見られる。 第二に、元の興隆と南宋の滅亡(1279)により、中国への留学はもちろん、大陸の新しい動向に左右されることもなくなった点が挙げられる。前代には最も土着的と思われる親鸞でさえ、宋の仏教界の動きに大きな関心を寄せていたが、この時代にはそれは不要であり、不可能にもなって、いや応なく独自の道を探ることになる。 第三に、前代には比較的安定した社会を背景に宗教の問題に沈潜し、思索を深めることができたが、社会の激動に伴い、現実への関心や社会的活動が強くなってきている。日蓮の国家諌暁や折伏活動、一遍の遊行、叡尊・忍性の救済活動などいずれもこうした動向と見ることができる。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 日本仏教史 2/4~仏教の発展 2016-02-08 | コメントはまだありません | 読書 どうして膨大な仏典ができたか 仏教がキリスト教などと違う一つの点は、その聖典の分量が膨大だというところにある。キリスト教では、旧約・新約聖書を合わせるとかなりの量になるとはいえ、一冊に収まる程度の量である。ところが仏教では、今日広く普及している「大正新修大蔵経」によると、b5判の分厚い本に三段組みでぎっしり漢文が組まれて全100巻にのぼる。もっともこのなかには中国や日本で書かれた注釈書などまで入っているが、いわゆる経典だけ取り出しても21冊になる。これでは専門家でさえ十分に読みこなしきれない。どうしてこんなにたくさんの経典ができることになったのであろうか。 伝説によると、仏典の編纂作業はブッダの滅後、直ちに開始されたという。十大弟子の一人魔訶迦葉(マハーカーシャパ)は、 弟子の一人の比丘がブッダが亡くなってこれで自由になれると喜んでいるのを見て、これではブッダの教えは滅んでしまうと危機感を抱き、ブッダの教えを正しく伝えようと決心した。そこで仏弟子たちに呼びかけ、500人の長老たちが集まって、マガダ国の首都王舎城(ラージャグリハ)で集会を開き、ブッダの教えやブッダが定めた戒律を確認したという。ブッダ自身の用いた言語はマガダ地方の方言であるマガダ語であったと考えられるが、初期の仏教では言語を無理に統一しようとせず、各地の方言を自由に用いたようである。そのなかでとくにのちにパーリ語とよばれるようになる言語のものがスリランカに伝えられて、今日に至るまで東南アジアの仏教の聖典とされている。他方、中国に伝えられた原始経典は、聖典を意味するアーガマの音写で阿含経典とよばれたが、小乗経典として低く見られ、近代にいたるまで十分に研究されることが無かった。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 日本仏教史 1/4~日本における仏教 2016-02-05 | コメントはまだありません | 読書 日本仏教というのはいささか問題のある言葉で、かつて皇国史観のもとで、「日本」においてこそ「仏教」は最高の円熟に達するとされ、その独自性が「日本仏教」という言い方で表現されたことがある。いわば「日本」と「仏教」とのおめでたい調和ともいうべきものであるが、そんな経緯があるから、どうもこの言葉には抵抗がある。だが、ともかく僕にとっては、おめでたい調和ではなく、むしろ「日本」と「仏教」との相互の居心地の悪さ、どこかしっくりしないところがおもしろいのだ。大体、仏教というのはおかしな宗教で、発生地のインドでは滅びて消えているし、中国や韓国でも滅びはしないまでも、ある時代以降、積極的な思想史的な意味を失ってしまう。キリスト教だって発生地のユダヤ人社会で滅びたではないかと言われるかもしれないが、もともとユダヤ人社会でもそれほど多数を占めたり、大きな影響を残したわけではなかったであろう。ところが仏教はインドでは古代の一代期、思想・宗教界の主流ともいうべき強大な力を誇り、インド最大の哲学者シャンカラ でさえ「仮面の仏教徒」といわれるような大きな影響を残している。それがほとんど完全に消えてしまっているのはなぜだろう。中国だって、中世の仏教の全盛期から近世に下ると、仏教にひいきする目から見れば目を覆いたくなるものがある。日本の場合、仏教はかなり強力に生き残ってはいるが、近世以後、思想界の主流としての力は持ちえなかった。もちろん、チベットや東南アジアのように仏教の定着した地域もあるのだから一概には言えないが、どうも仏教には定着しにくい一面があるような気がする。例えば、「空」という発想にはどうにも落ち着きの悪さがある。「空」は「有」として安定することへの絶えざる否定であるから、定着することをはじめから拒否している。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 変な記事、所得税と消費税、どちら選ぶ?(風) 2016-02-04 | コメントはまだありません | 生活・その他一般 まず日経新聞の記事原文だが…、 所得税と消費税、どちら選ぶ?(風) 2016/02/02  「所得税と消費税、どちらを選ぶ?」。行動経済学の分野で、こんなテーマの経済実験が進んでいる。実験に取り組むのは大阪大学大学院の黒川博文氏(日本学術振興会特別研究員)らだ。  阪大生105人を5つの所得グループ(1600円から4500円まで5段階)に分け、所得のすべてを消費に使うと設定。被験者は所得税率と消費税率の組み合わせに対し、好みの税を選ぶ。  実験結果は「所得税20%、消費税25%」の組み合わせでは所得税を選ぶ人が多く、「所得税20%、消費税22%」でも所得税を選ぶ人が多かった。  所得1600円の人は所得税額がいずれも320円。消費税額は税率25%で320円。1280円の商品を購入し、25%(320円)を納税して1600円を使い切る計算だ。同様に税率22%では消費税額は約289円。消費税額が所得税額以下なのに所得税を選ぶ人が多かったことになる。  一方、消費税の計算方法を尋ねると、正しく理解していた人はわずか約2割だった。黒川氏は「所得税が好まれたのは消費税額の誤計算。見た目の税率の大小で判断していることを示唆している」という。  経済社会では見かけの数字に惑わされる例がほかにもある。例えば所得控除と税額控除。岩本康志・東大教授は「所得控除は税額控除より金額のケタが大きいが、必ずしも効果が大きいわけではない」と指摘。そのうえで「所得控除は税率の高い人の減税額が大きくなる。高所得者には恩恵が大きいが、低所得者には恩恵が小さい」と話す。  見かけに惑わされず、実態に即した行動や政策判断が大切だといえる。(経済解説部 福士譲) 何言ってんだこれ? 変な記事だと思わなかった? 俺はネットの日経新聞記事だから、紙の日経新聞オリジナルには、ちゃんと載っていたのかねぇ? 所得が1600円? 所得のすべてを消費に使うと設定? だったら、消費税も所得税もクソもねぇだろが あまりにも変な記事だったので、「黒川博文 所得税と消費税、どちらを選ぶ?」でぐぐってみると…、 所得税と消費税の好みに対する選択実験 http://www.abef.jp/event/2015/pdf_abst/e2.pdf というオリジナルがすぐに出てくる。思った通り、オリジナル論文は、筋が通っていてわかりやすいw (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 生活・その他一般 leave a comment シャープ「液晶敗戦の教訓」 3/3~仕組まれた価格破壊 2016-02-03 | コメントはまだありません | 読書 イオンが売り出した「5万円テレビ」の衝撃 「32インチが5万円以下!」 シャープの亀山工場が稼働する前の2009年2月、流通大手のイオンが15000台限定で32インチの薄型液晶テレビを売り出した。イオンの5万円テレビは「ダイナコネクティブ」という東京のベンチャー企業がつくった。同社は大学卒業後に韓国から来日した金鳳浩氏が、2002年に立ち上げた会社で、従業員数25人のファブレス企業だった。「ファブレス」とは、製品の企画設計や開発は行うが、製品製造のための自社工場を持たない企業を言う。電機業界では1990年代に分業化が始まり、自社では生産設備を持たないファブレス企業や、ファブレスとは逆に他社から半導体チップの製造の受託生産を専門に手がける「ファウンドリ」と呼ばれる企業が次々に誕生した。また「ems」(electronics manufacturing service)と呼ばれる企業では、家電製品を組み立てる受託生産を幅広く展開している。 「モジュール」は「すり合わせ」の対極概念 5万円テレビの事例では、液晶パネル、光学部材、バックライトについても標準的な仕様で大量に生産された汎用部品を用いる。テレビの映りを左右する中核部品にも汎用部品を用いる。信号処理基盤やテレビチューナも、異なる会社の汎用部品を力技で組み合わせる。大企業ではな考えられない設計だ。大企業の場合は、「専用部品」を用いて、一体の基板として、自社で設計・生産するのが普通だ。これは、テレビの画質の良さや組み立てやすさを追求するためである。汎用部品はモジュールである。モジュールを寄せ集めるとシステムができ、微調整は必要ない。「すり合わせ」は相手の状況を読みながら微調整を繰り返す方法だが、モジュールを使ってものづくりをする場合は、すり合わせはまったく必要ない。つまり、モジュールとすり合わせは対極の概念である。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment シャープ「液晶敗戦の教訓」 2/3~亀山工場と堺工場 2016-02-02 | コメントはまだありません | 読書 新竹サイエンスパーク(新竹市東区)は、台湾のシリコンバレーとも言うべきハイテク企業の集積地である。パーク内には、国立研究所である工業技術研究院(itri)や、交通大学や精華大学などをはじめ、半導体の前工程だけを受託する世界最大のファウンドリ事業を展開する台湾積体電路製造(tmsc)、世界有数の液晶メーカーである友達光電(auo)等がある。もちろん、日本のハイテク企業、アメリカのハイテク企業も、ここに台湾での拠点を持っている。広さは約8平方キロメートルでここに約400社があるので、シリコンバレーよりも面積当たりの企業の密度が高い。またitriか海外に行ってitriに戻ったり、itriから民間企業に移動するといった人の流動性も、シリコンバレーより高い。そのため、この章でテーマとしてきた技術流出も起きやすい環境にあると言える。itri出身で、パーク内を案内してもらった技術者はこう言った。 「ここでは情報の秘密保持は不可能です。すぐに漏れます」 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment シャープ「液晶敗戦の教訓」 1/3~すり合わせ不要のモジュール化 2016-02-01 | コメントはまだありません | 読書 ものづくりには、個別企業の経営戦略、経営者の経営判断とともに、その国の経済を形成する各種産業の比重や仕組や関係、つまり「産業構造」の変化が大きく影響する。産業構造からみた、日本のものづくりの強みは、よく言われているように「すり合わせ」にある。すり合わせとは、企業間でお互いに技術を共有して相手の状況を読みながら微調整を繰り返す方法だ。日本企業は、このすり合わせにより、高度・高品質な技術を取り込んだ製品を市場に次々に投入して、事業を拡大してきた。そして、それによって、数多くの成功体験が蓄積された。 ところが、このやり方が時代に合わなくなった。本書中で詳しく述べるが、「すり合わせ」をしなくても完成品がつくれる「モジュール化」の時代が到来したのに、日本の電機産業はその対応に遅れてしまった。国内ですり合わせをやりすぎて国内市場に過剰適応してしまった結果、ものづくりが「ガラパゴス化」してしまった。「良い製品を作れば売れる」という時代は終わった。技術をとことん追求し、それを過度に崇拝するだけでは、グローバル競争に勝てない。結果的に、日本市場だけを相手にして、グローバル市場を目指す韓国、台湾、中国などの企業に勝てなくなってしまった。つまり、一言で言うと、「急速な産業構造の変化に日本企業は対応できなかった」ということが、日本の「ものづくり崩壊」の原因である。 モジュール化により日本勢の優位は崩れた 米国グーグルの基本ソフト(os)「アンドロイド」と、スマホの基本機能を満たす1個の半導体、液晶パネルを組み合わせれば、スマートフォンはできあがる。アンドロイドはグーグルによって主に携帯情報端末向けに開発されたosである。ライセンスフリーといって、だれでも自由に使用できる。このためアンドロイド搭載機種は、2014年、世界シェアの85%に達して圧倒的な勝利を収め、いまや世界標準となっている。基幹部品のような一つのまとまりを、経営学では「モジュール」と呼んでいる。こうしたモジュールを組み合わせれば、スマホなどの機器は誰でも生産できる。いま世界のものづくりはモジュール化へと大きく変化した。 そこで多くの人が疑問を抱くのは、「シャオミのスマホは安かろう悪かろうではないのか?」ということだ。しかし、そうではない。優秀なエンジニアたちが、深い技術知識を基に、自ら必要な最先端部品を調達している。シャオミは、アップル、サムスンより規模が小さいため、部品量も少なくてよく、小回りが利き最先端部品を調達できている。また驚くべきことに、主要部品をすべて公開している。顧客に情報公開することにより、最先端部品を使用していることをわかってもらい、顧客に安心感と他社より価格が安いことをアピールしている。サムスンと同等の仕様でサムスンの半値という、コストパフォーマンスの高さを誇っている。古い体質の企業は、こうした情報を企業秘密として扱うので、シャオミのやり方についていけない。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 予見された経済危機 3/3~アングロ・アメリカンの借金観 2016-01-29 | コメントはまだありません | 読書 現在の米国gdpの70%は消費が占めており、個人消費が成長を牽引する構造になっている。ちなみに新興国では中国のように米国の消費を前提とした設備投資が経済を引っ張っており、経済が成熟するにしたがって徐々に消費のシェアが高まると予想されている。だが消費はそもそも所得が増えなければ増加しない。所得は逆に消費が増えて生産が刺激されなければ増加しないはずである。米国はその堂々巡りをどう打ち破ったのだろうか。その説明のために、「個人への割賦販売が消費の増加に寄与した」という事実をたどっておくことにしよう。個人が、自分の貯蓄を越える価値の商品を買うことは、本来不可能である。それあ借金や贈与などによって初めて可能になる。企業が借金によって生産を拡大できるように、個人もまた借金によってその生活水準を上げることができるのだ。レバレッジの原点でもある。 借金の源流は、メソポタミア期の耕作のための種子などに求めることができるが、それが「生活必需品の購入」というよりも「耐久財の購入」に制度的に設計されたのは、個人向けの割賦販売が制度として「発明」されたからである。その手法を編み出したのは、政府金融と企業金融とを大西洋間で発展させることに成功した英国と米国、すなわちアングロ・アメリカンであった。このdnaは、クレジットカードのローン残高の世界一が米国で、二番目が英国であるという、21世紀の現代社会にまでしっかりと受け継がれている。 個人向けの金融は誰が牽引したのだろうか。米国の消費者金融モデルをイタリア系移民のa・p・ジアニーニが設立した「バンク・オブ・アメリカ」(設立当時はバンク・オブ・イタリア)に置いている。西海岸で銀行を開業したジアニーニは、1906年のサンフランシスコ大地震の際に他行が営業できなくなったのに対して、早めに金貨や営業記録を持ち出して数日後には港近くで営業を再開する。都市復興のための融資である。これで資金のメドがついた船長らはシアトルやポートランドにまで船を出港させて、サンフランシスコ復興のための資材を確保することができたという。また、ハリウッド映画の基礎を作ったのもジアニーニであった。当時、担保力のない映画産業は銀行から借り入れることができなかった。そこでジアニーニは一案をめぐらし、映画産業への融資のための担保を見つけた。映画フィルムそのものである。これで映画への融資が始まり、ハリウッドは世界に冠たる映画のメッカとなった。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 予見された経済危機 2/3~万年弱気論者 2016-01-28 | コメントはまだありません | 読書 ルービニ教授は「米国はこれから厳しいリセッションに陥る、皆が期待するようなソフトランディングはあり得ない、ハードランディングを回避することはできない」と、予言者のように米国経済の暗い見通しを語ってみせたのであった。その内容を大きく要約すれば、以下5点である。 (1)米国は2006-2007にかけて景気後退に陥る。 (2)frbは金融緩和に動くだろうが、それはリセッションを回避する効果を持たない。 (3)新興国などは「デカップリング」によって米国リセッションの影響を受けずに済むというのは、根拠のない楽観論に過ぎない。 (4)米国だけでなく他国でも株式や商品などの価格が下落する。 (5)現在の米国の経常赤字は持続不可能であり、他国による「ドル資産離れ」が起きる可能性がある。 ルービニ教授は、リセッションは不可避であるという主張を支える3つの要因を挙げている。まずは「住宅市況の変調」だ。教授は2006年の時点で住宅価格は1930年代以降で初めて下落を始めたと指摘、それがかなり激しいものになると予想している。2番目は「原油価格」である。教授は、上昇するエネルギー価格は経済にスタグフレーション効果を与え、frbは引き締めへと向かわざるを得ない、と見ている。この「frbによる金融政策」が3番目の要素だ。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 予見された経済危機 1/3~1ドル紙幣とは何か? 2016-01-27 | コメントはまだありません | 読書 ルービニ教授がパネリストとして招かれた2006年1月のダボス会議のある討論会において、欧州の通貨問題が議題として取り上げられたことがある。そこでルービニ教授は例によって極めてストレートな表現でイタリアの財政の脆さを指摘し、イタリアはほとんどアルゼンチンと同じだ、と述べてひと騒動が起きる。パネリストの一人がイタリアのトレモンティ財務相であったからだ。財務相はその発言を途中で遮って「お前なんかトルコに帰れ!」と、公式の場で教授を罵倒したと伝えられている。教授はその後、この財務相の発言はイスタンブール生まれの自分に対する軽蔑というよりも、euに加盟しようと努力しているトルコに対して大変失礼な発言であるとブログで批判しつつ、淡々とイタリア財政の問題点を再強調していた。 教授が一躍世界の注目を浴びることになったのは、2006年9月に開催されたimf総会の際に、強烈な米国リセッション予想を放った「事件」であろう。ゴルディロックスに酔いしれていたのは資本市場だけではなかった。著名な経済学者らも、世界的不均衡などの問題は認識しつつも、それが危機的な状況にまで至ると考えていたわけではなかったのだ。そこに、ルービニ教授が公式な場で一石を投じたのである。当時の記録によれば、教授の超悲観論は会場から多くの支持や理解を得たとはとても言い難い。だが、一年後に世界中の人々は、それが恐るべき「正確な予言」であったことを知ることになる。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 上がったら買い、下がったら売る愚行世論が生まれる瞬間 2016-01-26 | コメントはまだありません | 株式投資 株安、アベノミクスに試練、政府・与党、追加緩和に期待も、野党、公的年金含み損批判。 2016/01/21 日本経済新聞  「アベノミクス」が試練を迎えている。円安や株価上昇、それに伴う企業業績の改善を「成果」と位置づけてきた安倍政権にとって、円高・株安はアベノミクスの信頼を根底から揺るがす恐れがある。安倍晋三首相は「日本経済はしっかりしている」と強気の見方を繰り返すが、政府・与党内からは夏の参院選への影響を危惧し、日銀の追加緩和を期待する声も出始めた。 参院選を懸念  「ことしの政権運営は前途多難だ。夏の参院選の足を引っ張らないといいが……」。首相の側近は20日、こう懸念を示した。  第2次安倍政権発足以降、首相がとりわけ重視してきたのが株価の動向だ。日銀総裁に黒田東彦氏を起用し、2年間で通貨供給量を2倍に増やす「異次元緩和」を実施。円安が輸出企業の業績を改善し、株価の上昇にも結びつくスパイラルを生み出した。さらに公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(gpif)の運用で株式比率を上げ、株価押し上げ要因をつくった。  その結果、民主党政権時代に8000円台まで落ち込んだ株価は一時2万円を超える水準まで回復した。海外収益の伸びなどを追い風に、上場企業の2015年3月期の経常利益は最高を更新した。首相周辺は「株高こそが政権運営の原動力だった」と指摘する。  それだけに政府・与党内では危機感は強い。円高や株安がもっと進めば、企業の来期業績の下振れ懸念も強まる。首相が期待していた賃上げや雇用増の機運にも急ブレーキがかかりかねない。 「最後は日銀」  ある政権幹部は「最後は日銀頼みか」と漏らす。菅義偉官房長官も20日の記者会見で「日銀総裁は日ごろ2%の物価安定目標の実現のためにためらいなく追加緩和を含めて対応すると述べている」と日銀の対応に期待を示した。20日の自民党財務金融部会では上野賢一郎部会長が「場合によっては政府・与党あるいは日銀の方でなんらかの対応も今後考えられるのではないか」と強調した。  ただ、原油安や中国経済の先行き不安など海外要因を背景とする世界的な株安だけに、日本側で打てる手は限られているのが実情だ。  野党は一斉に攻勢に出ている。民主党の枝野幸男幹事長は20日の記者会見で「アベノミクスというカンフル剤をやめて経済の体質改善をしっかりとしていく必要がある」と述べた。共産党の穀田恵二国会対策委員長も「労働者の所得や賃金は実質上がらず格差と貧困を生んだ」と批判した。  矛先は、gpifの含み損にも向かう。「年金積立金が目減りした恐れがある」。維新の党の井坂信彦氏は12日の衆院予算委員会で追及した。民主党の長妻昭代表代行は14日の記者会見で「公的年金の基礎年金で50%の株投資というのは世界の標準から見ても問題が大きい」と批判した。  首相が打ち出した「金融緩和」「財政出動」「成長戦略」のアベノミクス「3本の矢」。日銀の異次元金融緩和は経済活性化へのカンフル剤となったが、持続的な成長実現ではまだ目にみえる成果は生み出せていない。貿易と投資の自由化をめざす環太平洋経済連携協定(tpp)では大筋合意にこぎつけたが抜本的な農業改革はこれからの課題だ。  昨年には、20年に向けた新たな「3本の矢」を発表したが、子育て支援などが軸で「わかりにくい」との反応が多い。アベノミクスが海外発の逆風下で踏みとどまれるかどうかは、本質的な成長戦略を打ち出せるかにかかっている。 エコノミストの見方 gdp600兆円へ 抜本対策が必要  熊野英生・第一生命経済研究所首席エコノミスト 安倍政権の「新3本の矢」は内容に乏しく、市場では実現性に疑問をもたれている。海外から株式市場に逆風が吹いたときに弱いのはこのためだ。本当に国内総生産(gdp)600兆円を実現するなら、人口減少に歯止めをかける抜本対策や農業改革などやるべきメニューはある。  株価上昇局面では年金積立金管理運用独立行政法人(gpif)の運用先に株式を増やすやり方は有効だったが下落局面では損失ばかりに焦点があたる。日銀の金融緩和に依存し、改革が遅れたツケがでている。 「新3本の矢」 海外に響かず  河野龍太郎・bnpパリバ証券チーフエコノミスト もともと実体経済の回復が弱いなかでアベノミクスで円安に誘導することに無理があった。輸入品の価格上昇で生活を圧迫し、企業の調達コストが上がる。安倍政権が知事選など地方選で負けが目立つのはこのためだ。  円安誘導で実現していた株高効果が海外経済の要因ではがれ落ち、弱い日本経済の実態があらわになったといえる。  新3本の矢も具体策はないに等しい。海外投資家からは「訳が分からない」という声が聞こえる。政権が海外経済の不透明さを理由1に消費増税の延期に傾く懸念もある。 【図・写真】参院本会議で2015年度補正予算が可決、成立し、一礼する安倍首相(20日) (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 株式投資 leave a comment モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 2/2~支配・追い込み 2016-01-25 | コメントはまだありません | 読書 「一つの家族や集団の中で、一人を集中的に可愛がり、他の一人を徹底的に迫害すると、彼らの中で自然と誰につけばいいかとか、どうすれば自分は助かるかといった感情が働き始め、放っておいても協力者や密告者が出てきて、組織の運営がスムーズになる。ただ、取り込む人間から信頼、心酔されるだけでは駄目で、時々彼らにも恐怖心を与え、隷属することでしか生き延びられないという呪縛を持たせなければならない。連日、家族会議を開かせ、何事も会議で決めさせる形を取ることが有効だ。特に家族間で優劣をつけ序列を作り、最下位のものを集中して虐待する。序列は何か理由をつけては頻繁に入れ替えると、家族全員が常に緊張感に支配される。誰か他の者を最下位に落とさなければ、自分の身が危うくなるので、自分は権力者に絶対服従の姿勢を貫き、下位の者は少しでも序列を上げるために権力者の歓心を買おうとし媚びへつらい、家族を裏切ることも平気になる。そうなると家族は敵対関係に陥り、もはや結束して権力者に対抗する気力も知恵もなくなる。本質的に親は子供を可愛いと思い、守らなければならないという決意を心に秘めているものだ。だから親の面前で子供を虐待・暴行すれば、親は子を庇うために自ら権力者に対して反抗的な態度を取って、標的になろうとする。それを逆手にとって、子供に親を殴らせれば、その家族関係は瞬く間に崩壊するはずだ。」 茉莉子と瑠衣の母親・初代はどうしていたのか。初代は03年8月に夫だった谷本明の機転で高松市の谷本家から逃げ出した後、同市内の友人宅や大阪市の女性保護施設などを経て、和歌山県内のホテルで住み込みの仲居として働いていた。もちろん偽名を使ってである。だが、07年12月に自家用車を購入するため住民票を移動したことなどから、所在が美代子側にバレて、駆けつけた瑠衣や正則らによって尼崎に連れ戻されてしまった。転入届を提出すると、以前の住民票は新住所を記載したうえで除票として保存される。他人はさておき、瑠衣ら家族の立場なら住民票を取得できるため、新住所が発覚したのだ。 美代子は逃亡者の追跡には異常なほどの執念を見せる。先に述べた通り、04年に茉莉子が逃走した際は、運転免許証の更新手続きを見越して、兵庫県内の運転免許センターなどを監視していたという。それで茉莉子の友人たちの車でわざわざ遠くにある明石市の免許更新センターを訪れたにもかかわらず、簡単に連れ戻されてしまった。他に橋本兄弟や皆吉兄弟、仲島ら大勢の人々の行方を独自ルートを駆使して捜し出し、隠れ場所を突き止め、ほとんど連れ戻している。このように、運転免許証の更新手続きや、住民票の移動のチェックなど、理屈の上では誰もが可能なことでも、そう簡単に思いつくものではないし、実際にはなかなかやれるものでもない。つまり、美代子の周辺にはそうした業務を日ごろからこなす警察関係者か、弁護士など司法関係者、戸籍などを扱う行政関係者、はたまた日常的にそうした追跡業務を行っている暴力団関係者など専門家たちがいて、何らかの形で協力しているのではないかとの疑惑さえ湧き上がってくる。 > そうだねぇ。法律詳しいアドバイザーは、いたように思うなぁ・・・ (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 1/2~刑事から民事へ 2016-01-22 | コメントはまだありません | 読書 はじめに の最後 尼崎連続殺人を「もう終わった事件」などと言わず、多くの方々にぜひとも読んでいただきたい。そして、各人が「自分の家庭でも起こり得る危機」として捉え、何らかの教訓として役立てていただければ無上の喜びである。 > うんうん、僕も思うんですよ。男の人で、派手な結婚式に金使いたい人いないでしょ? 低所得者は別として、高所得者なら住宅買いたいとも思っている人少ないはずなんだけど、奥さんに言い寄られて、やむなく・・・。こういう話って、これにつながると。家庭の中で起こることって、刑事から民事へのトランスファーなんだけど、無法地帯化も普通に起きてるよねぇ。俺いつも思うんだわ。バカな奥さんが作った家庭のルールは、やはり矛盾だらけで法として成立してないってね。 美代子が兵庫県警本部の留置場でふと漏らした男の正体は、山口組系暴力団の下部組織の組員であり、後に組幹部にのし上がっていったキレ者の男だった。その名前を、仮に「m」と呼ぶことにする。彼の人柄や立場、美代子との出会いから交流ぶり、事件との関わりや悪党仲間との繋がり、背後関係などについてはおいおい明かしていくとして、ここでまず言っておきたいのは、美代子が行った冷酷非道な犯行手口はほぼすべて、このmからの指示に従い、その考え方や言動、情報に影響を受けたものである-ということだ。 「アメとムチを巧みに使い分け、家族の絆を断絶すれば、家族同士は相互に憎しみあい、自然と瓦解していくものや」 「相手を肉体的、精神的にとことん追い込むだけでは、他人を支配することはできない。時には一歩引いて、『不幸な境遇で生きてきた不憫なヤツ』と一緒に泣いてやれば、人間関係の濃密なエキスが心をマヒさせてくれる・・・」 まるでカルト教団の教祖のように美代子の耳元で囁いたmの言葉が、一人の不良少女を冷酷無比な悪女に変身させ、やがて、恐るべき破壊力と突進力を持った「モンスター」を創り出していったのである。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in 読書 leave a comment 母へのお土産はいつも現金 2016-01-21 | コメントはまだありません | ドケチ列伝 また冬になったので、日本に遊びに行こうと思っているのだが、日本は便利な国でなんでも手に入るので、不毛の地「シンガポール」からお土産を持って行くのは難しいが、現在をもって解決していない問題がこれだ。 ※ラッフルズのアーケードの入り口の両替店だが、この店は値段が良くないことが多い。2階までエスカレーターで上がり、いくつかの店で比較すると良いだろう。 お土産はいつも現金、お金に困っていない母にとって、日本円は意味がないので、母が旅行に行く先の現地通貨をシンガポール・ラッフルズプレイスのアーケードで調達して、渡しているのだ。親子で遺伝している「ケチ」って病気で、為替のスプレッドを無駄に払うと気分が悪くなってしまうのだ。旅行するカネはあっても、スプレッドに払うカネはねぇ。というわけで、正確には現金をプレゼントしているというよりはスプレッドをプレゼントしている。ユーロ・スイスフランなど、いかにもスイーツ系が好きそうなヨーロッパ先進諸国通貨が多いが、今回はアジア通貨の香港ドルだ。 日本居住の皆さん、旅行の時の少額の現地通貨の調達はどうしてるの? 「スプレッド払えない病」の患者さんの意見が聞きたいわ。俺は中でも症状重めだと思うけど。 母の旅行は、欧州系とアジア系に大別され、欧州系は年2~3回、アジアは年に1回、香港・シンガポール・バンコクを3年周期でグルグル繰り返し行くだけなのだが、はっきり言って、話にならないほど、浅い。バンコクなんか10回以上行ってるはずだが、ソムタムも知らないくらいのレベル。「ソムタム?パパイヤサラダのこと? あー、辛いのダメなんだよ。」 せっかくのバンコクで何食ってんだよwと呆れるばかりだ。 私のブログの記事に影響されて、「ジャカルタに随分行ってるみたいだけど、面白いの?」 「何度も言ってるけど、便利さや楽しさを求めるなら、ジャカルタはバンコクには絶対に勝てないの。大切なものは失ってから初めて、その貴重さが分かる。通貨の信任、道路インフラ、こういう基本が欠落した社会、そして高度経済成長と悪性のインフレがリアルタイムで体験できるわけ。観光とかそういう楽しみ方じゃないから。」 (母親世代だと高度経済成長、日本でリアルタイム体験しちゃってるから意味ないしw) 「毎年、九州も行ってるよな? 楽しいの?」 「博多は観光はない。飯と飲みだけだ。」 「九州ってーと、トンコツラーメンとモツくらいしか思いつかんのだが、モツ・・・あんま好きじゃないんだよな。」 「俺、アジア住民なの。九州も日本の一部、日本食として捉えてるの。酒も飲まないでしょ? 焼酎の種類は豊富で、シンガポールの1/10くらいで飲めるという優越感もあったりするの。水炊き、リュウキュウって言ってもわからないでしょ? 俺には九州のキャバ嬢が付いてるの。ちゃんと福岡出身で、バイトじゃなくて、プロとしてずっとキャバやってる人だから、若くてもあの辺の飯とか、お酒とかに詳しいの。」 「酒飲まないしなぁ・・・。温泉とかあんの?」 ダメだ・・・アジア一国一愛人構想の威力、わかってねぇわ・・・。 (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in ドケチ列伝 leave a comment おいしいスパゲティはサイゼリアで@シンガポール (コーヒーも良い) 2016-01-20 | コメントはまだありません | ドケチ列伝 撤退観測があるわけではないのだが、週一で通いつめてるヘビーユーザーゆえに、撤退は個人的に望まないw 利用者として。 http://www.saizeriya.com.sg/restaurant-outlets/ 全部で15店舗もあるみたいだから、そんな簡単に撤退しないよね?(希望的観測) サイゼリヤ―13%安と急落、アジア事業鈍化を懸念(銘柄診断) 2016/01/15 日本経済新聞  14日の株式市場でサイゼリヤの株価が前日比13%(385円)安の2506円と急落した。全面安となった東証1部市場の中でも下落率は2番目の大きさだった。前日に発表した2015年9~11月期決算は大幅増益だったものの、成長のけん引役として期待されるアジア事業の伸びが小幅だった。中国の事業環境が悪化傾向にあり、海外での成長性に懸念が強まった。  9~11月期は連結営業利益が前年同期比34%増の17億円だった。国内事業の利益が6割増えた一方で、中国などアジア事業の増益率は3%にとどまった。同事業の売上高は連結全体の約25%を占め、収益の柱に育ちつつある。「市場の期待が高まっていた分、失望売りが膨らんだ」(松井証券の窪田朋一郎氏)  アジアの業績が鈍化した理由の一つはコスト負担の増加だ。社会保険制度への対応などで現地従業員の労務費が上昇した一方、出店数が計画を下回り固定費負担が重くなった。一部地域では「競合のファストフード店や現地の模倣店に客が流れた」(サイゼリヤ)のも影響したようだ。  予想per(株価収益率)は約28倍と海外での成長期待から高い水準にある。中国経済などの先行きの不透明感は残るが、「海外で収益基盤を確立した数少ない外食企業として高い評価は揺らがない」(国内証券)との声もあった。 う~、嫌な記事だ。俺が利用する=俺が金を払う=割安=経営に厳しい、この傾向は事実で、私のお気に入りは厳しい生存競争の中で消えゆく傾向にある死神的存在ではある。ただ、私が利用している場合でも、米国マクドナルドほどの鉄板の収益構造を確立した完璧な企業ならば、お互いに客・提供企業として、存続可能なのだが、この記事を見ている限り、サイゼリアがマクドナルド体制を確立するには程遠そうだ。 2011.02.21: マクドナルドの繁栄の秘密? 研修不要、損益計算書から読むよ (さらに…) 共有:クリックして twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) read more » posted in ドケチ列伝 leave a comment 1 of 42123…42次へ » information 最近の投稿 本が切れた、ついにキンドル始めました 香港ドルの残高がわずかになってしまった すべてが逆のオーストラリア、行ってきました 食と文化の謎 3/7~おぞましき豚 食と文化の謎 2/7~牛は神様 食と文化の謎 1/7~肉が欲しい 最近数年の新しい変化って何がある? ドローンの操縦 maker faireに行ってきました 最近のコメントどうか子供たちに関わらないで欲しい に maker faireに行ってきました – 投資一族のブログ よりアメリカ・フロリダに行ってきました 1/4~アナ雪と微分方程式 に 光線空間法 プレゼンテーションの仕方 – 投資一族のブログ よりホームレスになりました に gv よりトヨタaa種類株式のバリュエーションのまとめ に エキゾ よりトヨタaa種類株式のバリュエーションのまとめ に シグラップ よりカテゴリー デリバティブ ドケチ列伝 人生設計 債券投資(為替・金利・クレジット) 小さな贅沢・観光 未分類 株式投資 生活・その他一般 読書 音楽、趣味など メタ情報 ログイン 投稿の rss コメントの rss wordpress.org calender 2016年12月 月 火 水 木 金 土 日 « 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 アーカイブ アーカイブ 月を選択 2016年9月 (2) 2016年8月 (4) 2016年7月 (3) 2016年6月 (3) 2016年3月 (10) 2016年2月 (20) 2016年1月 (19) 2015年12月 (21) 2015年11月 (18) 2015年10月 (21) 2015年9月 (19) 2015年8月 (18) 2015年7月 (22) 2015年6月 (22) 2015年5月 (18) 2015年4月 (21) 2015年3月 (22) 2015年2月 (19) 2015年1月 (19) 2014年12月 (21) 2014年11月 (19) 2014年10月 (22) 2014年9月 (20) 2014年8月 (21) 2014年7月 (22) 2014年6月 (21) 2014年5月 (20) 2014年4月 (21) 2014年3月 (20) 2014年2月 (19) 2014年1月 (19) 2013年12月 (20) 2013年11月 (21) 2013年10月 (22) 2013年9月 (19) 2013年8月 (22) 2013年7月 (22) 2013年6月 (20) 2013年5月 (21) 2013年4月 (21) 2013年3月 (20) 2013年2月 (19) 2013年1月 (19) 2012年12月 (19) 2012年11月 (22) 2012年10月 (22) 2012年9月 (19) 2012年8月 (23) 2012年7月 (21) 2012年6月 (21) 2012年5月 (21) 2012年4月 (20) 2012年3月 (21) 2012年2月 (21) 2012年1月 (19) 2011年12月 (21) 2011年11月 (20) 2011年10月 (20) 2011年9月 (20) 2011年8月 (23) 2011年7月 (20) 2011年6月 (22) 2011年5月 (19) 2011年4月 (20) 2011年3月 (22) 2011年2月 (19) 2011年1月 (19) 2010年12月 (21) 2010年11月 (20) 2010年10月 (20) 2010年9月 (20) 2010年8月 (22) 2010年7月 (21) 2010年6月 (22) 2010年5月 (18) 2010年4月 (21) 2010年3月 (22) 2010年2月 (19) 2010年1月 (19) 2009年12月 (20) 2009年11月 (21) 2009年10月 (22) 2009年9月 (21) 2009年8月 (22) 2009年7月 (23) 2009年6月 (22) 2009年5月 (21) 2009年4月 (22) 2009年3月 (24) 2009年2月 (21) 2009年1月 (21) 2008年12月 (24) 2008年11月 (20) 2008年10月 (24) 2008年9月 (22) 2008年8月 (22) 2008年7月 (23) 2008年6月 (22) 2008年5月 (25) 2008年4月 (17) 2008年3月 (17) 2008年2月 (17) 2008年1月 (19) 2007年12月 (20) 2007年11月 (5) qualia systems inc. 2016 | all rights reserved. theme by flythemes


Here you find all texts from your page as Google (googlebot) and others search engines seen it.

Words density analysis:

Numbers of all words: 2477

One word

Two words phrases

Three words phrases

に - 63.58% (1575)
日 - 9.69% (240)
  - 8.07% (200)
月 - 6.18% (153)
(新しいウィンドウで開きます) - 6.06% (150)
で共有 - 6.06% (150)
金 - 5.53% (137)
だ。 - 4.28% (106)
2016 - 3.11% (77)
~ - 2.99% (74)
(新しいウィンドウで開きます)facebook - 2.02% (50)
で共有するにはクリックしてください - 2.02% (50)
(新しいウィンドウで開きます)クリックして - 2.02% (50)
google+ - 2.02% (50)
posted - 2.02% (50)
read - 2.02% (50)
more - 2.02% (50)
共有:クリックして - 2.02% (50)
comment - 2.02% (50)
読書 - 2.02% (50)
twitter - 2.02% (50)
leave - 1.98% (49)
コメントはまだありません - 1.98% (49)
デリバティブ - 1.86% (46)
(さらに…) - 1.45% (36)
土 - 1.09% (27)
jst - 0.97% (24)
(21) - 0.97% (24)
(22) - 0.89% (22)
株価 - 0.89% (22)
(19) - 0.77% (19)
(20) - 0.77% (19)
2016年 - 0.69% (17)
9月 - 0.57% (14)
エキゾ - 0.57% (14)
生活・その他一般 - 0.57% (14)
水 - 0.52% (13)
株式投資 - 0.48% (12)
ドケチ列伝 - 0.48% (12)
一族エキゾ: - 0.48% (12)
電車 - 0.44% (11)
音楽、趣味など - 0.32% (8)
坂 - 0.32% (8)
2+2σ - 0.32% (8)
大塚: - 0.32% (8)
ポジション - 0.28% (7)
貞子 - 0.28% (7)
緒方 - 0.28% (7)
日本経済新聞 - 0.28% (7)
2/2 - 0.28% (7)
食と文化の謎 - 0.28% (7)
小さな贅沢・観光 - 0.24% (6)
緒方貞子の回想 - 0.24% (6)
for - 0.24% (6)
シムカード - 0.24% (6)
債券投資(為替・金利・クレジット) - 0.24% (6)
1+σ - 0.24% (6)
紛争と難民 - 0.24% (6)
紛争と難民 緒方貞子の回想 - 0.2% (5)
日本に行こう 横浜地元編 - 0.2% (5)
amazon.co.jp - 0.2% (5)
2  - 0.2% (5)
2000 - 0.2% (5)
all - 0.2% (5)
未分類 - 0.2% (5)
2-2σ - 0.16% (4)
07:01 - 0.16% (4)
(18) - 0.16% (4)
(23) - 0.16% (4)
maker - 0.16% (4)
1/2 - 0.16% (4)
日本仏教史 - 0.16% (4)
2日目の損益 - 0.12% (3)
高所 - 0.12% (3)
(17) - 0.12% (3)
(24) - 0.12% (3)
投資一族のブログ - 0.12% (3)
予見された経済危機 - 0.12% (3)
シャープ「液晶敗戦の教訓」 - 0.12% (3)
木 - 0.12% (3)
最近数年の新しい変化って何がある? - 0.12% (3)
faireに行ってきました - 0.12% (3)
(3) - 0.12% (3)
所得税と消費税、どちら選ぶ?(風) - 0.08% (2)
火 - 0.08% (2)
(4) - 0.08% (2)
rss - 0.08% (2)
よりトヨタaa種類株式のバリュエーションのまとめ - 0.08% (2)
2016年1月 - 0.08% (2)
– - 0.08% (2)
(5) - 0.08% (2)
モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 - 0.08% (2)
市場参加者の多い市場デリバティブが使えない規制の「壁」がある。店頭デリバティブは使える - 0.08% (2)
※1 - 0.08% (2)
「新3本の矢」 - 0.08% (2)
2009年2月 - 0.08% (2)
(2) - 0.08% (2)
アーカイブ - 0.08% (2)
海外マネーの関心をつなぎ留められるか――。 - 0.08% (2)
gpifデリバティブ解禁かお悩み中? - 0.08% (2)
06:54 - 0.08% (2)
食と文化の謎 3/7~おぞましき豚 - 0.08% (2)
すべてが逆のオーストラリア、行ってきました - 0.08% (2)
債券投資(為替・金利・クレジット), - 0.08% (2)
香港ドルの残高がわずかになってしまった - 0.08% (2)
はい。 - 0.08% (2)
06:58 - 0.08% (2)
06:55 - 0.08% (2)
素晴らしい。 - 0.08% (2)
食と文化の謎 1/7~肉が欲しい - 0.08% (2)
06:53 - 0.08% (2)
06:52 - 0.08% (2)
06:49 - 0.08% (2)
大久保: - 0.08% (2)
06:48 - 0.08% (2)
本が切れた、ついにキンドル始めました - 0.08% (2)
人生設計 - 0.08% (2)
食と文化の謎 2/7~牛は神様 - 0.08% (2)
売り上げランキング - 0.08% (2)
素人がハマっている必負法 1/3 ~日経レバ2の行く末 - 0.08% (2)
日本株市場をpr - 0.08% (2)
2014.04.25 - 0.08% (2)
クルド難民 - 0.08% (2)
アフガン難民 - 0.08% (2)
自社株買いで自己資本を減らし、1株あたり利益を増やすことでroe上昇 - 0.08% (2)
国税局資料調査課 - 0.08% (2)
投資・投機・ギャンブルの違いを述べよ - 0.08% (2)
勝つ投資負けない投資 - 0.08% (2)
tagged - 0.08% (2)
amazonで詳しく見る - 0.08% (2)
dec18 - 0.08% (2)
オプションの期待値は株より高いと思ってるの? - 0.08% (2)
ホームレスになりました - 0.08% (2)
1/4~アナ雪と微分方程式 - 0.08% (2)
アメリカ・フロリダに行ってきました - 0.08% (2)
光線空間法 プレゼンテーションの仕方 - 0.08% (2)
最近数年の新しい変化って何がある? ドローンの操縦 - 0.08% (2)
g-tools - 0.08% (2)
theme - 0.08% (2)
で共有 (新しいウィンドウで開きます) - 4.04% (100)
共有:クリックして twitter - 2.02% (50)
twitter で共有 - 2.02% (50)
posted in - 2.02% (50)
more » - 2.02% (50)
(新しいウィンドウで開きます) read - 2.02% (50)
google+ で共有 - 2.02% (50)
で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして - 2.02% (50)
で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook - 2.02% (50)
» posted - 2.02% (50)
read more - 2.02% (50)
(新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ - 2.02% (50)
(新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください - 2.02% (50)
コメントはまだありません | - 1.98% (49)
leave a - 1.98% (49)
a comment - 1.98% (49)
| コメントはまだありません - 1.98% (49)
(さらに…) 共有:クリックして - 1.45% (36)
pm jst - 0.97% (24)
in 読書 - 0.97% (24)
| 読書 - 0.97% (24)
読書 leave - 0.97% (24)
jst 一族エキゾ: - 0.48% (12)
jst 大塚: - 0.32% (8)
| 生活・その他一般 - 0.24% (6)
in 生活・その他一般 - 0.24% (6)
2016年 日本に行こう 横浜地元編 - 0.2% (5)
in ドケチ列伝 - 0.2% (5)
ドケチ列伝 leave - 0.2% (5)
comment 2016年 - 0.2% (5)
生活・その他一般 leave - 0.2% (5)
comment 紛争と難民 緒方貞子の回想 - 0.2% (5)
| ドケチ列伝 - 0.2% (5)
comment 日本仏教史 - 0.16% (4)
| デリバティブ - 0.16% (4)
07:01 pm - 0.16% (4)
in デリバティブ - 0.16% (4)
デリバティブ leave - 0.16% (4)
株式投資 leave - 0.12% (3)
comment 予見された経済危機 - 0.12% (3)
株価 ポジション - 0.12% (3)
ポジション 1 - 0.12% (3)
| 音楽、趣味など - 0.12% (3)
音楽、趣味など leave - 0.12% (3)
maker faireに行ってきました - 0.12% (3)
in 音楽、趣味など - 0.12% (3)
in 株式投資 - 0.12% (3)
小さな贅沢・観光 leave - 0.08% (2)
デリバティブ ドケチ列伝 - 0.08% (2)
よりトヨタaa種類株式のバリュエーションのまとめ に - 0.08% (2)
– 投資一族のブログ - 0.08% (2)
comment モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 - 0.08% (2)
comment gpifデリバティブ解禁かお悩み中? - 0.08% (2)
in 債券投資(為替・金利・クレジット) - 0.08% (2)
ドケチ列伝 人生設計 - 0.08% (2)
| 債券投資(為替・金利・クレジット) - 0.08% (2)
06:55 pm - 0.08% (2)
株式投資 生活・その他一般 - 0.08% (2)
読書 音楽、趣味など - 0.08% (2)
06:48 pm - 0.08% (2)
06:52 pm - 0.08% (2)
06:53 pm - 0.08% (2)
06:54 pm - 0.08% (2)
06:58 pm - 0.08% (2)
comment 勝つ投資負けない投資 - 0.08% (2)
一族エキゾ: はい。 - 0.08% (2)
債券投資(為替・金利・クレジット), 未分類 - 0.08% (2)
in 小さな贅沢・観光 - 0.08% (2)
債券投資(為替・金利・クレジット) 小さな贅沢・観光 - 0.08% (2)
売り上げランキング : - 0.08% (2)
by g-tools - 0.08% (2)
未分類 leave - 0.08% (2)
人生設計 債券投資(為替・金利・クレジット) - 0.08% (2)
(新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして - 2.02% (50)
(新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ で共有 - 2.02% (50)
共有:クリックして twitter で共有 - 2.02% (50)
more » posted - 2.02% (50)
で共有 (新しいウィンドウで開きます) read - 2.02% (50)
で共有するにはクリックしてください (新しいウィンドウで開きます)クリックして google+ - 2.02% (50)
twitter で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook - 2.02% (50)
read more » - 2.02% (50)
(新しいウィンドウで開きます) read more - 2.02% (50)
» posted in - 2.02% (50)
google+ で共有 (新しいウィンドウで開きます) - 2.02% (50)
で共有 (新しいウィンドウで開きます)facebook で共有するにはクリックしてください - 2.02% (50)
| コメントはまだありません | - 1.98% (49)
leave a comment - 1.98% (49)
(さらに…) 共有:クリックして twitter - 1.45% (36)
in 読書 leave - 0.97% (24)
読書 leave a - 0.97% (24)
コメントはまだありません | 読書 - 0.97% (24)
posted in 読書 - 0.97% (24)
pm jst 一族エキゾ: - 0.48% (12)
pm jst 大塚: - 0.32% (8)
posted in 生活・その他一般 - 0.24% (6)
生活・その他一般 leave a - 0.2% (5)
コメントはまだありません | 生活・その他一般 - 0.2% (5)
posted in ドケチ列伝 - 0.2% (5)
in 生活・その他一般 leave - 0.2% (5)
コメントはまだありません | ドケチ列伝 - 0.2% (5)
a comment 2016年 - 0.2% (5)
ドケチ列伝 leave a - 0.2% (5)
デリバティブ leave a - 0.16% (4)
a comment 日本仏教史 - 0.16% (4)
07:01 pm jst - 0.16% (4)
posted in デリバティブ - 0.16% (4)
コメントはまだありません | デリバティブ - 0.16% (4)
posted in 株式投資 - 0.12% (3)
ポジション 1 2 - 0.12% (3)
株価 ポジション 1 - 0.12% (3)
コメントはまだありません | 株式投資 - 0.12% (3)
in デリバティブ leave - 0.12% (3)
株式投資 leave a - 0.12% (3)
a comment シャープ「液晶敗戦の教訓」 - 0.12% (3)
posted in 音楽、趣味など - 0.12% (3)
in 音楽、趣味など leave - 0.12% (3)
音楽、趣味など leave a - 0.12% (3)
a comment 予見された経済危機 - 0.12% (3)
a comment モンスター 尼崎連続殺人事件の真実 - 0.08% (2)
デリバティブ ドケチ列伝 人生設計 - 0.08% (2)
g-tools 共有:クリックして twitter - 0.08% (2)
by g-tools 共有:クリックして - 0.08% (2)
コメントはまだありません | 債券投資(為替・金利・クレジット) - 0.08% (2)
a comment 勝つ投資負けない投資 - 0.08% (2)
生活・その他一般 読書 音楽、趣味など - 0.08% (2)
in 小さな贅沢・観光 leave - 0.08% (2)
コメントはまだありません | 小さな贅沢・観光 - 0.08% (2)
06:58 pm jst - 0.08% (2)
06:55 pm jst - 0.08% (2)
06:53 pm jst - 0.08% (2)
06:48 pm jst - 0.08% (2)
人生設計 債券投資(為替・金利・クレジット) 小さな贅沢・観光 - 0.08% (2)

Here you can find chart of all your popular one, two and three word phrases. Google and others search engines means your page is about words you use frequently.

Copyright © 2015-2016 hupso.pl. All rights reserved. FB | +G | Twitter

Hupso.pl jest serwisem internetowym, w którym jednym kliknieciem możesz szybko i łatwo sprawdź stronę www pod kątem SEO. Oferujemy darmowe pozycjonowanie stron internetowych oraz wycena domen i stron internetowych. Prowadzimy ranking polskich stron internetowych oraz ranking stron alexa.